IOGEAR Kaliber Gaming FOKUS Pro Laser Gaming Mouse

IOGEARのゲーミングブランドKaliber GamingFOKUSです。モデルナンバーはGME670と言うようで、公式サイトではこのモデルナンバーを打ち込まないとソフトウェアが見つかりません。以前EVGAから発売されていたTORQ X10 Carbonのコピーか?とも思いましたがサイドスカートやサイド面の形状、中身は分かんないけど別物のような気もします。Max DPIが8200なのでAvago辺りのセンサーを積んでいるのでしょうか?購入前の画像を見た限りではおもちゃっぽい作りのまうすなんだろうなぁとか思ってましたが現物を手にすると意外に上質で剛性感も十分、クリック感もかなり私好みの製品でした。LEDが派手に光りますがソフトウェアで制御できます。

  • Sensor: Laser
  • Max Resolution: 800-8200dpi
  • Polling rate: 125/500/1000Hz
  • Acceleration: 30G
  • Frame Rate: 12000fps
  • Speed: 150in/s

サイズとか重量の記載がないけど金属パーツを使用してるので重そうです。160g位あるんじゃないかなぁ?

gme670-01
Kaliber Gamingのイメージカラー黒と黄緑のパッケージ。カッコイイパウスパッドも発売されてますが、残念ながら在庫切れ…

gme670-02
8ボタンマウスでシンメトリーな形状になってるので左利きの人でも使えそうです。3年保証なんて書いてあるので品質的には自信があるのかもね。確かにかなり肉厚なパーツ構成になってました。

gme670-03
添付品はこれだけ。ソフトウェアは前にも書いたけどちょっと探しにくい。

gme670-04
英語とEU圏の言語での解説文。

gme670-05
ポーリングレートは底面のスイッチで切り替えるようです。FPSで使うなら1000Hzが良さそうですね。ポーリングレートとリポートレートって別物?

gme670-06
ケーブルは太めのメッシュタイプでかなり柔らかい作りで取り回しは良いです。

gme670-07
プラグ部が金メッキ処理。この形状どっかで見たこと有るような?Newmen製マウスに似てるような気がする…

gme670-08
角ばってる部分は流石に違和感が有るけどホールド製はそれほど悪くない。性能もいいし作りも上質なのでキワモノマウスでは無いような気がします。サイドスカートがある分TORQ X10 Carbonより安定感は有るかなぁ。

gme670-09
LEDが美しいです。カラーバリエーションは無くてこのホワイト版のみですね。表面はクリアな塗装で厚みがあります。

gme670-10
このメーカーはOEM品をカスタマイズしたものが多いのですが…オリジナルなのかな?

gme670-11
ケーブル接続部はまぁ標準的な出来栄え。本体の剛性感に比べるとちょっと弱々しい気がしないでもない。

gme670-12
ヘキサな穴は左右に付いてます。LEDで光る飾り要素かと思ったけど適度な滑り止め効果があります。このサイド面は金属製のような感触ですが底面からつながってます。

gme670-13
この重厚感がたまらなく好きですww。表面の仕上げが丁寧なので高級感がありますね。左右サイド同じ位置にボタンが有りますがデフォルトでは右サイドボタンは音量設定になってます。イラストも印字されてますね。

gme670-14
う~ん原型はTORQ X10 Carbonなんだろうか?

gme670-15
ボタン類はオムロン製の感触。利き腕の側のボタンを操作するのは困難なのでソフトウェアで切ったほうが良いかも。

gme670-16
ヘキサな穴の内側は塗装が雑かな。

gme670-17
LEDの発光箇所は多いけどDPIやプロファイルに連動してるわけではなく、ランダムに発光します。DPIボタンの上のLEDがDPI値に対応して変化します。

デフォルト設定で

  1. 800=Red
  2. 1600=Green
  3. 3200=Purple
  4. 6400=Pink
  5. 8200=Blue

となってるようです。

gme670-18
DPIの文字のカラー変化でDPI値を判別できます。ホイールは上質な操作感です。

gme670-19
まぁデザインとキワモノ感で買ったんだけど、思いの外使いやすそうなマウスでした。

gme670-20
ソールの下にネジ穴はなく下側は露出してます。製品シールの真ん中あたりにもう1つ穴が有りそうです。分解しようと思ったけど製品シールが曲がっちゃうのもアレなので止めときます。

gme670-21
ポーリングレート変更用のスイッチ。マニュアルによると…

  • 左=125rps
  • 中央=500rps
  • 右=1000rps

gme670-22
ソフトウェアはTORQ X10 Carbonとは別物ですね。

gme670-23
カラー設定項目のスクショを撮り忘れましたが、まぁ使いやすいシンプルなソフトウェアです。

gme670-24
XY軸は独立して設定できますね。このほか設定時に中央の画像に該当箇所がフォーカスされます。

 

広告