Cougar -「COUGAR ARENA Black Mouse Pad」「COUGAR VANTAR Gaming Keyboard」

「COUGAR ARENA Black Mouse Pad」

「COUGAR VANTAR Gaming Keyboard」


続々とゲーミングデバイスを発表しているドイツ発メーカー『Cougar』様よりマウスパッドとシザースイッチ搭載キーボードのサンプルをご提供いただきましたので、拙い文章ですがレビューさせて頂きます。

-製品情報

「COUGAR ARENA Black Mouse Pad」

http://www.milestone-net.co.jp/product/cougar/gaming_device/arenablack.html

「COUGAR VANTAR Gaming Keyboard」

http://www.milestone-net.co.jp/product/cougar/gaming_device/vantar.html

-国内代理店

株式会社マイルストーン

(http://www.milestone-net.co.jp/)


まずはCougarでは初登場と言えるXLサイズのマウスパット「COUGAR ARENA Black Mouse Pad」です。ゲーミングデバイスとしては最近多くのメーカーから発売されてるマウスマット?と言った感じでキーボードを乗せる前提の製品のようですね。この手のマウスパッドのサイズは900mm x 400mmが主流だと思いますが「COUGAR ARENA Black Mouse Pad」では800mm x 300mmで厚みが5mmとなってます。海外サイトなどでゲーマーたちのデスクトップ環境を見ると、とても大きな部屋と巨大な机でXLサイズのマウスパッドを余裕で配置しているのを羨ましく思っているのですが…私の狭い机上環境では購入しても机からマウスパッドがはみ出してしまうなんてこともしばしばあります。そんな環境ですがこの「COUGAR ARENA Black Mouse Pad」は私にとって適度なサイズの製品かと思われます。


お馴染みのCougarのオレンジとブラックカラーのパッケージです。「ARENA Black」とありますが特定地域向けでカラーバリエーションがあったと思います。


多言語の解説文が記載されてます、日本語の記載もありますね。


生地表面を直接触れる窓付きです。鼻を近づけて匂いを嗅いでみましたがそれほどきついゴム臭はしませんでした。


ステッチ付きで厚みが5mmとのことなので巻きぐせや浮きが気になるところですが…


取り出してみました、ずっしりと重みを感じます。


パッケージから取り出した直後の撮影画像です。見て解ると思いますが浮きや巻きぐせは最小限に抑えられてます。画面左端の方が内巻きなので微かに浮きはありますが実用で問題にならない程度で撮影後数日で平坦になりました。なのでステッチ付きでこの厚みのマウスパッドとしては工作精度が高めと言えそうです。


折角なのでCougar製マウスMinos X1と組合わせてみます。(Minos X1は国内未発売品です。上位機種のMinos X3は国内販売されてます)


後で個別レビューしますが、サンプル提供頂いた「COUGAR VANTAR Gaming Keyboard」も乗せてみます。フルサイズキーボードと組み合わせてもマウスの操作領域がしっかり確保されてますね。よほどのローセンシでない限りマウス操作は問題ないと思います。


ここまで来たら同社製のマウスバンジー「BUNKER」を使いたいところですが…別の場所で使用中でして一緒の撮影ができませんでした…個人的な感想ですが「BUNKER」は吸着面を真空にすることで脅威の吸着力を誇るマウスバンジーとしては最高の性能を持った製品だと思います。

参考リンク「COUGAR BUNKER」


中々カッコイ組み合わせ。マウスの操作域がうまい具合に無地部分になってるのは意図的なのかな?


以前レビューしたKingston製「HyperX FURY Pro ゲーミング マウスパッド」とのサイズ比較。正直なところ「HyperX FURY Pro ゲーミング マウスパッド」は420mm x 900mmと言うサイズで私の環境では大きすぎて机からはみ出してしまいます…


生地面の比較です。どちらも生地面にコーティング処理が施されてるようですが操作感はかなり異なります。これも個人での感じ方は千差万別だと思うのですが私個人の感想では…

COUGAR ARENA Black Mouse Padコントロール向け

HyperX FURY Pro ゲーミング マウスパッドスピード向け

です。


COUGAR ARENA Black Mouse Pad」が滑らないマウスパッドと言うわけではないのですが、マウスソールに対して独特な粘り?のような感覚が有ります。使用するマウスとマウスソールの材質や形状でこれまた千差万別だと思うのですが、Minos X1を使用した操作感は上記の通りです。


左側にはCougarのメーカーキャラ?のデザイン。


右側は無地の部分があります。800~1000DPIが好みな私にはちょうどいい感じの操作域です。


ちょっとソールの感触が気になったのでsteelseriesRivalと滑走感の比較をしてみました。ソールの形状と面積が異なりますがMinos X1に比べてRivalの方がスピード感のある操作性?Minos X1はやはり粘りのある操作感?良く言えば精密なAIM向けと言った感じ…


メーカーロゴです。これらは印刷タイプですね。オレンジのロゴが鮮やかです。


生地面ですが照明の反射で白っぽく見えるなど見る角度で変化します。パッケージにそれらしい記載文はありませんが熱処理+コーティングかなぁ?


アップにしてみました。きめ細かい生地ですね。ソールの素材や形状で差異はありかもしれないけどRivalでもMinos X1でも滑走音は殆ど聞こえません。


これは内巻き側ですが微かに浮きがあります。巻き方を逆にして数日パッケージに入れておけば平坦になると思います。まぁこのままでも問題ないと思いますが。


外巻き側は見事に平坦です。マウスパッドは多数所持してますが、厚みがあって丸めて販売されてるものは巻きぐせや浮きが酷くて使いものにならないものも多数見てきましたのですが…そのことを考えると「COUGAR ARENA Black Mouse Pad」は優秀なマウスパッドと断言できます。


ステッチ加工も見事ですね。ステッチ加工が有ってもマウスソール部が当たると「ガツッ!」とマウスが止まってしまうステッチは嫌いなのですが「COUGAR ARENA Black Mouse Pad」では微かに抵抗感を感じる程度でマウスはそのままステッチ部を通り越します。


RivalMinos X1のソール比較。もっと多くのマウスと比較して見たかったのですが、時間も限られてるので…CorsairMionixのソフトウェアにあるマウスパッドの性能測定ツール?などで検証もしたかったです。


流石にマウスのみで使用するのは無理がありますね。キーボードを置く場所がなくなっちゃう。


底面側のステッチは両端を熱で固めてあるのかな?


天然ラバー素材と段差のない仕上がりになっているので、天然ラバー部が机上に密着してます。両手でかなり力を入れて左右上下に押してみましたがまったく動きません。滑り止め効果もかなりの性能ですね。


現在のメインキーボードとの組み合わせ。


EpicGear製のハイブリットなマウスパッドとの組み合わせ。まぁこんな使いかたもいいかもしれません。


続いてはCougar製品としては2作目になるパンタグラフ式(Scissor Type)のキーボード「COUGAR VANTAR Gaming Keyboard」の紹介です。


パッケージ画像で解ると思いますがパンタグラフ式でキーキャップの形状がアイソレーションタイプです。前作と言える200Kはノートパソコンタイプのキーキャップでしたね。「COUGAR VANTAR Gaming Keyboard」は200Kの後継機種では無いと思うのですが、最大の特徴としてこの手のパンタグラフ式のキーボードでRGB機能のLEDを搭載してるのは「COUGAR VANTAR Gaming Keyboard」が初めてのような気がします。


パッケージ裏面です。RGB機能と言っても8色までなので厳密にはRGBでは無いかな?マルチメディア機能のショートカットやアンチゴースト機能、「WASDキー」と「矢印キー」の入れ替え機能などもあります。バックライトのエフェクト機能は8パターンです。動画じゃないとそれらの発光ギミックは解りづらいので、ここでは紹介しません。動画サイトなどで見ることはできるので気になる人は探して見て下さい。


Cougar製キーボードは各国語に対応した配列の製品を多く発売してますね。今回のサンプル品は日本語配列でかな表記が有ります。ただ私個人はかな表記の無いタイプが好みです、特にLED透過タイプのキーキャップが多文字表記になると視認性が悪くなるからです。


バリュー価格の製品だと思うのですが、添付品はマニュアルのみでCougarのデバイス管理ソフトと言えるCOUGAR UIX™ Systemには対応していないようです。


英語メインのマニュアルですね。「アンチゴースト機能」や「ショートカット機能のキー組み合わせ」、「バックライトのエフェクト機能」、「WASDキーと矢印キーの入れ替え」などの解説文が記載されてます。


バックライトのエフェクト機能では6つのエリアに好みのカラーを設定することもできるようです。これらの機能は見てる分には楽しいのですが実際の打鍵時には目移りしてしまい正直なところ邪魔ですww。個人的には押下時に押したキーのみ発光するとか、押したキーのみ滅火するなんて機能が好みです。

Cougar 200Kのパッケージと並べてみました。サイズは200Kの方が少し大きいかな?筺体のデザインは200Kの方が私好みです。


上がVANTARで下が200Kです。どちらもフレーム部が発光する仕様になってますね。


キーの形状が異なるのが解ります。200KはノートPCタイプでVANTARはアイソレーションタイプになってます。天板部はどちらも金属製のようでヘアライン風の処理が施されていて高級感が有ります。

部屋の照明を落とすと輝度の違いがはっきり出ます。どちらも輝度最高にしてありますがVANTARの方が明るく視認性が良さ気です。


こちらは国産メーカーBit Trade Oneのパンタグラフ式キーボードBFKB113PBKです。LED機能は無くてキーキャップにかな表記がないタイプになってます。


上がVANTARで下がBFKB113PBKです。サイズはフレーム枠分BFKB113PBKの方が大きいかな?打鍵感はかなり異なります、VANTARは軽めの押下圧で打鍵時の音もかなり静かです。対してBFKB113PBKは押下圧が強めで打鍵時の音も少し大きめ。(VANTARですが「Enterキー」と「スペースキー」に関しては少し高めの音がします)


キーキャップの印字はVANTARが2色成形っぽい作りに対してBFKB113PBKはノートPCによく見られるシールタイプの印字になってます。耐久性はVANTARの方が良いかもしれません。


ケーブルはVANTARがメッシュタイプでBFKB113PBKはビニールタイプです。個人的にはメッシュタイプの方が取り回しが良いと思います。ケーブル接続部はどちらも補強パーツ的な装備が無いのが残念。


横からの比較。


キーの配列です。どちらも日本語配列ですがVANTARの方がキーキャップ表面の面積が大きいようです。


それではVANTARの紹介です。初見で金属製天板部の美しさに惹かれました。重量は片手で簡単に持てるぐらい軽いです、あまり軽すぎると打鍵時動いちゃうなんてこともありそうですが厚みのあるラバー製滑り止めが5箇所あるので問題なし。


ケーブルは前述しましたがメッシュタイプです。開封直後は束ねてあったので多少巻きぐせがありあますが、軽くほぐすだけで真っ直ぐになります。このタイプとしては柔らかい部類に入ると思います。


Cougar製キーボードに共通したロゴ入りのプラグ形状。プラグ部に金メッキ処理は施されてません。


天板は金属製のようでヘアライン処理が美しさを醸し出してます。剛性感もありますね。通電時にはCougarのロゴが発光する仕様もいい感じです。


フレームは発光仕様のプラ素材のようです。工作精度も高めで隙間やバリなどは見当たりません。


キーキャップも全キー平行に並んでます。アイソレーションタイプなので人によっては好き嫌いがあるかと思いますが、隙間が小さいのでゴミや埃に対する保護機能は高めですね。


側面です。発光フレームの下側はプラ素材になってます。


通電させてみました。デフォルト設定ではカラーが数秒単位で変化します、もちろん単色にしたりLEDオフも可能です。


Cougarのロゴ部分もカラーが変化するのが気に入りました。こうしてみるとやはりかな表記は邪魔ですね…アルファベットのみの方がスッキリして視認性も良いはずです。


アイソレーションタイプの特徴であるキー間の隙間が広いのがよく解ります。スペースキーにロゴマークがあるのも良いね。


LEDはキー個別に配置されてるのではなくエリア単位に配置されてるのでしょうか?幾つかのキーで光量にばらつきがあります。


フレーム部は漏れなく発光してます。


この辺はマルチメディア関連のショートカットが割り当てられています。ちょっとサイズが小さめなので押しにくいですね。


HOMEキー」と「Fnキー」の組み合わせでバックライトのオン・オフ。「PgUpキー」「PgDnキー」は輝度調節で3段階の設定が可能です。


インジケーターですが機能表記部も発光してるのがプラスポイントですね。


有効時に白色のLEDで発光します、適度な明るさで眩しさは感じません。


これは「矢印キー」ですが「WASDキー」と入れ替えることができます。大陸系メーカーのキーボードによくある機能ですが、左利きでマウスをキーボードの左側で操作する人には位置的にいい感じがするような気もします。


ロゴが発光するのがお気に入りです。

w


静止画の画像なので面白さが伝わりにくいのですが8パターンあるバックライトエフェクトを紹介します。これは「Rainbow1」というパターンで「Fnキー」+「矢印キー」の「右」「左」でLEDの移動方向を変更できます。例として「Fnキー」+「キー」で右から左にLEDが流れるような発光になります。


Rainbow2」です。これは「Rainbow1」と似た動きですが発光速度がスローモーション風な動きになります。


Breathing」呼吸タイプの発光です。発光速度が変更できます。


Constant」これは全キーを単色カラーで表示します。8色の中から任意のカラーを選ぶ機能ですね。発光エフェクトが早すぎて撮影できませんでしたが「Wave」もあります。これは単色のカラーが高速で左右に移動するパターンです。これ以外には「Rhythm」と言うパターン、「Ripple」と言うキー押下時に発光するパターンなどがあります。


最後に「Customize」名前で解ると思いますが、縦方向に6つのエリア毎に任意のカラーを割り付けることができます。


のっぺりタイプのキー配列?なのでチルトスタンドを立てた方が打鍵しやすいかな?


背面のケーブル接続部です。前述しましたがちょっと頼りない構造になってます。


底面です。左側中央部に穴が空いてますが排水口ではなくネジ穴です。ラバー製滑り止めは6箇所でチルトスタンドにも装備されています。


製品シールです。シリアルナンバーが若番?


何気にエンボス風のCougarロゴがあるのが良いですね。


ラバー製の滑り止め。マウスパッド上でもしっかり固定してくれます。「COUGAR ARENA Black Mouse Pad」との組み合わせがベストでしょう。


チルトスタンドの造形は標準的ですが滑り止めのラバーパーツが装着されてるのがプラスポイントです。


操作時に「パチン!」と小気味良い音がします。


メーカー保証外になると思われますがキーキャップを外してみました。どんな構造になってるのか気になりますからね…


メカニカル軸に比べて複雑な構造に見えますね。


断言はできませんが黒地のプラ素材とクリアなプラ素材のダブルショット風な作りになってます。これなら耐久性が高そう。


ここまで閲覧していただいて有難うございます、「COUGAR ARENA Black Mouse Pad」と「COUGAR VANTAR Gaming Keyboard」の紹介でした。