Raptor Gaming H5 5.1 USB

6年前に発売されたヘッドセットなんて誰も興味ないと思うけど…今は亡きドイツメーカーRaptor GamingH5 5.1 USBです。Corsairに買収?されたあとにCorsair Raptor名義で全く同じものが発売されていますが、これはオリジナルRaptor Gaming版パッケージになってます。この頃のRaptor Gaming製品は女性モデルをパッケージに使ってましたww。

  • Impedance: 32 Ohm
  • Drivers: 40mm
  • Sensitivity: 121dB
  • Max power input: 50mW
  • Noise-Cancelling Microphone
  • Impedance: 2.2K Ohm
  • Sensitivity: -40dB
  • Cable Length (5.2m/17’ total)
  • 2m (6.5’) attached cable
  • 1.2m (4’) in-line USB audio cable
  • 2m (6.5’) audio extension cable
  • Weight: 260g
  • Features:Noise cancelling circuit, volume control, Enemy-Location-Mode

専用のソフトウェアが有るのですが今回は導入してません。簡単な紹介程度です、でも「 Enemy-Location-Mode」って気になるなぁ。余裕があればインストールして追記記事でも…


古い製品ですが外見上に劣化などは見られません。USBタイプですがコネクター脱着式なのでアナログ接続も可能です。雰囲気的に私が1番初めに購入したZOWIE GEAR Hammer Headset USBに似てるような感じのヘッドセットですが…やはりドイツメーカならではの独特な製品だと思います。


裏面はEU圏の言語で諸元が記載されてます、なぜか中文もある。


正直言ってドイツ製品とは思えない工作精度の低さで有名だったメーカーですが、個人的は好きなメーカーです。Raptor Gaming製品ですが、EU圏のショップではなんとかデッドストック品らしきものが入手可能です。


このメーカーはマウスとかに巾着袋が付属してるのが特徴でした。この中に拡張用のケーブルとかマニュアルなどが入ってます。


ソフトウェアCD、多言語のマニュアル、USBアダプター、延長ケーブル。


Raptor Gamingのホームページは消滅してるけどCorsairのホームページではまだラインアップされてます。ソフトウェアもダウンロードできます。


後で追記記事をとか言っちゃったけど…この記事を書いてる途中でCorsairのサイトからソフトウェアをダウンロードしてインストールしようとしましたがWindows10ではセットアップファイルが動かないようです…Windows7までしか対応してないようです。


ボリュームコントローラー付きのUSBアダプター。


アナログのプラグ接続部。


見えにくいけど+-表記の有る音量調節ボタンとマイクミュートボタン。


アナログ用の延長ケーブル。一応プラグ部は金メッキ処理のようです。


左右のイヤーパッド部にマイク用と左右の音量調節用のボリュームスイッチが付いてるのが面白いです。無骨な外観でいかにもドイツっぽい。


これはアナログ接続用のボリュームコントローラーです。USBアダプターとくっつけるとボリュームコントローラーが2つになっちゃうという変な仕様。


ケーブルの途中にクリップが付いてます。服に取り付けるためなんでしょうね。


アナログ接続用のプラグ。個体差も有るんだろうけど、記事を書く前に試してみましたがノイズは無いようです。


本体はABS製かな?剛性感はHammerと比較するとちょっと頼りなげ…


でもマイクブームは丈夫そうな作り。マイク部がHammerに似てますね。Hammerは愛用してた時期もありましたが、ボリュームコントローラー操作時にかなりノイズが入るので使うのはやめちゃった…USB版を購入しておけばよかったかなぁ…


マイクブームはこんな感じ。自由自在に動かせそうな感じですが口元の方に曲げたりすることは出来ません。


Raptor Gamingのロゴ。なんかすぐに剥がれそうな感じ。


このヘッドセットで通話する機会が無かったので、音質に関しては解りません。一応ノイズキャンセラー機能が有るとのことですが…ソフトウェアを導入しないと使えないのかな?


Hammerみたいなコーンパイプっぽいマイク。


ケーブルにボリュームコントローラーが付いてるのに、なんでここにもボリュームコントローラーがあるのかなぁ?と思ったのですが。これは左右に音を振り分ける機能のようです。Max,Min表示ってあるから音量と勘違いしちゃうよなぁ。


マイク側は試して無いんだけど…マイク音量の調節なのかなぁ?


ヘッドバンドとイヤーカップ部との接続部。自由度の高いパーツになってます。


ファブリックぽいクッション。


装着感は悪くないです。


ヘッドバンド上部にロゴがあります。人造皮製みたいです。


アジャスター部です。可動域はそこそこあるのですが…


これは点字でしょうか?左右にあります、この辺のこだわりが面白いメーカーなのですが…


反対側にもあるけど、これらは「右」「左」って意味なのかな?


アジャスターには目盛りも刻まれてるんですが…緩すぎて簡単に動いてしまいますww。「こだわった機能があるのに作りが甘い」Raptor Gamingの特徴ですね


個体差かもしれないけど、私が購入したものは緩すぎて機能しないアジャスト機能…


USB接続用のボリュームコントローラーですがサウンドカードを搭載してるのかな?

久しぶりのヘッドセット紹介記事でしたが、次回は最新のヘッドセットの記事にしますww。BloodyとかG.Skillなんてマイナー系メーカーですけどね。

 

 

 

広告