HORI EDGE 401 Gaming Mousepad-Soft Type

HORI EDGEシリーズのマウスパッドです。EDGE 401がソフトタイプで布系、EDGE 402がハードタイプでプラ系ですね。

  • Size: 340mm×280mm×3mm
  • Weight: 180g
  • Material: Polyester

同社製のマウスEDGE 101と同時購入でハード・ソフト共に少し使ってみましたが布系は特に他社製のマウスパッドとの相違点は感じられませんでした。ハード系はかなり凝った作りで色々感想はあるのですが改めて記事で紹介するつもりです。

個人的な感想ですが、まぁよくあるステッチ付のミドルサイズなマウスパッドと言ったところかな…EDGE 101との組み合わせで使うのが良さげです。(最近沈黙しておられる大御所の検証記事など期待してるのですが…)

edge401 01_compressed
パッケージはメタリックな銀色です、EDGEシリーズ共通のデザインですね。ちょっと細身なので本体を丸めて詰め込んだ感じです。これは開封時に浮きが出ちゃうので、なるべくゆったりしたサイズのパッケージにして欲しいですね。

edge401 02_compressed
EDGEシリーズは後継製品とかあるのだろうか?まさかこれで終わりとかないよねぇ?ヘッドセットとかマウス用の交換用テフロン系ソールとか発売して欲しい。

edge401 03_compressed
いかにも国産的な雰囲気があります。

edge401 04_compressed
同社のEDGEシリーズのカタログが丸めて入ってました。

edge401 05_compressed
ロゴが左上に有るだけのシンプルデザイン。ステッチの青がアクセントになってるかな。

edge401 06_compressed
特に汚れた手で触ったつもりは無いんだけど…なんか汚れが目立ちます。

edge401 07_compressed
こんな感じで開封直後は浮きが有ります。3mm厚でステッチ付のマウスパッドによくある症状でしょうか…

edge401 08_compressed
ステッチの終点部?仕上がりはもろに大陸製造ってのが解っちゃうかなぁ。この辺台湾製造の方が仕上がりが綺麗で丁寧かな。

edge401 09_compressed
控え目なロゴは実用性優先かな、熱転写みたいな感じです。

edge401 10_compressed
EDGE 101との組み合わせ画像が良かったんだけど…メインマウスのTyonで少しいじってみました。まぁよくある汎用系な操作感かな。やはりEDGE 101の金属製ソールで使うのが1番かな。EDGE 101との組み合わせでは滑らかで心地よい操作感だったっと思います。テフロン系では心持摩擦感が大きいかなぁ?

edge401 11_compressed
なにかしらコーティング処理とか熱処理が施されてるのか?私のスキルでは判別できません。

edge401 12_compressed
サイズの目安です。上にあるのは標準サイズのTKLキーボード。

edge401 13_compressed
パチモンGoliathusと並べてみました。色合いは異なるけど生地表面の形状は似てるかな。

edge401 14_compressed
ステッチの比較。パチモンの方がやや幅広。

edge401 15_compressed
底面の天然ゴム、よくあるパターンですね。ステッチの厚みで底面が机に密着しないのもあるけどEDGE 401問題なし。

edge401 16_compressed
ステッチにソールがぶつかることも無いようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告