Noppoo Choc Mini 84 RGB (RK) Technology Programmable Mechanical Gaming Keyboard

現在公式ページ?が行方不明のようなNoppooChoc MiniキーボードのRGB版です。販売形態は様々でAmazonやAliExpress、eBayなんかで入手可能です。私が入手したロットではマニュアルが付属していなくて多機能な操作方法を海外掲示板で調べてなんとかフル機能を使えるようになりました。開封直後は「Num Lock」でのテンキー機能が有効にならず、操作方法をかなり探してなんとか機能させることができました。販売業者によっては汎用タイプのソフトウェアCDを付けてくれることもあるようです。特徴としてはコンパクトなのとRGBに対応したってとこですかね。キーキャップはダブルショットではないようですかPOM KeyCapを採用してます。RGB機能はソフトウェアを導入するとカスタマイズ性がかなり向上しますね。

noppoorgb-01
Choc Mini共通のパッケージです。ロットで多少の違いは有るようですね。

noppoorgb-02
裏面も似たような感じ。側面には軸の種類などのチェック欄が有ります。今回はnoppoo茶軸を購入しました。

noppoorgb-03
添付品の中文保証書と引き抜き工具。Choc Miniはキー同士の間隔が狭いようなので工具も細身のような気がします。

noppoorgb-04
見えにくい画像ですがLEDの配色は私がソフトウェア上で設定したパターンです。英文字を青系にしてその他はオレンジ系にして有ります。輝度も5段階くらいで変更できます。

noppoorgb-05
筐体フレーム枠は粗目の梨地仕上げ。厚めの素材ですが多少軋み音などは出ます。まぁ気にならない程度かな。

noppoorgb-06
84キーで「Fnキー」との組み合わせで動作する機能が多いです。マニュアルが添付されてないので、海外の掲示板から情報収集が必要です。

noppoorgb-07
TKLキーボードですがモード切替で1部のキーをテンキーとして使うことができます。「オフィスモード」「プログラムモード」が存在してデフォルトでは「オフィスモード」で出荷されてるようで当初テンキー機能が有効にならず初期不良かと勘違いしました。これは「プログラムモード」に設定することでテンキーと「NumLock」が有効になります。このことが解るまで数日調べまくりました。ちなみにモード切替は「Fnキー」と「F12キー」長押しです。モードが切替変わると「F12キー」のLEDカラーが点滅変化します。

noppoorgb-08
ソフトウェアは大陸系セラーのブログらしきサイトから入手しました。キー毎のカラー変更には必須ですね。そのほかいろんな機能割り当てなどできるようです。

noppoorgb-09
コンパクトで使いやすいキーボードなのでロットや軸違いなど4枚所持しております。チェリー軸版が人気のようですが個人的にはnoppooオリジナル軸がお気に入り。

noppoorgb-10
そこそこ傾斜が付いてます。もちろんチルトスタンドもありますよ。Bluetooth版なんてのもあるようでこのキーボード筐体と共用のようです。底面に電池の装着ができるようになってますが電池の接続端子は省略されてるようです。

noppoorgb-11
背面と側面にケーブルマネージメントの溝があります。なのでケーブルは3か所から出すことができます。

noppoorgb-12
こちらは側面の溝。

noppoorgb-13
底面です。のっぺりタイプで剛性感があります。おそらく滑り止め用のゴムの下にねじ穴がありそうです。

noppoorgb-14
製品シール。ケーブルは柔らかいメッシュタイプで脱着可能となってます。これはいい機能ですね、好みの色付きケーブルとかスパイラルタイプのケーブルと交換できそうです。

noppoorgb-15
ラバー製の滑り止め。

noppoorgb-16
チルトスタンです。しっかりした作りになってます。スタンドを立ってる時のために指がひっかけやすいように溝もありますね。

noppoorgb-17
スタンドを閉じたところ。左にある長方形の蓋が電池格納箇所です。

noppoorgb-18
Bluetooth機能はないのでただの空洞です。

noppoorgb-19
ミニサイズのUSB端子。金メッキ処理されてます。

noppoorgb-20
ソフトウェアを導入しなくてもデフォルトでいくつかのLEDギミックは有ります。単色のみとかキーを押すと周辺のキーが別カラーに変化するとか…ソフトウェアを導入すればオリジナルのギミックも作成できるような気がします。

noppoorgb-21
動画じゃないと伝えにくいですね。興味のある人はYouTubeなどで動画を探してみてください。

noppoorgb-22
デモモードなんかもあります。タイプするのには邪魔だけど見てて楽しいですね。

noppoorgb-23
色んなパターンで楽しめますが、やはり自分でオリジナルなパターンを作るのが楽しいかな。

noppoorgb-24
ただLED非搭載版に比べてかなり価格設定が高めです。

noppoorgb-25
noppooRGB茶軸。

noppoorgb-26
ロゴは逆さまで画質も悪いけどnoppooの刻印が見えますね。

noppoorgb-27
ダブルショットじゃないのが残念です。まぁ透過仕様だからしかたないかな。

noppoorgb-28
品質は良さそうです。バリもありません。

noppoorgb-29
こちらは汎用タイプのソフトウェアです。UIは英語と中文切り替えができます。noppoo以外のメーカー製キーボードにも対応してるようです。

noppoorgb-30
ファームウェアの更新とかもできそうです。まぁいじるとすればカラー設定ですかね。

noppoorgb-32
1例ですが、カラー変更したいキーを選択してみます。緑色のキーが選択したキーであとは任意のカラーを選択すると反映されます。

noppoorgb-33
カラー選択画面はOS装備のものですね。

 

 

広告