Cyber Snipa Mouse Matt – Eye

もう在庫のみになってしまったようなCyber Snipa製品ですがセール価格で販売してるショップの広告を見て存在を思い出したので自宅の収納を探してみました。以前日本向けのCyber Snipa Mouse Matt Black JP modelを記事にしたこともありましたがオリジナルっぽい柄物のEye版が出てきました。たしかこの他にもう1枚柄物のSnipa版と言うのも出てたかな?

  • サイズ: 380☓295☓4mm
  • マテリアル: マイクロファイバー

cybersnipamat 01
コーティングされたようなパッケージで綺麗だけど少し日焼けしてるかな?

cybersnipamat 02
この手の柄物は売れなかったのでわざわざ無地のJP版も発売したのかな?個人的には柄物のほうが好き。よく見ると「台湾製」です、これは意外にレア物。台湾製は大陸製より安心感がありますね。

cybersnipamat 03
オーストラリアのメーカーなんだけど何故か般若心経が書いてあるんだけどww。

cybersnipamat 04
国内代理店だったダイヤテックさんの製品シール付き。

cybersnipamat 05
目の中に完全装備の兵士というイラスト。サイズ的にはミドルサイズですね。

cybersnipamat 06
味気ないJP版よりこっちのが好き。

cybersnipamat 07
JP版との相違点は柄の有無とこのロゴですね。JP版はロゴが熱転写みたいなビニール系のロゴですがEye版は印刷されてます。

cybersnipamat 08
大陸系とは一味異なる感じの柄です。

cybersnipamat 09
4mm厚ですが巻癖や浮きは控えめ。すぐに平坦になるでしょう。この頃の製品ではステッチ付きはあまり無かったかな。

cybersnipamat 10
「Opti-Fibre Coat」なるコーティング処理でマウスの高速動作時に精密なトラッキングとストッピングを可能にするマウスパッドだそうです。確かに他の有名メーカー製品に比べて大きくて値段も低めでコストパフォーマンスは良さ気です。

今ならワンコインで買えるんじゃないかなぁ。

cybersnipamat 11
よく滑ります。厚みもあるのでクッション性が良い感じ。

cybersnipamat 12
ラバーの劣化も見た感じ解りません。さすが台湾製ww

 

 

 

 

 

広告