Cougar MINOS X1 Gaming Mouse

マウスの新作発売速度が尋常じゃないようなCougarMINOS Xシリーズマウス、X1です。PMW3310 Optical Sensorを搭載した上位機種?X3と言うのは国内で発売されるようですが、Avago ADNS-5050を搭載したこのX1は国内では未発売のようです。ライバル的にはロジクールG90とかsteelseriesRival95辺りになるのかなぁ?

minosx1-01
ペラペラなパッケージでいかにもバリュー向けって感じ。

minosx1-02
裏面には日本語の解説文もあります。

minosx1-03
X3は国内でも入手できるみたいなので、いつか購入してみよう。(まぁ、お値段次第で海外購入になると思う)

minosx1-04
いつものごとく細身に折りたたんだマニュアル。こちらにも日本語の解説文が記載されてます。

minosx1-05
ケーブルはビニールタイプですが巻きぐせは弱めで取り回しは良さそうです。USBプラグは金メッキされてません。でもプラグ部の形状は既存のCougar製品共通のデザインになってます。

minosx1-06
左サイドにボタンがあるけど、殆どシンメトリーデザイン。

  • Product name : COUGAR MINOS X1 Gaming Mouse
  • Sensor: ADNS-5050 Optical sensor
  • Switching: OMRON gaming switches
  • Resolution: 500/1000/1500/2000 DPI
  • Cable length: 1.8m T
  • Dimension: 122(L) x 70(W) x 40(H)mm
  • LED backlight: 2 ZONE 1 color
  • Encoder: TTC
  • Interface: USB plug

バリュー向けでもオムロンスイッチ搭載なのは良いかな。でもなぜか重量の記載がありません。感覚的には100g前後でしょうか?LEDもメーカーカラーのオレンジ1色です、DPI切り替え時に変化することは有りません。あとソフトウェアも有りませんよ。

minosx1-07
ホードルド感は良いですね。一応両サイドにプラ地の滑り止め加工が施されてます、効果は控えめだけどね。

minosx1-08
左右メインボタンはすぐにオムロン製とわかる押下感です。

minosx1-09
ホイールは並程度な作り。スクロール時の摩擦音がちょっと気になるかな。どちらかと言うと重めの操作感です。

minosx1-10
サイド面の滑り止め加工がサイド面いっぱいに施されてます。効果はほんとに気休め程度。サイドボタンもチープな感じです。

minosx1-11
右サイドは何もなし。工作精度は中の上ってとこかな。

minosx1-12
サイドの滑り止め加工。ヘキサっぽいけど丸みを帯びてます。

minosx1-13
サイドボタンは左右で押下圧がかなり異なります。これも直接スイッチを叩くタイプでは無さそうです。押下時の音も左右でかなり異なります。

minosx1-14
DPI切り替えボタンはおそらくタクトスイッチ。確証はないけどいつか分解してみます。

minosx1-15
やはりDPI切替時のカラー変化は欲しいですね。

minosx1-16
底面は上位機種のX3の機能っ省略版って感じですね。

minosx1-17
X3ではこの位置にポーリングレートとDPI?変更用のスイッチが埋め込まれてたと思います。

 

広告