Leetgion El’Druin RPG Gaming Mouse

PC冷却系パーツで有名なThermalrightのゲーミングブランド Leetgionから2013年頃に発売されたRPG向けの高性能マウス?El’Druinです。西洋の騎士の甲冑と昆虫みたいな雰囲気を併せ持ったヘンテコマウスですが当時としては高級機だったと思います。価格も高かったような…でも現在では Leetgionブランドは存在していないようで公式サイトもどっかのサッカーチーム見たいなページになってましたww。ただThermalrightはまだ活動してるようです。

「古臭いデバイスばっかり紹介しないで最新機種の記事でも書け!」とか言われそうですが、そっちの方は私より有益な紹介サイトが多数あるので…でもRoccatKone EMPとかLogicool系のマウスは記事にしたいですねぇ(まだ入手してないけど)

  • Avago 9500 Laser Mouse Sensor (100 to 5000DPI)
  • Two Made in Japan Omron Micro Switches
  • One Patent Pending Omni-Tuner for DPI Micro Tune and Profile Management
  • Five Directional thumb SPAD
  • Twelve Fully Programmable Hotkeys
  • Four Custom Profiles sets (one default profile.)
  • Dual LED lighting cue system, for profile and Omni-Tuner Mode indication
  • Four Removable Palm Plates for adjustable size and grip
  • Heaven Plate Size: L 127mm x W 69mm x H 44mm
  • Inferno Plate Size: L 119mm x W 63mm x H 43mm
  • Weight: 120g

eldruin-01
Razerを思わせる豪華なパッケージです。

eldruin-02
このメーカーは以前にもサイドボタンに青軸を搭載したHellion RTS Laser Gaming Mouse なんてのも発売していましたが結局マウス2個を発売しただけで終わってしまいました。ソフトウェアも公式サイトからダウンロードするタイプだったので中古で入手してもソフトウェアが手に入らないなんてことになりそうです。

eldruin-04
三重のパッケージになってます。

eldruin-05
最後にアクリル製のケースが出てきます。パッケージで相当お金がかかってるような感じ…どれくらい売れたのか解りませんがすぐに価格が下がったと記憶してます。もう新品での入手は無理でしょうね。

eldruin-06
アクリル製ケースの出来栄えはRazerと互角かなぁ。でもマウスを取り出すのが面倒くさいですww。

eldruin-07
購入時は何かしらRPG系のゲームで使うつもりで期待したマウスだったのですが…あまりにも操作が難しいので殆ど使わないで物置に眠ってました。

eldruin-08
添付品です。

eldruin-09
サイズと表面処理の異なる予備パーツが付属してます。マウスの背中部分のパーツですね。黒い方はラバーコーティング処理だと思うのですが、豪華なケースのお陰なのか劣化は見られません。

eldruin-10
これはラバーコーティング版の方です。ちゃんと製品名のロゴが入ってます。

eldruin-11
脱着は簡単ではめ込むだけですね。価格が高いだけあって工作精度や剛性は十分です。

eldruin-12
紙製のケースに別途添付品が付いてます。ステッカーに予備のソール。マウスを模した簡易マニュアルと分厚い多言語の本マニュアル。残念ながら日本語の記載は有りません。

eldruin-13
中文や英語などですが67ページもあります。まぁそれだけ複雑な設定が可能といいうことなのですが…覚える気は無いです。

eldruin-14
本マニュアルには詳しく設定方法が記載されてますが、設定も難しい。

eldruin-15
ソフトウェアを導入しないと意味がないマウスです。予めプロファイルに設定がされてるのは便利だけどね。

eldruin-16
これは面白いアイデアの簡易マニュアルというか早見表見たいな感じ。

eldruin-17
今回は中文解説文のほうが解りやすいかなぁ。

eldruin-18
この機能群をすべて覚えたらさぞかしゲームには便利なマウスだとは思いますが…

eldruin-19
ロゴ入りマジックバンド付きのケーブルです。メッシュタイプでやや太めですが柔らかく扱いやすいですね。

eldruin-20
メーカー刻印入りのUSBプラグ。金メッキ処理されてます。

eldruin-21
シンメトリーなマウスですね。左右に独特なボタンが付いてます、「Skill Power Action D-pad」なる名称らしですがマクロ割付で便利な機能とのこと。

eldruin-22
上から見るとデザイン的にはかっこ悪いマウスかな?でもホールド感は悪くない。交換用のパーツを自分好みにすればさらに操作性は良くなるかも。

eldruin-24
工作精度や剛性は十分です。ケーブル接続部もまぁしっかりしてる。左右のメインボタンはオムロン製D2F-Fを搭載とのことですが日本製か大陸製かは不明。

eldruin-25
左サイド。こちらにマクロ系機能を割り付けるのかな。

eldruin-26
右サイド。こちらはプロファイルやDPI関係の機能が割り当ててあるようです。「OMNI-TUNER」っていう名称だったかな。

eldruin-27
LEDは控えめで左サイドのはプロファイルでカラー変化だったかな?日本語マニュアルがないので間違ってるかも…ホイール部のLEDはDPI切り替えで変化するのは間違いない。

eldruin-28
ちょっと「Skill Power Action D-pad」をいじってみましたが慣れないと操作は難しいかなぁ。何を割り当てたか覚えるのも大変そうです。

eldruin-29
黒い部分はすべてラバーコーティングされてます。シルバーの部分は少しクリアな塗装処理かな?

eldruin-30
デフォルトプロファイルでは数字の1から5が割り当ててあります。4方向+ボタン押しになります。普通の多ボタンにと比べて使いやすいかは個人差が出そうです。

eldruin-31
この独特な模様って何ていうんだっけ?

eldruin-32
DPI値確認用のLED。ソフトウェアを導入すればカラーは変更できるのかな?ホイール操作はやや硬めですが適度なノッチ感があり使いやすいです。

eldruin-33
El’Druinってエルドゥルンと発音するのかな?意味は解りません。

eldruin-34
右サイドの「OMNI-TUNER」ですが「Skill Power Action D-pad」とは違った動きでダイヤルのように回すことができます。DPI値を任意の数値に変更できるようです。最大DPIは5000です。

eldruin-35
あ!こっちがプロファイルだったかなぁ?マニュアルをよく読んでないのでいい加減なこと書いちゃってるかも。

eldruin-36
4種類のプロファイルを保存できたかな?

eldruin-37
となると左サイドのLEDがDPI値なのか?まぁ実際にゲームで使ったこともないし設定もしたことがないので…

eldruin-38
底面です。予備ソール付きなので分解してみたい気もするけど、なんか難しそう。

eldruin-39
交換用のパーツです。しっかり固定されるので取り外しはそこそこ力が必要です。

eldruin-40
ラバーコーティング版とシルバーのクリア塗装版。

eldruin-41
実際に使用してる人のレビューとか探したけど海外のレビューが多かったかなぁ。ソフトウェアもいくらか更新されてたようですが現在ではリンク切れで入手は難しそう(探す気もない…)

eldruin-42
ラバーコーティング版の方がカッコイイかな?

eldruin-43
記事を公開したら押入れ行きになります。なにかRPGで面白いゲームでも見つかればこいつを使う機会があるかもしれませんが…

eldruin-44
ソフトウェアは購入時に公式サイトから落としたやつです、言語は3種類。

eldruin-45
設定画面です。ちょっと癖があるので使いにくいかなぁ。

eldruin-46
画面上の設定項目をクリックすると小窓で色々選択肢が出てきます。

eldruin-47
初期様態でもたくさん機能候補があるので便利と言えば便利。

eldruin-48
プロファイルは4つですね。

eldruin-49
マクロエディターです。正直右サイドの「OMNI-TUNER」をプレイ中に操作するのは私には無理かな…

eldruin-50
インフォメーションみたいなところを見たらソフトウェアのバージョンが0.9とかだったかなぁ?ネットでちょっとだけ調べたけどVer1.1なんてのが配布されてたらしい…

来週あたり最新のデバイス群が到着予定なので、来週はその辺の製品の記事でも書く予定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

広告