Tailun Sivir Optical Gaming Mouse

大陸の東莞市には多数のデバイスメーカー?有ります。その中でも私が注目してるメーカーのマウスです。マウス以外にもキーボードなども発売してますが…なんとなくEpicGearを匂わせるような製品を幾つか購入しました。Tailunはブランド名のようですが今回紹介するマウスの名前はSivir

  • Sensor: Pixart 3320
  • Sensitivity: 800/1500/2000/2500/3500/6000
  • Max acceleration: 20G
  • Max speed: 80 IPS(inch/sec)
  • Polling: 600Hz
  • Refresh rate: 5300/s
  • Weight: 140g
  • Dimension: 125*69*40mm
  • Cable length: 1.8m

Pixart 3320搭載で6000DPIってのがなんとなく怪しいような気もしますがマニュアルにはそのように記載されてます、分解してないので確認はしてませんが…


東莞市系のメーカにありがちなバルク風なパッケージ。いくつかのマウスを発売してるようですが、みんなこのパッケージのようです。


カラーバリエーションがあって、白版・黒版とあります。今回入手したのは黒版でトップ面は1部ラバーコーティング仕上げになってます。


手書き風フォントがいい味出してるマニュアル。


ソフトウェアが無いのが残念です。


EpicGearを思わせるような黒とオレンジのケーブル。


プラグは金メッキ処理、メーカーロゴ入りです、この辺他の東莞市系メーカーとは一味異なるかな?


オリジナルデザインかどうかは不明だけど…まぁデザイン的には好み。サイドボタンがあるけどシンメトリータイプかな。


サイドボタン2つにDPI切り替えボタンのみでシンプルです。ソフトウェアでサイドボタンいじったりDPI値の変更ができないのは辛い…


工作精度は並以上、ホイールは中抜きしたラバー製。表面仕上げは1部ラバーコーティング仕様だけど…まぁ最近のラバーコーティングは耐久性は良いでしょう。


ケーブル接続部ですが、よくある形状、でもかなり硬めの素材のようなので耐久力は有りそう。

トップ面がラバーコーティングでサイド面とサイドからトップにかけた1部分がブラスト風な仕上げになってます。

サイド面はブラスト風と言うだけで塗装処理ではないです。滑り止め効果も低いかなぁ。


右サイド。ちょっと背が低めですがホールド感もサイドボタンの操作感は悪くない。


DPI切り替えボタンの上に人型のマークがありますが、何を表してるのかよく解りません。


ガワはおそらくOEM品でしょうね。大陸系サイトで探せば似たようなのはすぐに見つかるかも。


トップ面のアップ。分解してマイクロスイッチなど確認したいのですが…ソールが金属製なので躊躇してしまいます。まぁ仮に折れちゃったとしても汎用品のソールを切り貼りすれば良いんだけど。いつか機会があればやってみます。


工作精度、剛性はまぁまぁなのですが、サイドボタンが柔らかすぎるかな?もう少し硬めの押下感だと良かったのですが…と言ってもチープな遊びの多い押下感では無いです、タクトスイッチの様な感触ですが…タクトスイッチにしては柔らかすぎる。


ホイール操作は適度なノッチ感がありますがホイール自体が軽めの素材のようでちょっと頼りない。LEDはDPI値変更で変化しますが数秒でサイクルタイプで変わってしまいます。このマウス、ゲームで使うならサイドボタンは無用かなぁ。


金メッキ処理のような金属製ソールです。これだと布系でしか使えないですね~。でも布系パッドでの操作感は良好。


鋭角な部分も綺麗に整形されてるので布系パッドを傷つけることもなさそうです。

 

 

 

広告