Velocifire TKL01 Blade Mini Mechanical Gaming Keyboard

Velocifireは北京を本拠地にするメーカーのようです、アメリカ向け?のゲーミングデバイスを発売してるようですがまだラインアップは少なめかな…マウスも発売してるけどオリジナル製品ではないですね、でも比較的良い感じの製品を低価格で発売してます、とりあえずTKLのキーボードを購入してみました。

  • Switch Type: ZORRO Mechanical
  • Switch Lifespan: 60million times
  • Actuation Force: 55g±20g
  • Key Travel: 1.5~2.4mm
  • Backlight: Greenish
  • Size: L368.3☓W195.58☓H25.4mm
  • Weight: 1000±20g
  • Cable Length: 1.6m


そっけない感じのパッケージです。


パッケージに記載はないけど公式サイトではBlade Miniという名称になってます。Miniがあるので当然フルサイズの同型キーボードも発売されてます。今のところ国内では珍しいZORRO軸搭載って言うのが購入の動機ですね。


添付品は英語のマニュアルと引き抜き工具。


「Fnキー」との組み合わせ機能とかの説明文ですね、LED搭載ですが単色で発光ギミックは控えめです、輝度調整もLEDオフを含めて3段階しかありません。他には「矢印キー」と「WASDキー」の入れ替えがあるようです。


ケーブルはビニール製でUSBプラグは金メッキ処理。


保護キャップ付きです。


Ice Blueではなくターコイズ系のLEDです、渋めで個人的には好みのカラーです。


アルミ素材などは一切使用してませんが重厚感のある筺体になってます。仕上げも並以上で剛性も十分あります。


手前側が背の高いデザイン担ってるのが特徴ですかね?


横から見ると手前側が高く背面に行くにつれて背が低くなってるように見えますが実際は同じ高さ。この錯覚するようなデザインが秀逸かなぁ…


錯覚の正体はこんな感じになってます。


LED点灯!意図的なのか解りませんがLEDの漏れた光が綺麗に見えます。


フォントがカッコイイかな?キーキャップはダブルショットでバリなども無く上質な感じ。有名メーカー製キーボードのキーキャップは吹き付け塗装のチープなものが多いけどネームバリューで価格が高い物ばかりですが、新興メーカーのキーボードってパーツ的には良いものを使ってることが多いですね。国内発売されてる有名所のキーボード価格なんてぼったくりでしょうww


マルチメディアとか基本的なショートカット機能が付いてます。


「Scrキー」と「Fnキー」の組み合わせでLEDの発光パターンを変更できます。RGB仕様ではないので派手なギミックはないけどね。


「矢印キー」で輝度調節とLEDの発光速度の調節ができます。人型の印字がなんかカワイイ。


インジケーターは「CapsLock」と「Winキー」有効・無効の表示になってます。


Velocifireのロゴ。メーカー名は「Velocity」と「Fire」をかけ合わせた造語みたい。


LEDの発光ギミックは4パターンくらいかな?これは横列が上下に移動していくパターン。呼吸タイプとかもあります。


背面です。ケーブルは固定です、接続部は長めの保護パーツで安心感があるかな?


チルトスタンド付き。実はこのキーボード筺体は各社で使われてます、OEM元は解らなかったけどチルトスタンドが無いものや軸が異なるメーカーとかRGBありとか…Velocifireのオリジナルではないと思います。


ケーブルがメッシュタイプだったら良かったかなぁ。


底面も肉厚な外観ですね。


製品シール。上の丸い製造年シールの下にネジ穴が有りそうです。


チルトスタンドはやや硬め。耐久性はありそうな作りです。


閉じたところ。上側に滑り止めが付いてないのがちょっと気になるけど…


下側には3箇所滑り止めゴムが付いてます。そこそこ重量もあるのでまぁよほど力を入れない限り打鍵時に筺体が動いちゃうことは無さそう。


まだ採用されてるキーボードは少ないと思うけど…ZORRO茶軸です。大陸ではそこそこ採用されてるようです、あちらのレビューサイトでも評判は悪くなかったかな?打鍵感とかは個人差で感じ方も色々あると思いますが…ちょっと摩擦音?が気になるかなぁ…まぁ個体差かもしれません。茶軸にしてはまろやかな押下感ってとこかな…


ZORROのロゴ。ZORRO軸を販売してるセラーを見つけたのでいつか紫軸を購入しようかと思ってます、青軸風な押下感らしいです。


キーキャップはダブルショットで成形もよさげ。


二重構造っぽいタイプです。


下は同じ筺体を使用してるAKKO製TKLキーボードです。相違点は軸がTTC製でケーブルはメッシュタイプ、単色LEDです。あとチルトスタンドが装備されていません。


メッシュタイプのケーブルです。打鍵感はと言うと…さすがスイッチメーカー大手だけあってZORRO軸より押下時の感触が(・∀・)イイ!!。


チルトスタンドがありませんね。


刻印が見えにくいけどTTCと刻まれてます。


部屋の照明を落としみました。視認性はかなり良いですね、フルキーボード版も欲しくなりましたww。

 

 

 

広告