Fühlen Ninth Series G87 Gaming Keyboard

大陸メーカーなのにウムラウト付きのUがあるFühlenNinth Seriesと呼ばれるTKLキーボードG87です。
金属製筺体とチェリー軸、薄型のキーキャップを使用してるのが特徴かな。

g87 01
なんかLogitechのGシリーズのロゴをパクったようなデザインのパッケージです。

g87 02
いつもの如く大陸からの荷物は潰れまくる…

g87 03
中文の解説文のみです。


チェリー軸ですね。今回は黒軸を購入しましたが他にも青軸や紅軸版が存在します。


マニュアルは中文のみ。「Fnキー」との組み合わせでLEDのエフェクトを変更できたり輝度調節などの説明があります。


逆さまにすると某社のGシリーズになりますww。


パッケージやロゴデザイン、マニュアルは某L社やR社風なデザインですが製品自体はオリジナルかな?


保護カバー付きのUSBプラグです。ケーブルはビニールタイプですが柔らかいので取り回しは良いです。


フェライト付きでプラグは金メッキ処理。


標準的なTKLタイプですね。インジケーターが右横にあるのは同社の特徴かな。


全金属製ではなく天板部がアルミ?のようです。スカスカな感じではなく厚みもあるので剛性感は十分。重量は750gくらいです。


天板部はブラスト風な処理でフレームエッジは鏡面仕上。


LEDは単色です、RGB仕様のものは無いようです。デザインは少し違うけどフルキーボードタイプも発売されてます。


キーキャップのフォントが独特で面白い。何故か「Sキー」と「矢印キー」に文字を囲むような輪があります。もしかしたら「WASD」と「矢印キー」入れ替え機能があるのかな?と思ったけどマニュアルにはそれらしい記載はありません。実際よくある組み合わせで「Fnキー」+「W」とか押して見ましたが特に変化なし…


余計なショートカット機能の表記はありませんね。


ABSダブルショットのキーキャップですがよく出来てます。バリなども有りません。打鍵感ですが黒軸の重さが心地よい、筐体側の剛性が高いので変な反響音も有りません。


金属製のFühlenロゴがいい感じ。右横にインジケータがあります。


インジケーターは淡いブルーで発光します。


採用機種はまだ少ない薄型のキーキャップ。


薄くてもちゃんとステップスカルプチャーになってる。


背面です。ケーブルは右側に固定式。


剛性の高そうなケーブル接続部。しっかり固定されてます。


お馴染みの発光パターンとかエフェクトです。これはFPS向け、「矢印キー」も発光してます。


ウェーブモードかな?縦列が左右に動いていきます。


ランダムに発光するタイプ。これはRGBだと綺麗で見ていて楽しけど単色は寂しいかな?


1番好きなのはこの押したキーだけ光るタイプ。


キーキャップの薄さが解りますね。


底面です。チルトスタンドがしっかりした作りになってるのに滑り止めのゴムが小さすぎです。


製品シール。


なぜこんなに小さいのか謎です。チルトスタンド立てることで接地面積が更に少なくなり滑り止め効果はかなり低めです。市販の滑り止め素材を貼り付けたほうが良いかも。


それでもチルトスタンドにはラバー付き。


剛性感は十分ですね。


チェリー黒軸です。


工作精度が高いキーキャップ。


ABSダブルショットです。


おまけで貰ったNinth Seriesのマウスパッドと言うよりマット。


ターコイズカラーにすると某メーカーと間違えそうですねww。

 

広告