Ducky Shine 5

このブログでは未紹介だったDucky Shine5です。発売直後に購入していたのですが紹介が遅れてしまいました…つい先日にShine6が届いたので思い出しました。

特徴としてはABS製ダブルショットのキーキャップ、チェリーRGB軸搭載といったとこでしょうか。

  • Model Name:DKSH1508ST
  • Type: Mechanical Keyboard
  • Switch: Cherry MX mechanical switches
  • Interface: USB 2.0
  • Simultaneous key input: USB N-Key  Rollover (NKRO)
  • LED: RGB Color LED
  • Keycap Material: ABS
  • Legend printing:Double shot or Laser engraving
  • Dimensions:460 x 154 x 34mm
  • Weight:1.3kg
  • Origin of Production:Taiwan


RGB仕様になったことでパッケージもカラフルな感じ。チェリー茶軸搭載版です。


国内ではJIS配列版が入手可能ですがやはり私はカナ表記のないUS配列版が好きです。とにかく「BackSpaceキー」が横長じゃないとだめなんですww。


RGB茶軸のシール。


パッケージの中はこんな感じ。ケーブルが脱着式タイプです。


キーキャップが傷つかないようにパラフィン紙みたいなので覆われてます、更にホコリよけのプラ製カバー付き。これはパッケージからキーボード本体を取り出したあとでもホコリよけに使えて便利ですね。


次回の記事はShine6の予定ですのでパッケージの比較。


添付品です。


未年の羊を模した交換用「スペースキー」と「メニューキー」が付属してます。引き抜き工具はDuckyのマスコットキャラ?の魔力鴨。


引き抜き工具ですがおまけ程度と考えた方が良さそうです、上の画像でわかると思いますが工具の厚みがあるのでキーキャップの隙間に入れにくいかなぁ?キーキャップ側面に傷が付きやすいかもしれません。


英語と中文のマニュアルです。


筺体底面にディップスイッチがあり、幾つかのキーマップを変更できるようです。


ケーブルはやや硬めのビニールタイプ。MiniUSBタイプで本体と接続します。ちょっと硬めなのが難点ですが強度はありそうなケーブルです。汎用品のケーブルと交換できますがプラグ部の厚みによっては装着できないこともあるので注意かなぁ。


ロゴ入りのマジックバンド。USBプラグは金メッキ処理されてます。


純正ケーブルはこんな感じで巻きぐせが強め…手持ちのスパイラルタイプのケーブルと交換するつもりでしたが前述したようにプラグ部の厚みのため装着できませんでした…


ケーブル装着前。


筺体フレームですがプラ素材のままで高級感は無いですね。剛性感は十分あります。


通電させました。基盤の上に白色の底板のようなパーツが敷かれているのでLEDが反射してキーキャップが浮かび上がるような構造になってます。まぁ最近のキーボードでは珍しくないかな?


デフォルトの「スペースキー」。


折角なので交換用「スペースキー」と入れ替えます。


デフォルトの「スペースキー」はダブルショット仕様ですが交換用は吹き付け塗装仕様です。


デフォルトの「スペースキー」は汎用仕上げ?軸受が多いですね。


軸以外に2箇所LEDが装備されてるのでロゴがしっかりと浮かび上がります。


LEDは単色とRGBで好みのカラーにできます。発光パターンも幾つか選択できるようになってます。キー単位で変更することもできますが時間がかかりますね。モード切り替えで2パターンの保存と切り替えができるようです。


カラーや発光タイプの設定ですが、キーキャップ手前側に機能表記がないのでマニュアルを見ながらの作業になります。


すべてのパターンを紹介するのは大変なので…省略します。これは横列単位でのカラータイプ。大陸系のキーボードによくある「混光」ですね。


これはランダムにカラーが変化するタイプ。発光時間や輝度調節は「Fnキー」と「矢印キー」の組み合わせで可能です。


インジケーターは装備されてません。「Capsキー」ではキートップに判別用の丸い穴があります。


こんな感じで有効時には点灯します。「NumLockキー」などはLEDの滅火・点灯で判別する仕様です。


キーキャップは梨地風な仕上がり。LEDがいい感じで反射してます。


マルチメディアキーが独立してますね。


フレームですが高級感は無いけど金属製によくあるヘアライン風な処理が施されてます。厚みのあるフレームで軋みや歪みなどもありません。


ABS製のキーキャップでステップスカルプチャーとなってます。キーキャップは高級感がありますね。


チルトスタンド機能はありません。なので少し高めの台座になってるようです。先端は滑り止めゴム仕様です。


背面です。ケーブルは脱着式だけど排出位置は中央固定です。


底面です。チルトスタンド代わりの台座?が突出してるのが特徴的です。製品シールの横にディップスイッチがあります。


ディップスイッチですがデフォルトのまま使用してます。


製品シールは薄い金属製かな?保護シールは剥がしてません。


ケーブル接続部ですが意図的に横向きにして外れにくいようにしてるのでしょうか?ケーブルの固定がちょっと甘いですね、直角に曲げるのはあまり良くないような気もします。


巨大な魔力鴨のロゴがエンボス風に加工されてます。


細身の滑り止めゴムですが能力的に問題はないです。そこそこ重量もあるので不意に動いちゃうことも無さそう。ゴムもよくある天然ゴムにコーティング処理が施されたような感じで経年劣化に強そうな雰囲気。


もしかしたら台座?この正方形みたいなゴムは交換もしくは取り外しできるのかな?じゃないと左側の細身の滑り止めの意味が無いよなぁ?


チェリークリアタイプの茶軸。キーキャップは上質なダブルショット。


やはりチェリー軸はいいなぁ。


こんな感じでキー単体でカスタマイズも可能です。


価格は高めですが大陸メーカーに比べるとやはり格上な製品ですね。軸以外にも要因はあると思うのですが打鍵時に指先に伝わる感覚が心地よい。

 

 

 

 

広告