Reicat RM3 EOLE Optical Gaming Mouse

以前紹介したことのあるReicat RM3のミニサイズ版とも言えそうなRM3 EOLEです。RM3との違いですが、まず交換可能なトップ面がRM3では金属製です。中身は殆ど変わらないようですがサイズもRM3の方が大きいですね。当然金属パーツの面積が多いRM3の方が重量も上です。

  • Chip: Avago 3050 optical sensor
  • DPI: 500/1000/1500/2000
  • Weight: 103g(RM3) 88g(RM3mini)
  • Foot Patch: Teflon
  • Switch: Omron

パッケージの記載文を見るとRM3RM3miniと2機種存在するようですが、なんか混乱してきました…以前発売していたRM3とは別系統の製品なのかなぁ?私なりに整理してみると…

  1. RM3: トップ面が金属製でスイッチはHuano製
  2. RM3 mini: 上記製品の小型版
  3. RM3 EOLE: 今回紹介するマウスでオムロンスイッチ搭載
  4. RM3 EOLE mini: 上記製品の小型版?

要約するとこんな感じですが確証はありません。1.2.については入手は困難でしょう。元々公式ラインアップにも存在してないしなぁ…

rm3 01
硬めの紙ベースパッケージです、なかなか高級感がありますね。ちなみに初代?RM3はプラスチック製のパッケージでした。

rm3 02
トップ面を交換できるのが売りの製品なのかな?今回入手したものにはグリーンとブルーの交換用パーツが付属してました。

ラインアップ的には「黒」「白」「オレンジ」の3種類でそれぞれグリーンとブルーの交換用パーツが付属するようです。

あとサイド面も交換可能です。予備パーツが付属してます。

rm3 03
こんな感じで3種類のカラーバリエーション。

rm3 04
パッケージの作りでは有名メーカー品に負けていないクオリティーですかね。

rm3 05
添付品の交換用パーツ群。それぞれ小箱に格納されてます。

rm3 06
グローバルな販売をしてるくせにマニュアルが中文のみなのが不思議。

rm3 07
気分に合わせて交換…それにしても最近の国内アマゾンは便利になったものだ...Reicatmotospeed製品が簡単に注文できるようになるとは思わなかった。

rm3 08
サイド面の交換用パーツ。特に材質に変化とか表面のパターンが異なるとかではないようです。

rm3 09
フェライトコア付のちょっと太目なビニールケーブル。

rm3 10
刻印入りで金メッキ処理のプラグ。

rm3 11
右利き用ですね、シンメトリーな形状でsteelseriesっぽいデザインです。

rm3 12
LEDがいろんなとこで光ってます。性能的にはバリュー向けな感じですがネットで見かけた分解記事など見ると基盤とかパーツ類はそこそこ上質で工作精度は良さげ。

rm3 13
サイド面はボタン2つ。トップのボタンはDPI切り替え用でホイールは金属製です。

rm3 14
LEDは勝手に変化します。元祖RM3にはソフトウエアがあったのですが、これにも適用できるかもしれないですね。

rm3 15
低目のシルエットでsteelseries系のマウスが好きな人には合うかもしれません。

rm3 16
ラバーコーティング処理は一切ありません。サイド面もトップ面も薄目の梨地処理かな。

rm3 17
オムロンスイッチ搭載との事ですが確認できてません。サイドボタンの押下感はオムロンっぽい感触で左右メインボタンはなんとなくTTC系のような感触があります。(個人の感覚です)

rm3 18
DPI切り替えボタンは操作しにくいですね。まぁ誤爆防止には良いけど。ホイールは金属製なのでそれなりに重厚感がある操作性。個人的には気に入ってます。

rm3 19
センターライン風のパーツですが、この下にネジが有りトップ面交換時に外す必要があります。

rm3 20
ソールはテフロン製で台座に張り付いてる感じ。このおかげで交換可能になってますが予備のソールが付属していないのが残念かなぁ。ちなみに4個のソールの下にネジが有ります。今回分解はしていません。基盤の画像とか掲載したかったけど最近腱鞘炎気味で細かい作業が辛いです。しばらく手を休めないとなぁ…

rm3 21
LEDがイイ感じで発光してますね。ケーブル接続部は標準的な作り。この画像で解ると思いますがケーブルが太目です。でも巻癖は少な目で取り回しは良好です。

rm3 22
折角なのでトップ面を交換してみます。

rm3 23
センターライン風パーツです。2つのネジで固定されてますね。

rm3 24
細身の+ドライバーで外します。太目だと本体側の溝が削れちゃうので注意!(とか言っておきながらマルチツールの-ドライバーを使ってますww)

rm3 25
トップ面を外したところ。

rm3 26
肉厚なパーツでLEDも上質そうな光り方です。

rm3 27
参考までに…交換可能なソール。

rm3 28
トップ面の交換時にソールを外す必要はありませんよ。

rm3 29
こんなところに製造年シール。確か元祖RM3も同じ位置にシールが貼ってあったような…

rm3 30
グリーンと言うかエメラルドグリーンかな。

rm3 31
サイドパーツも交換できるんだけど…指が痛いので今回はこの辺で…

 

 

 

 

 

 

広告