Corsair Harpoon RGB gaming mouse

最近マウスやキーボードの発売ラッシュのようなCorsairのバリュータイプの軽量マウスHarpoonです。先行発売されていたKatarが気になっていたのですがサイドボタンが無いので購入には至りませんでした。スペック的には若干落ちるけどHarpoonではサイドボタンも有るしカスタマイズ可能なようなので今回は格安お値段だった米尼から購入しました。i-Parcelでしたが1月31日にポチして2月7日には届くというこの会社にしては最速記録でした。(通常10日~15日くらいだったかなぁ?)

  • DPI: 250 dpi – 6000 dpi
  • Sensor: Optical, Pixart PMW3320
  • Mouse Backlighting: 1 Zone RGB
  • Programmable Buttons: 6
  • Report Rate: 1000Hz/500Hz/250Hz/125Hz
  • Weight: 85g
  • Mouse Feet: PTFE
  • Software: Corsair Utility Engine
  • Cable Length: 1.8m
  • Dimensions: 111.5mm x 68.3mm x 40.4mm

ソフトウェアがCorsair Utility Engineという同社製デバイスを統括して制御するようなソフトウェアなのでかなりの容量があります。基本的にこの手のソフトウェアは好きではないのですが…まぁキーボード、マウス、ヘッドセットなどすべてCorsairで統一してる人には良いかもしれませんね。

harpoon-01
コンパクトなパッケージです。今回は内袋がプチプチタイプの紙ベースのパッケージで届きましたが奇跡的に箱潰れなどありませんでした。

harpoon-02
多言語の解説文。マニュアルも付属してますが日本語の記載は無しです。

harpoon-03
85gと軽量です。そのせいで剛性感など怪しいかなと思いましたが全然問題ないです、しっかりした作りになってますね。流石大手メーカー。

harpoon-04
保証書とマニュアルです。予備ソールが付いてないのが残念。マウス本体側にソールを剥がすための溝があるから、予備ーソールも付けてくれたら良かったのに。

harpoon-05
多言語のマニュアルです。中文やハングルはあるけど日本語がないのが寂しい…

harpoon-06
かなり特異な形状に思えるUSBプラグです。最近これ以外のCorsair製マウス買ってないから解らないけど…みんなこんな形状なのかな?

harpoon-07
金メッキ処理では無いです。ケーブルはややチープな感じだけど巻きぐせは控えめで伸ばせば取り回しは良さげです。

harpoon-08
Corsairのマウスとしてはかなり小ぶりな感じです。小指は乗っかりませんでした。

harpoon-09
見た感じラバーコーティングのようにも見えますが少しざらついた塗装仕上げ?のようです。ラバーコーティングじゃなくて良かった。

harpoon-10
ちょっと気に入ったのが左右ボタンの押下感?他のマウスに比べてマイクロスイッチとトップ面の隙間が狭い様な感じで隙間というのかなぁ?なんか押下時のレスポンスが早いような気がします。

harpoon-11
右利き専用なので左サイドにボタンが2つ。ソフトウェアでカスタマイズ可能なようです。パッケージにも説明文がありましたがサイド面はラバー素材のようです。

harpoon-12
右サイドも同じくラバー素材です。滑り止め効果は並以上ですね。

harpoon-13
数ミリの突起物が適度な滑り止め効果を出してます。サイドボタンは「カチッ」とやや高めのクリック音がします、やや硬めな押下感ですかね。

harpoon-14
ラバー素材+突起で滑り止め効果を出してるようです。経年使用でどれくらい持つのか気になりますね。steelseriesRivalのような耐久力じゃないことを期待してますが…

harpoon-15
DPI切り替えボタンはサイクルタイプ。Corsair Utility Engineを導入すれば250dpi単位で任意の値に設定できるようです。ホイールは太めで丈夫そうな軸を使ってるようなので耐久力が有りそうです。センターボタンとしての出来も良いですね。

harpoon-16
ロゴ部分のLEDカラーはDPI値変更時に変化します。これもCorsair Utility Engineでカラー設定が可能です。

harpoon-17
こんな感じで変化します。まぁ自分好みのカラーにするのが楽しそうです。

harpoon-18
ケーブル接続部もまぁしっかりした作りになってます。

harpoon-19
先端部はちょっと手抜き感があるような仕上がりで残念。

harpoon-20
底面です。ソールはテフロン製で交換時に剥がしやすいように溝が付いてますね。

harpoon-21
なんかちっこい穴があるけどなんだろ?

harpoon-22
右側のマウスは現在のメインマウス 1by oneのマウスです。使いやすくて愛用してますが今後はHarpoonに変えるかもしれません。

harpoon-23
サイズ比較の目安でEX-Gと並べた見ました。EX-Gに比べて小ぶりなのが解りますね。

harpoon-24
ソフトウェアなんですが、これは好き嫌いがはっきり分かれそうです。ファイルサイズが100Mを超えてます。Harpoon専用ではなくCorsair製デバイスの統合ソフトウェアみたいなので容量がでかいのが気になりますね。それに過去のイメージで個人的にCorsairのソフトウェアは私には苦手です。でも最近のソフトウェは知らないので取り敢えずインストールしてみます。

harpoon-25
日本語に対応してるのは良いですね。

harpoon-26
大手メーカーなので前置きが多いです。

harpoon-27
OS側でも認識してます。

harpoon-28
かなり大きめなUI画面です。他のデバイスのデモなんかが入ってるのでファイル容量がでかいんでしょうね。接続してないデバイスは消すことができるのでそのへんは親切設計かなぁ。

harpoon-29
最新のCorsairキーボードは購入してないけど、この画面を見ると欲しくなっちゃうかなぁ。

harpoon-30
宣伝も兼ねてるのかなww。

harpoon-31
光るマウスパッドww。

harpoon-32
本題のHarpoonの設定画面ですね。

harpoon-33
最初期のソフトウェアに比べればかなり使いやすくなってるのかなぁって印象を受けました…

harpoon-34
でもやはり私には苦手なソフトウェアだ…

harpoon-35
「RGB」と謳ってるのでカラー設定は豊富ですね。DPI値はデフォルトのままです。

harpoon-36
パフォーマンスと言う割に寂しい設定項目…もしかして私が見落としてる部分が有るのかもしれません。

harpoon-38
ウインドウ枠の大きさに比べて文字がちっこいのもなんか不満が有る。

harpoon-39
予め設定項目が有るわけではなく自分でマクロ作成しないといけないのかな?

harpoon-40
ソフトウェアの更新は頻繁にされてるようですね。

harpoon-41
アンインストールも簡単です。

比較的安価で、軽量かつ剛性感のあるマウスなので、軽いマウスが好きな人にはお薦めできそうです。今は国内Amazonでも価格が下がったようなので興味のある人は購入してみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

広告