Cougar Revenger Gaming Mouse

PixArt PMW 3360を搭載したCougarのフラッグシップと思われるRevengerです。既存のCougar製マウスは固有の名称が数字だったけど台湾Cougar製品みたいに厨2っぽい名前が付いてます。他メーカーからもPixArt PMW 3360を搭載したマウスが発売されてますがSensei系のシンメトリーな形状ですね。個人的にはRevengerの方が好みです。

  • Product name: COUGAR Revenger Gaming Mouse
  • Sensor: PixArt PMW3360 Optical gaming sensor
  • Resolution: 100-12000 DPI
  • Game type: FPS / MMORPG / MOBA / RTS
  • Polling rate: 1000Hz / 1ms
  • On-board memory: 512KB
  • Software: COUGAR UIX™ System
  • Programmable buttons: 6
  • Switching: OMRON gaming switches
  • Profile LED backlight: 2 ZONE 16.8 million colors
  • Maximum tracking speed: 250 IPS
  • Maximum acceleration: 50 G
  • Interface: Golden-plated USB plug
  • Cable Length: 1.8m
  • Dimension: 135(L) X 70(W) X 45(H) mm  5.31(L) X 2.76(W) X 1.77(H) Inch
  • Weight: 110g (0.39 lb)

実測していませんが、諸元の重量値を信じるならマウス本体の大きさから考えると軽量な気がします。以前の製品では金属パーツだったケーブルマネージメント部やホイール周りのパーツがプラ製になってるので、少しでも軽くしようって考えがあったのかもね。

revenger-01
パッケージが小型化されてるようです。

revenger-02
多言語の解説文が記載されてます。国内代理店は「マイルストーン」さん。保証期間は2年ですね。

revenger-03
添付品はステッカーと多言語のマニュアル。マニュアルも小型化されてます…

revenger-04
マニュアルの文字はちっちゃいので読みにくい。

revenger-05
前回の記事で紹介したAscalonと同じくらいのサイズですが、Revengerの方が背が高いです。

revenger-06
「Trigger Button」が特徴的です。これは手前側に引く操作で機能します。表面処理もAscalonに似たような感じですがこちらはツルツルな感触です。USBプラグ部の画像を撮り忘れてしまいましたが金メッキ処理です。ケーブルは細身のビニールタイプでちょっと硬めです。

revenger-07
ホイールの横脇についてる鋭角なパーツとケーブル接続部のパーツがプラ製になってます。以前発売されてた700Mと同じようなパーツですが、あちらは金属製だったかな。

revenger-08
ホールド感はイイですね。でもトップ面はツルツルしてるのと両サイドのラバー素材の効果は疑問です。SteelseriesRivalとは逆で凹みタイプなんですが…はっきり言って滑ります。凸タイプの造形のほうが効果がありそうですね。

revenger-09
左サイドにはDPIインジケーターが付いてます。他社製に比べて3ステージしか表示できないんだど…なんでかな?もっと増やしてもよさげ。

revenger-10
大型のサイドボタンです。押下感はちょっと硬めです、左右メインボタンはオムロン系の軽やかな感触でした。

revenger-11
ケーブル接続部とインジケーター。インジケーターは高級感があります、画像では見えにくいけど他社製品とは一味違う作りのようです。マウス全体も工作精度は高めで剛性も十分有りそうです。

revenger-12
「Trigger Button」ですが…これは好き嫌いが分かれそうです。かなり強めのスイッチ?になってます。これをプレイ中に操作するのは難しいような気がします。まぁ誤爆することは無いと思いますが…

revenger-13
人差し指を鋭角に曲げないと操作できません。

revenger-14
LEDの発色とか品質はトップレベルと言えそうな出来栄え。チープな大陸系マウスでは真似出来ないですね。ソフトウェアを導入すればインジケーターとロゴ部をそれぞれカスタマイズできます。画像を撮れませんねしたがグラデーション効果がすごく綺麗です。

revenger-15
ソフトウェアはRevenger専用ではなく統合ソフトみたいなCougar UIXを使用します。キーボードやヘッドセットなんかをCougarで統一して使うのに便利なソフトウェアかな。

revenger-16
ラバーグリップとでも言うのかな…Rivalで使われてる素材を貼り付けてみたい。でもRivalのそれは滑り止め効果は好みな感触だけど劣化と摩耗も早いからなぁ…

revenger-17
底面です。かなり大きめのソールが付いてます。

revenger-18
LEDのグラデーションが綺麗で見とれてますww。

revenger-19
サイズの比較にならないようなマウスですがAscalonと並べて見ました。

revenger-20
性能的にはRevengerの方がかなり格上ですが…「常用するならどっち?」と聞かれたらAscalonを選んじゃいます。

revenger-21
ソフトウェアはサイト上に言語別に置いてあります。今回は日本語版をインストールしました。ファームも同梱されてるようで起動時になにやら更新窓が出てました。短い時間だったのでスクショは撮れませんでした。

revenger-22
よくできたソフトウェアですが…全項目試してません。同社製のキーボードなどを繋げれば左下の窓で選択して設定できるようです。

revenger-23
ボタン割付など右の窓に予め保存されてる物をドラッグして反映できるようです。

revenger-24
マクロエディターは試してませんが、これも手軽に反映できそうです。

revenger-25
右窓がマクロエディター。

revenger-26
カラー設定。

revenger-27
プロファイルはたくさん作れそうですね。

スキルが無いので最新センサーの使い心地などは書けそうにありません…御大r氏の検証記事を見たいですね。

 

 

 

 

 

広告