GANSS G.S87 LED Mechanical Keyboard

大陸ではメジャーなキーボードメーカーGANSSのスタンダードなTKLキーボードG.S87 LEDです。このメーカーは軸の選択やカラー、LED、RGBとかの選択肢が豊富でいいですね。製品的にも上質な感じがします。

Specifications:

  • Brand: GANSS
  • Model: G.S.87
  • Switches: Cherry Mechanical Red Switches (MX)
  • Dimension: 355*125*35mm
  • Weight: 1150g
  • Keys: 87 keys
  • Interface: USB 2.0


RGB版も有りますがあえて単色版を購入しました、LEDカラーは美し青系で、英語圏ではIce Blueなんて呼ばれてるようです。純白のキーキャップと相まって神秘的な美しさのLED発光になってます。


このメーカーのキーボードは上位機種になるとパッケージも見栄えの良いタイプに変わるようです。これはスタンダードなタイプなので簡易なパッケージなのかなぁ?


チェリー互換軸は使ってません。


添付品。交換用のキーキャップが多いのが嬉しかな。


ちっちゃいほうが正式なマニュアル。大きい方はこのキーボードとは関係ないタイプ用です。なんで同梱されてるのかよくわからない。サービスのつもりなのか?コピー用紙に印刷されてるけど…


引き抜き工具付き。自社のロゴでも入れたらいいのにね。


交換用のキーキャップです。ダブルショットなのが良い。


ちょっと画像が粗いので安っぽく見えるけど現物は綺麗で工作精度も良さげ。


金メッキ処理のUSBプラグ。


ケーブルはビニールタイプです。


国内メーカーのFilcoっぽい雰囲気の筺体です。画質が良くないのですが現物は純白って感じです。特にキーキャップの仕上がりが美しいかなぁ。


通電させるとこんな感じでLEDが発光します。もちろんオン・オフも可能で発光ギミックや特定ゲーム向けの発光パターンなどもあります。


「F12キー」のみ点灯してませんが、これは「Winキー」無効化にすると発光します。


フレームは左端の部分の剛性感がちょっと不足してるかな?強めに押すと少し歪みと音が出ます。右端と上下のフレームは問題なし。


RGBタイプの製品ならこの色を出すのは簡単だけど、純白のキーキャップとの組み合わせが美しすぎます、しばらく見とれてしまいました。


縦置き?できます。


フォントはこんな感じ。軸と軸の間の発光が綺麗。


紅軸ですが押下時の筺体との反響音?みたいのが独特でちょっと高めの音で「コトコト」と音が出ます、青軸のような騒がしさではなく中~低音域?


インジケーターは2つ。


インジケーターも同じ青系で発光します。適度な光量ですね。


横から。全面のメーカーロゴ以外は真っ白です。


エッジ部は綺麗にカーブしてます。


ケーブルは背面センター部に固定されてます。


全面フレーム右端にメーカーロゴが印字?されてます。これは黒色ですがモデルによっては色違いのものも存在してます。(色違いで何かしら意味があるのかは不明)


特定のキーのみ発光させるモードが4パターンあります。これは「FPSタイプ」。


これは「LOL向け」とマニュアルに書いてあります。


これは「8keyタイプ」とのことでWASD以外に矢印キーが発光します。


英文と記号のみの発光パターン。


全キー発光タイプ。この他に「呼吸タイプ」とか押したキーのみ数秒発光するとかよくある機能があります。


底面も真っ白。滑り止めのラバーまで白ですね。


製品シール。シリアルナンバーは4桁台でした。


チルトスタンドもラバー付き。適度な高さになります。


閉じたところ。


刻印が見えてないけどチェリー紅軸です。


アップにしてみました。


まぁそこそこ良さ気なダブルショットです。バリは殆ど見られません、塗装処理も丁寧です。


交換用のキーを装着してみました。


安っぽい製品だと交換用キーキャップがオリジナルキーと全然違う感じのものが多いのですが…


さすがキーボード専門メーカーです、塗装処理もフォントもオリジナルキーと同型ですね。これなら交換しても違和感が有りません。

 

 

 

 

広告