NIMXO M001 Gaming Mouse

深セン系メーカーNIMXO唯一のマウスM001です。おそらくオリジナルデザインでかなり独創的な形状です。

  • Sensor: Avago A3050
  • Sensor Type: Optical
  • Resolution(DPI): 800/1200/1600/2000
  • Color: Black
  • Buttons: 9 (including bottom switch)
  • Response time: 0.1ms
  • Main Key switches: 10 Million+ clicks
  • USB Cable: 1.8M
  • Dimension (mm): 140 (L) * 65 (W) * 38 (H)
  • Weight(g): 151g including cable

m001-01
同社のメカニカルキーボードと同じパッケージデザインです。性能的には大したことないけど面白いデザインのマウスなので気に入ってます。表面のピアノブラック仕上げと曲面が美しいかなぁ。

m001-02
裏面です。完全に大陸向けでグローバルな展開用の製品ではないですね。このメーカー季節毎に破格の値段でセールとかしちゃいます。最近メカニカル以外のキーボードなんかも発売予定してるようです。

m001-03
保証書とマニュアル。

m001-04
USBプラグ部はキーボードと同じ形状かな。安価でもちゃんと金メッキ処理されてます。

m001-05
フェライト付き。ケーブルはビニールタイプですが柔らかく癖も控えめで取り回しは良さ気です。

m001-06
色々映り込みがあるので撮影が難しいww。

m001-07
Dimension (mm): 140 (L) * 65 (W) * 38 (H)とあるので比較的縦長で背の低いデザインですかね?故にホールド感も個人で感じ方が色々有ると思います。個人的にはまぁ持ちやすい方かな?でもサイドの滑り止め効果が弱すぎるので、しっかりした保持は難しいかな。

m001-08
表面は3種類?の仕上がり。

  1. サイド面は軽めの梨地。
  2. 左右ボタン部はチャコールっぽい色のクリア仕上げ。
  3. 後部はピアノブラック仕上げ。

m001-09
卵っぽいデザインです。左サイドにボタンは有るけどシンメトリーな形状になるのかな。

m001-10
ケーブル接続部はかなりしっかりした作り。剛性感と工作精度はそこそこ高め。

m001-11
長さに比較してちっちゃいサイドボタン。チープなパコパコタイプではなくオムロンやTTC系っぽい押下感があります。

m001-12
右サイドは何もなし。サイド面の滑り止め効果は低めです。

m001-13なんとなくロジクール製マウスに見えないこともない…

m001-14
LEDは背中のロゴ部分とサイド面下部にあります、勝手にカラーが変化します。憶測だけどDPI切り替えに反応してんのかなぁ?

m001-15
このロゴもなんとなく某メーカーを連想させる。スターウオーズの帝国軍戦闘機?みたいな気もするけど、ロゴ的には秀逸だと思います。

m001-16
サイド面の梨地はこんな感じです。

m001-17
サイド面後部もちょっと光りますがいいアクセントになってます。

m001-18
DPI切り替えボタンとホイール部。このDPI切り替えボタンはちょっと残念な出来栄え。思い切り硬めです、押下時の音も「ベコッ」って感じの不快な音です。ホイールも緩めですが幅広なので操作感は良いです。

m001-19
底面ですが謎の凹みがあります。他社へのOEM提供時の製品シールかなんかを貼り付ける場所なのかなぁ?

m001-20
愛用のEX-Gとの比較。形状が思いっきり異なりますね。

 

広告