GAME MADMAN G87 TKL Backlit Mechanical Keyboard

大陸では有名なマウスパッド専門メーカーGAME MADMANとキーボードメーカーRoyal Kludge のコラボ?製品です。元ネタはRoyal Kludge Side 108のTKL版かなぁ?正式な名称はG87と言うらしい。

  • 87 keys
  • Red backlit LEDs
  • LEDs in 7 colors on the side
  • PBT backlit keycaps
  • Switches: Cherry MX Brown, Blue, or Red
  • Base is fitted with rubber feet
  • Brightness controls
  • Dimensions: 14.6 x 5.5 x 2.2 in (37 x 14 x 5.5 cm)

ざっと見た感じの特徴は、サイド面がLED7色に変化する、チェリー軸搭載、アルミ天板とプラ素材の筺体。LEDは赤のみだけど発光ギミックは多いです。キーキャップはPBTのダブルショットですね。

madman-01
今回は紅軸の限定仕様版を購入しました。

madman-02
何が限定かというと、キーボード本体以外に「キープラー」「リストレスト」「大判のマウスパッド」などが付属してます。キーボード単体の販売もしてるようですが限定とかに弱い私はすぐに飛びつきましたww、数量も限られてるしね。

madman-03
こんな感じで詰め込んであります。

madman-04
まずはキーボード本体。

madman-05
保証書に簡易マニュアル。ケーブル用のマジックバンド。丸いゴムみたいのは筺体底面に取り付けるスタンド?steelseriesApexみたいに脱着タイプの滑り止め用ゴムですね。

madman-06
中文のみの解説文ですがなんとか理解できます。ファーム更新がなんたら書いてあるけど肝心なRoyal Kludgeの公式サイト?が行方不明です。

madman-07
低反発素材が入ってるような感じのリストレスト。表面は皮製に見えます。

madman-08
リストレストは中央にロゴがエンボス加工みたいになってます。あとはキープラーですがこれはよくあるタイプ。

madman-09
マウスパッドというよりデスクマットと言えそうなサイズです。柄は同社で色違いとサイズ違いの物をよく見かけます。

madman-10
横幅は900mm位かな?TKLキーボードなら余裕でマウス操作域も確保できます。製品的には専門メーカー製なので良い出来栄え。ステッチも付いてます。

madman-11
ロゴは印刷タイプ。厚みは3mm程です。

madman-12
カエルのイラスト入りです。なんかこの柄見覚えがある…たぶん収納を漁れば同じ柄のマウスパッドがあるはず。

madman-13
金メッキ処理されたUSBプラグ部。ただケーブルがビニール製なのが残念。巻きぐせとかは控えめだけど見た目がチープな感じです。

madman-14
PCにつなげてみました。筺体左右の端がLEDで発光してるが見えますね。天板部のみアルミ製?

madman-15
このサイドの造形で解る人には解るRoyal Kludge Side系列。でも確かSideシリーズはフルキーボードだったような?

madman-16
サイドのLEDはデフォルトでは7色に変化します。

madman-17
アルミ素材のように見えます。エッチ部は角度を付けて削った処理になってます。

madman-18
配列はTKL標準的な作り。キーキャップはちょっと粗目な梨地処理が施されてます。これは中々いい感じのキーキャップです。

madman-19
フォントもちょっと変わった感じ。

madman-20
「Fnキー」との組み合わせ機能がたくさんありますがキートップ上に機能の表示があるので解りやすい。でもその表示方法が独特でキートップに印字ではなく刻印のような処理になってます。なので光の加減や角度で見えにくいのが困っちゃうかな?

madman-21
輝度調整やLEDオフ機能、その他発光パターンが豊富です。動画じゃないと解りにくいのでそれぞれのパターンの紹介は省略。YouTubeなんかで紹介されてたと思うので興味がある人は探してみて下さい。

madman-22
見えにくいのですが、「1」「2」「3」キーはゲームに合わせたキー発光モードの刻印が付いてます。

madman-23
この辺のキーもショートカット機能がついてます。

madman-24
機能表示の刻印をアップにしてみました。ちなみにこれは発光速度とかの調節。

madman-25
Game Madmanのメーカーロゴは数種類あるようですがなんて書いてあるのか読めません。中文メーカー名は「游戏狂人」です。

madman-26
静止画ですがこれはランダムにキーが発光するモード。RGBじゃないのでそれほど面白い見栄えじゃないけど…

madman-27
これは横方向へLED発光が左右に行ったり来たりするモード。

madman-28
個人的に好きなのはこの押したキーが滅火するモードですね。逆に押したキーが発光するモードもあります。

madman-29
前述した数字キー1から3に割当られてる機能でこれはFPS向け。

madman-30
RTSとかRPG向きかな?

madman-31
これは文字と記号系のみが点灯するモード。と言ってもこのキーボードにはマクロ機能が付いてるので任意のキーを発光するってこともできるようです。中文マニュアルにそれらしき記載が有りますがまだ試してません。リセットもできるので時間があるときに試してみます。

madman-32
ちょつと部屋の照明を落としてみました。筺体エッジ部が淡く光るのが綺麗かなぁ。

madman-33
特にこの辺が美しい。

madman-34
今回の記事には関係ないけど、現在のメインキーボード。モジュラー式で軸とカラー変更が可能なキーボードです。

madman-35
サイド面のカラーはランダム発光、カラー固定と設定できます。

madman-36
カラーは7色です。

madman-37
ここにもロゴがあります。オリジナルのRoyal Kludge SideではRKロゴだったかな?

madman-38
ステップスカルプチャーになってます。工作精度はかなり上質です、キーボード専門メーカー製なので品質は高いと思います。チェリー互換軸を使用してないところにもこだわりがあるのかなぁ?

madman-39
背面は緩い曲線造形。ケーブルマネージメントで3箇所からケーブルを出せます。

madman-40
なんとなくsteelseriesApexに似たような底面。ケーブルマネージメントの溝がありますね。

madman-41
中央からケーブルを出してみましたが、溝の固定箇所が1箇所だけなのでちょっと甘いですね、簡単に外れてしまいます。

madman-42
製品シール。Royal Kludgeのロゴもありますね。

madman-43
左右からケーブルを出すのが良さそうです。溝の中に数か所固定用の突起があるので、こちらの方がしっかり固定してくれます。この画像で解ると思いますがケーブルの材質の見た目がチープですね。

madman-44
脱着方式のスタンド?ラバー製ですが滑り止め効果は高めです。デフォルトで背の高いほうが装着されてます。

madman-45
あまり差のない高さかなぁ?

madman-46
外すと中の基盤がちょっと見えます。

madman-47
無くすと大変だね。

madman-48
Game Madmanロゴ入りリストレストと並べてみました。これがあると手首の負担が減りますね。この手の製品は各社から多数発売されてるので集めてみるのも面白そう。

madman-49
おそらく人造皮だと思うけど。これなら汚れても簡単に落とせそうです。作りもしっかりしてます。

madman-50
ラバー製の滑り止めでは居けど操作上問題はありません。しっかり固定されます。

madman-51
キーボード本体の重量の記載が無かったようなので測って見ました。750gと見かけより軽いですね。

madman-52
チェリー紅軸。

madman-53
そのうちRGB版とか出そうな気もします。

madman-54
ダブルショットのキーキャップ。

madman-55
2重タイプのダブルショット?大陸製にありがちな簡易タイプとは違いますね。

 

 

 

 

 

 

 

広告