Rantopad MXX Gaming Mechanical Keyboard White Version

以前紹介したこともあるRantopad MXX TKLキーボードですが、限定っぽい感じのWhite版を入手しました。筐体がクリアな白塗装でキーキャップも白色仕上げです。Gateron製スイッチは共通ですね。最近MXXのチェリー軸仕様が発売されたのでそちらも入手したいです。

mxxwhite 01
パッケージも共通です。チェリー軸版はパッケージデザインが新調?されてて黒色系のデザインになってるようです。

mxxwhite 02
中文主体の解説文が記載されてます。

mxxwhite 03
マニュアルとかカタログなんかが入ってます。

mxxwhite 04
オリジナルデザインの引き抜き工具付きです。

mxxwhite 05
「Fnキー」との組み合わせの機能とかが書いてあります。マルチメディア系の操作は豊富ですね。LEDのギミックは控えめです。

mxxwhite 06
あまり使う気になれない引き抜き工具。

mxxwhite 07
こんな感じで使いますが…

mxxwhite 08
正直イラネ。

mxxwhite 09
ケーブルは太めのメッシュタイプ。着脱式でプラグ部が両端とも通常サイズの大きさ。

mxxwhite 10
通常キーボード側に接続するプラグはminiタイプが多いけどこれは珍しですね。

mxxwhite 11
ロゴ入りのマジックバンド。

mxxwhite 12
サイズ的にはよくあるTKLです。この画像では見えないけど両サイドが傾斜してるのが特徴です。

mxxwhite 13
サイド面が見えますね、金属のプレートがうめこまれてるのがかっこいい。

mxxwhite 14
筐体は少しクリームっぽい白かな?もしかしたらラメっぽいのが混じってる塗装かもしれません。光の反射でキラキラするときがある。

mxxwhite 15
背面です。着脱式のケーブルなのでケーブル排出は中央のみ。

mxxwhite 16
個人的にはこの傾斜部の造形がお気に入りです。

mxxwhite 17
正面から見たところ。軸はフロートタイプになってます。

mxxwhite 18
LEDは単色です。ターコイスっぽい青で清涼感満点ww。

mxxwhite 19
発光ギミックは押したキーの周りのキーが滅灯とか「WASD」のみ点灯だけかな?もっと有ったような気もするけどファーム更新でおかしくなったのか?輝度は4段階くらいで調節できます。最大輝度だとキーボード筐体がターコイス色に染まってかなり綺麗。

mxxwhite 20
「Fn」+「L」の組み合わせでMXXのロゴが呼吸タイプの発光になります。

mxxwhite 21
控えめなインジケータのLED。

  1. 「C」=CapsLock
  2. 「S」=ScrollLock
  3. 「G」=WinKey無効

mxxwhite 22
ちょっと暗くしてみました。

mxxwhite 23
筐体の塗装は2重かなぁ?白の上にクリア層を重ね塗りしてるような感じです。

mxxwhite 24
エッジ部の造形。

mxxwhite 25
底面は中空仕様?背面は少し空間があるような作りになってます。これでだいぶ肉抜きされてるのか軽量です。

mxxwhite 26
底面です。両端が大型のチルトスタンドの役割になってるのかな?高さの調節ができないのは残念かも。

mxxwhite 27
大きめのゴム製滑り止め。

mxxwhite 28
製品シールとケーブル接続部。しっかり作られてますね。

mxxwhite 29
ロック機能とかはなくて単純に差し込むだけ。

mxxwhite 30
Gateron茶軸です。

mxxwhite 31
チェリー軸版も発売とのことなのでもしかしたらRGB版とか出るのかも?

mxxwhite 32
キーキャップはちょっと残念な作り。白の吹き付け塗装ですが塗りムラがあるかなぁ。

mxxwhite 33
まぁダブルショットの交換用キーキャップをたくさん所持してるので交換するのもいいかもね。

広告