Corepad Cerro Medium

Corepadは確かオランダのメーカーで2003年くらいに創立されたようで老舗っぽい雰囲気がありますね。マウスパッドとソール専門でマウスとかは発売してないようです。公式サイトでは日本にも発送してくれるようですが直接購入したことはありません。今回入手したCerroですが汎用タイプのようでサイズもいくつか用意されてるようです。EU圏のショップでセールをしてたのでミドルサイズのものを購入してみました。パッケージは無くてペラペラなラッピングに包まれた状態で送られてきましたが、元々箱タイプのパッケージ販売では無いようです。ソールも販売してますが各種メーカーのソールが豊富で、以前Qpad 5k用のソールを購入した記憶がありますが確かUKのショップで注文したような…レア物をたくさんストックしてたショップでしたが今もやってるのかなぁ?

  • Flexible and rough liquid resistance cloth
  • Maximum precision
  • Triple stitched edges for a longer pad life
  • Rolled edges for more comfort
  • Compatible with all mice
  • Non-slip rubber backing
  • Easy cleanable
  • Dimension: 315 x 255 x 4.0 mm / 12.40 x 10.00 x 0.16 in

cerro-01
こんな感じで薄いビニールに入ってます。

cerro-02
ちょっと意外だった製造国の文字。台湾製ですね、てっきり大陸製かと思ってました。デザインは当然オランダです。

cerro-03
「Compatible with all mice」とか書いてあるので光学式でもレーザー式でもおkということでしょうか。

cerro-04
変形タイプですね。手首の部分が凹むタイプです、この手のデザインはヨーロッパ系メーカーで多いような気がしますが個人的には好きです。ミドルサイズとのことですが見た感じちょっと小さいかな?

cerro-05
Corepadのメーカーカラー?のオレンジと白のロゴが映えます。見えにくいですが細身のステッチ加工が施されてます。これだけ細身のステッチは珍しいかも。

cerro-06
4mm厚ですが浮きや反りなどは有りません。丸めて収納されてないのが良いです。

cerro-07
なんて発音するんでしょうね?「セロ」でいいのかな?

cerro-08
ロゴは熱転写っぽい気もするけど塗料にも見える。変形タイプでもステッチの工作精度が秀逸ですね、さすがパウスパッド専門メーカー。

cerro-09
生地面はかなり粗目の処理です。

cerro-10
細身のステッチが解りますね。ソールが当たっても抵抗感がないのも評価できます。

cerro-11
底面は天然ラバー。滑り止め効果も問題なしです。

cerro-12
操作感ですが、「滑りすぎず止めやすい」って感じですかね。Razer Goliathus Control Editionに似たような感じかなぁ。

cerro-13
生地面のアップです。

広告