CX Siperior Mini Digital Platform Scale I-2000

今更ながらですが電子秤を購入してみました。マウス沼系の人たちのブログなどでは実測した画像などを載せておられたので、これは自分も導入しないといかんなぁと思ったのと、Dream Machines のマウスの錘の件で購入に至りました。Amazonを見てると国産メーカーのタニタ製と今回購入したメーカー不詳の大陸製とおぼしき物が人気かつお手頃価格だったのですが液晶画面のきれいな不詳メーカーの物を購入しました。この製品も蟻特急などでよくみかけますがいろんなセラーやショップから発売されてますね。どれくらい正確な表示ができるのか解りませんが…

i2000-01
色々種類があるようですが3kgまで測れるようです。パッケージはしっかりしてますね。

i2000-02
1000円台で入手できます。

i2000-03
液晶は見やすいのですがカメラで撮影すると数値がよく見えないので撮影角度が難しい…この辺はタニタ製のほうが撮影しやすいかも。

i2000-04
プラ製のクリアなカバーが付いてるので「随分厳重に保護されてるんだなぁ」と思ってましたがこれは、風袋引き機能とやらで使うものらしいww。

i2000-05
英語とイラスト入りの日本語マニュアルが付属してます。タニタ製のように単純な秤機能だけでなく「カウンティング機能」「風袋引き機能」など料理向け?の機能がついてるようです。この辺どうでもいいことなので省略。自分としてはマウスの重さが解れば十分です。

i2000-06
「TBOOM製品」と書いてあるけどメーカー名なのかセラーの会社名なのかは不明。

i2000-08
若干怪しい日本語。

i2000-09
「オートパワーオフ」機能があるようだけど設定方法が書いてない…

i2000-10
保護カバーに見えたプラ素材の皿みたいのはこの上に料理などに使う食材?豆とか入れて秤に載せてつかうらしい。

  • 主な材質:ABS
  • サイズ(約):127×106×19mm
  • 重量:約160g
  • 最大計量: 3000g
  • 最小表示: 0.1g

諸元はこんな感じ。

i2000-11
とりあえず保護カバーとして使ってますww。

i2000-12
基本左端の電源ボタンを入れてマウスを載せるだけでおkです。

i2000-13
こんな感じでキレイな液晶画面ですが撮影すると数値が見えにくい。肉眼では、はっきりと数値が見えます。

i2000-14
秤の部分はちょっと小さいけどマウスなら問題ないでしょう。見ての通り数値がうまく撮影できない…

i2000-15
物自体は美しい作り。コンパクトで置き場に困ることはないでしょう。

i2000-16
これは特殊な測り方のボタン。

i2000-17
「Mボタン」は重さの単位を変更するボタンです。使うとしたらグラムですね。

i2000-18
底面はABS製。

i2000-19
電池は付属してたのですぐ使えました、サイズは単4電池かな?

 

広告