SADES Gunblade Gaming Mouse

ヘッドセットで有名なメーカーSADESですが地域によって発売製品が異なるようで混乱します。今回はIE3.0クローンっぽい形状のGunbladeを購入してみました。

  • Ergonomic, Right-Handed
  • Grip Style: Palm, Claw, Fingertip
  • Buttons: 8
  • Size: Length: 129 mm,Width: 67.5 mm,Height: 40 mm
  • Cable Length: Approx. 1.8 m
  • Weight(Mouse only): 160g/0.35lbs
  • Input Plug: USB Plug
  • Sensor Name: Avago A3050
  • Sensor Type: Optical
  • CPI: 250-4,000
  • Refresh Rate: 4,500 f/s
  • Maximum Acceleration: 20g
  • Maximum Speed: 60 in/s
  • Report Rate: 125/250/500/1000

Avago A3050搭載なのでバリュー向けマウスって感じですがモノの仕上がりや剛性、工作精度は立派です。ちょっと重いような気もするけど錘内蔵なら外して軽量化もできそうです。


最近流行りなのかコンパクトサイズのパッケージ。カラーバリエーションは2種類でホワイト版とブラック版があります。ホワイト版はクリアタイプでブラック版は吹き付け塗装かな?


パッケージ裏面。日本語の解説文はありませんがマニュアルには日本語表記があります。


添付品。やたらと分厚いマニュアル、ソフトウェアCD、保証書です。予備ソールが無いのが残念かなぁ。


丁寧なマニュアルですがソフトウェア自体は大陸系汎用ソフトウェアをSADES仕様にカスタマイズした感じ。


ちょっと怪しい日本語。


やや大型のUSBプラグ。金メッキ処理で保護カバー付きでした。ケーブルはメッシュタイプですが驚異的な柔らかさ。畳んだ状態でしたが少しほぐすと巻きぐせがなくなり取り回しが楽ちん。


IE3.0クローンかどうかは解りませんがなんとなく雰囲気は似てるような?


IE3.0クローンと言うには角張すぎかな?


とにかく品質と言うか見た目が綺麗。トップ面はクリアコートでサイド面はサラサラタイプのラバー素材?


頑丈なケーブル接続部。四角いパーツ部は硬質な素材でケーブルをしっかり固定してくれてます。


サイドボタンに「スナイパーボタン」風なものが追加されてます。押下時の感触からタクトスイッチを使用してるような感じです。今回分解作業は行ってないのですがこの辺は確認してみたいです。


左サイドから右サイドにかけてゆるい傾斜があります。


画質が悪いので解りにくいのですがサイド面の素材が美しい仕上がり。ラバーなのかシリコンなのか解りませんがサラサラしても適度な滑り止め効果のある素材です。画像では見えませんが素材はヘキサな模様で凸凹処理になってます。


ちょっと重いけどバランスが取れた重量配分?になってます。錘が入ってると思うのですが上手く配置されてるようです。


サイド面のアップ。ヘキサな模様が見えますね。「スナイパーボタン」ですが操作しやすい位置取りで形状もGood!


ホイールは強烈なノッチ感があります、操作時にも「カリカリ」音が高め。2つあるボタンはDPIの増減用です。その横にあるLEDがDPI値を表してるようでソフトウェアでカスタマイズできるのですがいまいち設定方法が解りにくい…


メインボタンはオムロン製かな?


底面です。ソールのサイズが上下で極端に異なります。


これも画質が悪いので解りにくいのですが…テフロン素材に特殊な表面加工?を施してあるのか驚異的な滑りを見せるソールです。予備がないのが惜しい!


ソフトウェアは既視感が有りますが多少SADES独自の機能が盛り込まれてるのかな?カラー設定が解りにくいです。


模様替えできる。


ボタン割付用の設定が予め用意されてます。マクロも簡易なエディターが付いてるようです。


まぁファイル容量も少ないソフトウェアなので細かいことはいじれないかな?

 

広告