キーボードメンテナンス2

剛性感が有ってコンパクトサイズのメカニカルキーボードTG3 ElectronicsBL82Fの予備機を購入しました。中古品ですが以前のものより製造年が新しくキーキャップの摩耗や筐体の傷もちょっとだけなので良かったです。

とりあえず分解して綺麗にして傷などは塗装でカバーしてます。このキーボード軍事か警察向け?なので専用の台座に取り付けて使用する前提のキーボードのようで底面に滑り止めのラバーやチルトスタンドは有りません。なので適当な滑り止め素材で固定しないとネジ山などで机側を傷つけてしまします。

いつものことながら時系列はいい加減です…

tg32ed-01
多分到着開封後の動作チェック時の画像。初見でLEDが均一に発光してるのが良かった!

tg32ed-02
これは底面をガンメタル塗装してラバー製滑り止めを取り付けた直後。見てわかると思いますがネジ山が筐体底面より突出してます。なのでこんな感じでなにかしら台座が必須ですね。

tg32ed-03
防水ラバー仕様なので黒軸との組み合わせで打鍵時の押下圧は半端なく強いです。今回は前使用者が行った改造?らしき形跡を参考に防水シートを装着したまま打鍵時の反発力をかなり減少させることができました。

tg32ed-04
LEDの劣化は今のとこ無さそう。

tg32ed-05
これが押下圧を弱める改造ですww。前使用者が幾つかのキーでこの処理を施していたようです。これのお陰で黒軸のみの押下圧で打鍵できます。防水性能は半減するけど、まぁ私自身雨の中とか濡れるような場所で使うこともないので…

tg32ed-06
医療用の小さいハサミでチョキチョキ切っていきます。

tg32ed-07
この分厚い突起部?のお陰で打鍵圧というのか押し下げ圧というのかわからないけど、黒軸オリジナルがが確か60gですが、それに+40g近く圧が高まります。10文字程度なら我慢できますがブログ記事など打てたもんじゃありません。

tg32ed-08
こんな感じで全部カットしました。打鍵感は通常の黒軸と同じ感じですね。結果的にちょっと効果の高い生活防水程度の効果は期待できるでしょう。

tg32ed-09
分解は容易です。ネジ留めのみで爪などもないので簡単に外せます。

tg3 re 13_compressed
ちなみにこちらは前に入手した機種の基盤。

tg32ed-10
台湾製です。

tg32ed-11
制御系?基盤は2005年製かな?前に入手したものより新しい感じ。もっと古い世代ではPS2端子専用のも有ったようです。

tg32ed-12
内部のネジ類はサビが出てます。どんな環境下で、どんな使い方をされていたのかすごく気になります。

tg32ed-13
本体の基盤は2001年製。

tg32ed-14
筐体の形状や基盤類は殆ど変わらないけど防水シートの取付部がちょっと変更されてるようです。以前に比べて脱着が楽でした。

tg32ed-15
無水エタノールで消毒と清掃。結構汚れてます。

tg32ed-16
ケーブルです。

tg32ed-17
いつものガラスコーティング剤で綺麗に保護します。

tg32ed-18
上がコート済みで、下が未処理です。

tg32ed-19
組みたてれば見えないけど、徹底的に綺麗にします。

tg32ed-20
無水エタノールと「水の激落ちくん」を使います。サビなどはジッポオイルで落とします。

tg32ed-21
仕上げにCyberCleanでカスや埃などを除去。

tg32ed-22
今度は筐体側ですがいくつか傷があります。でも前のものより傷は薄めなので塗装で簡単に目立たなくできそうです。

tg32ed-23
引っ掻き傷程度かな。

tg32ed-24
今回も「ブラック・スティール」を使用。速乾性で24時間で完全に硬化します。

tg32ed-25
塗装中の画像は無しです。数回重ね塗りしてあります。

tg32ed-26 tg32ed-23
上が塗装後で、下が塗装前です。

tg32ed-27
いい感じのマットな表面になりました。

tg32ed-28
塗装処理は終了。

tg32ed-29
まぁ満足してます。前面側に傷が皆無だったのが嬉しいかな。

tg32ed-30
これからキーキャップの清掃と消毒、艶出し作業です。

tg32ed-31
キーキャップの清掃と消毒は作業前日に終わってましたので、これから艶出し作業です。今回もガラスコーティング剤使用です。解りにくいけど「F12」は未施工「↓」は施工済みです。

tg32ed-32
画像だと解りにくいのですが肉眼ならはっきりと差が解ります。

tg32ed-33
スペースバーは右半分が施工済み。キーは右半分が施工済みです。

tg32ed-34
中々撮影画像では違いが解りにくいですね。「G」より左は未施工「H」より右は施工済み。

tg32ed-35
全キー施工完了!

tg32ed-36
通電させてみました。

tg32ed-37
今回も「アンブレラ社」仕様ww。

tg32ed-38
実は背面にロゴマーク下にちょっと消せない傷が有ったのでww。

tg32ed-39
今回は金属製の底面も「ブラック・スティール」で塗装してます。

tg32ed-40
上が前に購入したもので、下が今回リペアしたものです。

tg32ed-41
LEDの差がはっきり解りますね。

tg32ed-42
底面の比較。ラバー製の滑り止めは前に入手したものの方が高価な物を使用してます。

tg32ed-43
製品シールの比較です。これは今回入手した方。

tg32ed-44
こっちは以前入手した方です。シールが剥がれそうなのでスコッチテープで保護してあります。

もう少し落ち着いたら以前に入手した方の黒軸をRazer軸に交換してLEDもグリーンに変えようかな~とか計画してます。筐体に合わせたサイズのRazerロゴステッカーも用意してあるので、いつか実現させたいと思ってます。

 

 

 

広告