GANSS GK87 Pro RGB Mechanical Keyboard

以前紹介した大陸キーボードメーカー大手 GANSSですが、今回紹介するのはGANSS G.S87より上位版のGKシリーズです。RGB以外にも単色版などもありラインアップが豊富です。製品名としてはGK87 Pro RGBいなるのかな?軸は紅軸にしました。


GSシリーズの簡易なダンボール風パッケージに比べて高級感の有る化粧箱って感じ。


中文と英語の解説文。


発光タイプや軸の選択肢が凄い!今回は筺体側面がプラ製でRGBカラーが変更可能なタイプを購入。


サービスなのか英語のマニュアルのコピー紙が付いてました。確か公式サイトでも置いてあったかなぁ?


こちらはオリジナルの中文マニュアル。最近は中文も少し理解できるようになりましたww。


保証書。


キーボード専門メーカーなのでしっかり格納されてます。


引き抜き工具と交換用キーキャップも標準装備。


ダブルショットの交換用キーキャップ。フォントも本体と同じです。


ケーブルはやや太めでちょっと硬いかな?


金メッキ処理されたUSBプラグ。


軸のLEDはIce Blue固定ですが、筺体側面は任意のカラーに変更できます。発光パターンも豊富です。


天板がアルミ製でいい感じで反射します。軸の発光パターンや筺体側面の発光パターンが豊富なので操作方法はマニュアルを熟読しないと忘れちゃう。「Fnキー」と組み合わせたショートカット機能も豊富ですがキーキャップ側に表示がないので、これも覚えるのは大変かも。でも余計な印字がないのでスッキリしてますね。


発光タイプ仕様なので筺体の剛性は通常のキーボードより弱いかも、でも普通に使ってる分では問題ないと思います。


このカラー配色は私の好みで設定してあります。発光ギミックで側面はカラーを変化させたり流れるような発光パターに出来たり遊び心満載のキーボードとなってます。


フォントはやや大きめで視認性が良い。余計な印字もない。


インジケーター。位置的に見えにくいかな?上から覗き込まないと見えません。


有効になるとこんな感じで軸と同色で発光します。左からCapsLock、Scrock、Winキー無効だったかな。


天板は梨地処理のアルミ製のようです、黒版とかもあるようです。


天板エッジ部は磨き処理。スタビライザーはプレートマウント方式かな?


側面のLEDはオフにもできます。乳白色のプラ素材ですかね。


LEDの発光タイプは多すぎて紹介しきれません、動画じゃないと解りにくいのも有るからね…これは個人的に好きな押したとこだけ発光するタイプ。この他押したキーを中心に十字型に発光したり縦方向、横方向に発光するなんてのもあります。


これは十字型かな。「Gキー」を押したときのパターンです。


これは横から光量が変化して波のように動くパターン。


このキーボードの最大の特徴と言える側面のカラー変化です。常時点灯、呼吸タイプの発光、流れるようにカラーが変化する発光などがあります。やはり動画じゃないと面白さが解りにくいですね。動画サイトを探せば発光パターンを見ることができると思います。


部屋の照明を落とすといい雰囲気になるかなww


マニュアルを見ながら色々いじってみます。


綺麗ですね、でもあまり派手なパターにすると打鍵しにくいww


深海にいる発光する魚みたいな発光パターンが面白いかなぁ。


前側面と横側面?はそれぞれ独立してるのかな?横側面を個別の発光パターンにできるようです。


輝度や発光時間も調節できます。


部屋の照明を完全に落とした時の発光状態。かなり明るいですね。


ステップスカルプチャーになってます。チェリー軸を使ってますが打鍵時の反響音も独特で安物メカニカルキーボードとは明らかに異なる上品な打鍵音です、これは筺体の構造が良いのかもしれません。


背面のケーブルです。固定方式で位置変更はできません。


チルトスタンドが無いです。その分高さの有る台座加工になってるのかな。


上の画像と見比べるとわかると思いますが底面も発光してます。


底面も発光ギミック仕様ですね。


このパターンが一番面白いかなぁ。深海の発光するイカみたいな感じで左右に光が移動します。


見てて楽しいww


底面の滑り止めですがシリコン製かな?


製品シール。メタルチックなステッカーのようです。


チェリー紅軸です。


予備で他の軸も欲しくなってしまう…


ピントがマウスパッドに合ってしまった…キーキャップはダブルショットで白の吹付け塗装かなぁ?


簡易なダブルショットでではなく台湾タイプかな?

 

 

 

 

 

 

広告