i-rocks M09 Gaming Optical Mouse(New edition)

以前発売されてたi-rocksM09ですが、トップ面をラバーコーティングから軽い梨地処理に変えただけで中身は同じような感じの製品です。旧製品はライオンみたいなロゴが有りましたが新版?ではi-rocksの文字がLEDで透過するようになってます。

  • Interface: USB
  • Key numbers: 5buttons
  • Sensor resolution: 500/1000/1750dpi(Exchange Switch)
  • Report Rate: (Polling) 125/500/1000Hz(Exchange Switch)
  • Frames Per Second(FPS): 6600FPS
  • Rating: DC5V,100mA
  • Cable Length: 180cm
  • Weight: 132g
  • Dimension: 117(L)☓66.5(W)☓41.5(H)mm

m09w-01
パッケージは旧版よりおとなしめなデザインだけど表扉が変形タイプになってます。

m09w-02
裏面は英語と中文のみ。

m09w-03
側面に諸元の記載ですが、これも英語と中文のみ。グローバル向けでは無いようです。

m09w-04
中文の保証書とマニュアル。マニュアルも英語と中文表記。

m09w-05
ソフトウェアは無くて底面のスイッチ操作のみなので簡易な説明文。

m09w-06
旧版に比べてシンプルな見た目になってます。

m09w-07 m09 01
左が新版で右が旧版です。ロゴと表面処理以外は同じですね。ケーブルもビニールタイプです。

m09w-08
エントリーモデルのマウスですが剛性も工作精度もいい感じ。特にサイドパーツの剛性が高めです。

m09w-09
サイド面は軽い梨地処理ですが、ホールド感の良さも有って多少脂っぽい指先でも適度な保持感が有ります。トップ面も似たような感じ。

m09w-10
両サイドの形状が秀逸なのかな?とにかく持ちやすい。ラバーコーティングっぽい旧版より耐久性も有りそう。

m09w-11
センター部分のクリアなプラ地がマットな塗装処理だったら文句なしだった。

m09w-12
軽そうな雰囲気だけど135g位有ります、おそらく錘が内蔵されてるのでしょう。錘を外せばもう少し軽快な感じになりそう。

m09w-13
サイドボタンは大きめで操作しやすい。でもソフトウェアで制御できないのでゲームでは使えないですね。ブラウザ使用時の「進む」「戻る」機能だけです。サイドボタンのスイッチは価格からしてオムロンでは無いと思うけどうるさくもなく適度な反発です。

m09w-14
ホイールのノッチは硬めです。LEDもグリーン固定。

m09w-15
LEDの発光ギミックも有りません。こちらもグリーン固定。

m09w-16
特徴的な底面です。ポーリングレートとDPI変更用のスイッチが見えますね。

m09w-17
欲を言えば、DPI値を4か5段階くらいで切り替えられるようにして欲しかった。800とか1000DPIが個人的に多用する値です。

m09w-18
プラグは金メッキ処理。旧版はどうだったかな?

m09w-19
フェライト付きのビニールタイプのケーブルです。癖も控えめで取り回しが良いです。

 

 

 

広告