steelseries steelpad 4D

steelseries 4D Pro Gaming Mousepadの前身と言えるのかな?steelpad 4Dです。パッケージとロゴが違うのですが中身は同じようですね…もっとも現行品の4Dを持ってないので何とも言えませんが…現行品も終息してるのかなぁ?

一応新品扱いですが倉庫かなんかに眠ってたようで幾つかのショップ間で行き来してたような品なのでパッケージはかなり傷んでます。パッド本体は未使用品なんですけどね。どっかの有名チームのサイン入りとのことで展示品だったのかもしれません。

4d 01
この製品が発売されてた頃はデバイス厨でもなかったので詳しいことはよく知りません、同時期発売のQckでもパッケージ違いなんかもあるようなのでロットでデザインも変わるような製品だったのかなぁ?

4d 02
このロゴマークのためだけに入手したようなもんですww。S&Sの旧ロゴバージョンでIntelとのコラボ製品?的なものも入手できそうだったのですが値段も高かったので諦めました。

4d 03
現在のsteelseries製品のパッケージとはかなり印象が異なりますね。解説文などは英語のみです。

4d 04
添付品はこれだけ。簡単な説明文ですね。

4d 05
両面タイプなので滑り止め用のメッシュシート?みたいのが付いてます。これがないと滑って使い物になりません。

4d 06
素材は良く解らないけど粘着質な突起の有るラバーマット?経年劣化などは無いようです。S&Sの消しゴムのカスみたいな滑り止めよりはこっちの方が良いかなぁ。

4d 07
円形の突起が均等に配置されてます。

  • 2-side surface – all in one
  • Super non-slip base
  • Provides perfection in accuracy and precision
  • Compatible with all mice
  • Dimensions: 290×267×2.5mm

スモールサイズですね。

4d 08
かなり柔らかい素材、滑り止め効果は文句なしですね。適度なクッション効果も有ります。

4d 09
こんな感じで上に乗せるだけ。

4d 10
パッドと同じサイズなのでパッドを乗せると見えないです。それにしてもパッドの形状が面白い、この形状はQpadの専売かと思ってました。

4d 11
エッジ部は綺麗に成形されてるので手首とかに影響は無いと思うけど手前部分がへこんでるのは手首の保護とかも考慮してのデザインなんだろうなぁ。

4d 12
エッジ部分です。ちょっとぼけた画像ですが滑り止めとパッドを重ねるとこんな感じです。

4d 13
パッド側のエッジ部ですが角を少し落として有るようです。指でなぞってもバリや突起は有りません。

4d 14
両面仕様なのでプレイスタイルに合わせて使えますね。

4d 15
プラ製パッドなのでS&Sと同じような操作感かと思っていたのですが…個人的な感想ですが滑らないです。表面処理はコントロールタイプ?が光沢感のある表面処理でスピード向けは軽い梨地仕上げでいいのかなぁ?使うマウスのソールでも変わってくると思いますが光沢感のある側は本当に滑らない…まぁ自分的には使いやすいと思ってますが…

4d 16
照明の当たり方で鏡面のように見えたりします。

4d 17
こんな感じ。見た感じでは滑りまくるような気もしますよね?

4d 18
こちらがスピード向けの梨地仕上げ面です。大きくサインが入ってます、2005年とあるので10年以上経ってるのかぁ。このサインですが直接書いたものなのか印刷?処理なのか良く解りません。

4d 19
こっちの面はいかにもプラ製パッドって言う操作感かなぁ。

4d 21
S&Sに比べると若干滑りが落ちるかな?

4d 22
反りや歪みも有りません。

使用時間も短いしゲームで使ったわけでもないので参考になるような文章は書けませんでしたがコントロール向けのプラパッドと考えると良い製品なのかもしれません。

 

 

広告