Thunder X3 TM40 Laser Gaming Mouse

最近紹介したThunder X3のレーザーマウスTM40です。Avago-9800センサー搭載ですが、ソフトウェア上で最大16,000DPIまで変更することができるようです。(実際こんな高DPI値で操作できるのか解りませんが…)TM50に比べるとTM40はシンメトリーな形状でサイドボタンもトップ面のDPI切り替えボタンも出っ張らないような高さになってます。洗練されたデザインのまうすと言えそうですね。

  • Sensor: Avago 9800 Laser Gaming Sensor
  • Resolution: 1000/3000/5000/16000 DPI
  • Processor: 32-bit
  • Game Type: FPS/MMORPG/MOBA/RTS
  • Polling Rate: 1000Hz/1ms
  • On-board Memory: 512KB
  • Material: ABS
  • Software: ThunderX3 System
  • Programmable Buttons: 6
  • Switching: OMRON Gaming Switch
  • profile LED Backlight: 16.8Million Colors
  • Frame Rate: 12000 FPS
  • Maximum Tracking Speed: 150 IPS
  • Maximum Acceleration: 30G
  • interface: Gold-plated USB Plug
  • Dimension: 128(L)☓70(W)☓35(H)mm
  • Cable Length: 1.8m Braided
  • Weight: 145g

tm40-01
TMシリーズは似たようなデザインのパッケージ。サイズも同じようです。

tm40-02
日本語の解説文も有るのでいつか国内でも発売されるのかも…でもマイナーメーカーの国内代理店っていつの間にか取扱が終わってるなんてことが多いような。

tm40-03
マニュアルは添付されてません。パッケージ内側の解説文だけですね。

tm40-04
予備のテフロンソール付き。3M製なので品質は良さげ。

tm40-05
ケーブルは太めのメッシュタイプでTMシリーズ共通なのかな?フェライトコアとマジックバンドも付属してます。

tm40-06
これも共通の形状なプラグ部。金メッキ処理されてます。

tm40-07
こんな感じで出っ張り要素が有りません。左右ボタン部と両サイド面は緩やかに窪んでるのでホールド感が良いです。重量は150g近いのでちょっと重いかな?お尻のあたりに錘が内蔵されてるような気がします。

tm40-08
この形状なら右サイドにもボタンを配置して両利き用マウスとして発売しても良かったかも。

tm40-09
ホイールに向かって内側に段差が付く造形が珍しい。

tm40-10
サイド面と底面が金属製に見えないこともないけど、ABS素材に塗装した感じです。サイド面もトップ面もサラサラしてますが意外に指先が滑らない。

tm40-11
右サイドは何もなし。6ボタンでシンプル。オンボードメモリーでプロファイル変更できるけどソフトウェア常駐させないとね。

tm40-12
曲線が美しい。このマウス見えない部分でも曲線を多用してます。先端とお尻の部分ですが若干空間があって綺麗にカーブしてます。

tm40-13
お尻横に隙間が有りますが、この中が空洞になってて1部クリアーなパーツが使用されてます。

tm40-14
サイドボタンは1mm程しか出っ張ってません。オムロン系のマイクロスイッチのような気がしますが確認できてません。

tm40-15
ホイールは標準サイズでコリコリしたノッチ感が有ります。DPI切り替えボタンはおそらくタクトスイッチ。

tm40-16
左右ボタンの端の段差がいい感じ。ただTM50に比べると少し剛性にかけるようなところも有ります。無骨なTM50に対してTM40はちょっと華奢な感じ。

tm40-17
前述したけど通常使用時には見えない部分の造形が見事。

tm40-18
お尻側の空間と曲線造形。

tm40-19
底面は曲線構成なので接地面積が少なめですね。お尻の部分はスカート状になってますが布系マウスパッドではスカートの縁がマウスパッドと当たるので多少摩擦音が出ます。

tm40-21
オリジナルデザインだと思うのですが…大陸系メーカーでは今のところ同一機種を見かけてません。

tm40-22ソフトウェアは専用の物が置いてありますが「ThunderX3 System」とあるので全機種共用でソフト側が判別するタイプかもしれません。

tm40-23
ちょっと暗めだけど洗練されたソフトウェアです。使い勝手は悪くないですね。(まぁレビューできるほど起動させて無いけど)

tm40-24
DPI設定。

tm40-25
見た感じTM50と変わらないUI。

tm40-26
最大で16000DPIまでスライダーを動かせます。

tm40-27
カラー設定など。

tm40-28
言語は3種類で中文2種と英語のみ。

 

広告