Hotline Games Mouse Cord Clip

マウスソールで有名なHotline Gamesのマウスバンジーです、製品名はマウスコード・クリップとなってますね。まぁそれよりも気になるのは形状です、某メーカーの製品にそっくりです。言葉より画像見たほうが早いですね…


有名なメーカーなのでパッケージも立派です。


マニュアルはパッケージ側面に記載されてます。


ちゃんとプチプチで保護されてます。


オリジナル製品とのことですが、どう見てもZowieCAMADEですね。でもガワがそっくりだけど構造は少し異なるかな…


Hotline Gamesのロゴ。これは蜘蛛かなんかをイメージしてるのでしょうか?


横から見ると違いがすぐ解りますね。

  1. 中央に三角の穴が空いてない。(これだけでもコストダウンになりそう)
  2. 背面部のケーブル固定構造が異なる(ケーブルの保持製はこちらの方が上)
  3. 表面の仕上げ(こちらは粗目の梨地)


背面です。CAMADEは底の部分1箇所で固定するタイプですが外れやすく不安定な感じですが、こちらは深い溝付きで両端からゴムで押さえ込む構造なのでケーブルが外れにくくなってます。


アームのスプリング?は両社とも同じような素材で違いは感じられません。CAMADEは背面にスライドタイプのボタンで伸縮させる構造ですがこちらは指で引っ張ったり押し戻し対するタイプ。


底面です。4箇所に滑り止めのゴム。


実際の使用例。


こんな感じで綺麗にケーブルが収まります。


比較です。左がHotline Games製で右がZowie製。


横から。


背面の比較。


先端部。左がHotline Games製で右がZowie製。


底面の滑り止めはZowieの方が上質そうな素材を使用してます。製造国もCAMADEは台湾製造ですがHotline Gamesの方は大陸製造です。


重量の比較です。Hotline Gamesは222.8g(正確な値かは保証で来ません)


CAMADEは237.6gとなってHotline Games製に比べて少し重いですね。でも誤差の範囲かも。


カラーバリエーションも豊富で、価格も600円程度ですww。

 

 

広告