G.SKILL Ripjaws MX780 Gaming Mouse

発売直後には購入していたG.SKILL Ripjawsシリーズのマウスです。ヘッドセットもキーボードも有るんだけどとりあえずMX780マウスから簡単に紹介してみます。

  • Sensor Type: Avago Laser Sensor
  • Micro Switch: Omron
  • DPI: 100-8200
  • Polling Rate: 125Hz/250Hz/500Hz/1000Hz
  • Mouse Backlighting: 4-Zone RGB
  • On-Board Profile: 5
  • Programmable Keys: 8
  • On-Board Memory: 512KB
  • Braided USB Cable: 1.8m
  • Mouse Adapter: USB
  • Mouse Feet: PTFE Glide Pads
  • Weight System: 4.5g Weights (x2)
  • Weight (mouse only): 111g
  • Weight (w/ weights): 120g
  • Dimensions: 130mm x 70mm x 38mm (5.12in x 2.76in x 1.50in)
  • Dimensions: (w/ large side grips)     130mm x 93mm x 38mm (5.12in x 3.66in x 1.50in)
  • Warranty: 2-Year Limited Warranty

個人的な感想では「デザイン良し」「質感良し」なマウスです、メモリー専門メーカーならではのオリジナリティを感じさせるマウスですが…正直ホールド感はよろしくない、可変ギミックでシンメトリーな形状かつ軽量化の工夫でこんな形になってしまったと思うのですが、でも逆に考えるとこれらの特性をくまなく詰め込んだマウスとも言えそうです。

mx780 01
パッケージはよくある紙ベースの片開きタイプ。ちょっと紙質が薄いかな。

mx780 02
一応多言語での解説文が記載されてます、日本語も有りますがソフトウェアは日本語非対応です。

mx780 03
保証書とマニュアル。日本語の解説も有りますがちょっと変な訳文でした。公式サイトにPDFのマニュアルも置いてあります。

mx780 04
添付品として可変用のパーツが付属してます。スカート付きのサイドパーツに錘、高さ調整用のアジャストメントツール。サイドパーツの正式名称は「Side Grip Wings 」となってます。

mx780 05
基本シンメトリーな形状ですがサイドパーツの組み合わせで左右利き腕用にカスタマイズできます。上の画像では自分用に右利き向けのセッティングにしてあります。

mx780 06
Mad Catzのマウスがライバルになりそうな雰囲気かなぁ。剛性、質感、仕上がりなどはトップレベルと言えそう(個人的な感想です)

mx780 07
Zowie系のマウスに比べたら対極にあるようなマウスかなw。LEDなどは個別にカラーの設定ができます。

mx780 08
両サイドにスカート付きのサイドパーツを取り付けてみましたがホールド感がかなり悪くなります、利き腕に合わせて親指が有る方にスカート付きパーツを取り付けるのが良さそうですね。

mx780 09
もうデザインだけで購入しちゃいましたww。

mx780 10
お尻のパーツも可変タイプで底面のネジ?で高さを変更できます。実際高くすることでホールド感が良くなります。個人的には掌の中央部あたりにトップ面が当たる形状が好みです。低いと手首が疲れちゃうんだよね…

mx780 11
気になったのは表面処理かなぁ、ラバーコーティングされてるようで経年劣化が心配です。

mx780 12
この辺の中空構造のおかげで重量が抑えられてるのかな?可変マウスで111gなら軽い方じゃないかなぁ?

mx780 13
DPI切り替えボタンもオムロン風な感触。ホイール軸はしっかり固定してある感じ。

mx780 14
サイドボタンは少し遊びがある押下感、柔らかい感じでスイッチを叩くまでにちょっとだけ時間がロスしそうなんだけど$10マウスのそれとはまたちがった感じ。

mx780 15
ケーブル接続部は面白い造形です、デザインと実用性兼ね合わせてるような出来栄え。

mx780 16
トップ中央部のLEDですが4つのゾーンに分かれてます。ソフトウェアで個別にカラーが設定できます。

mx780 17
綺麗な発光です。呼吸タイプのギミックとかも有るようです。

mx780 18
底面は金属製です。センサーはAvago 9800かな、自社仕様にカスタマイズされてるのかも。

mx780 19
下の方に高さ調整用のネジ穴が有ります。

mx780 20
サイドパーツは磁石で固定するタイプ。

mx780 21
スカート付きとスカート無しの2タイプ。

mx780 22
スカート無しで高さを最小位置にすると今メインで使ってるEpicGearZORAに近いホールド感になるかな。

mx780 23
両サイドをスカート無しにしてみました。正直持ちにくい…

mx780 24
高さ調整はこんな感じで専用のツールで行います。

mx780 25
最小位置。

mx780 26
最高位置。若干縦方向にも伸びるようです。

mx780 27
面積は狭いですね。

mx780 28
マニュアルに記載が無かったので少し悩みましたが、錘の装着位置です。左右にはめ込むことができますね。

mx780 30
ケーブルはメッシュタイプで柔らかめ。フェライトコアは付いてません。プラグ部は金メッキ処理です。

mx780 31
ソフトウェアを導入すると初回移動時にファーム更新らしき挙動がありました。しばらくLEDが点滅してその間は操作不可でした。

mx780 29
ファーム更新?のあとLEDが変化しました。更新前は4つとも同じカラーでしたが更新後はそれぞれカラーが異なります。カラー設定あたりのバグ対策でもあったのかなぁ?

mx780 32
このソフトウェアはG.SKILL Ripjawsシリーズのデバイス共通仕様のように思えます。機会が有ればマウス、ヘッドセット、キーボード全部そろえて起動してみますww。

mx780 33
細かい設定があらかじめ割り振られてるようです、プロファイルも保存できるのでゲーム毎に色々いじれるかな。

mx780 34
かなり大き目のウインドウです。

mx780 35
LEDの設定。

mx780 36
マクロエディター。

mx780 37
RGB仕様ですね。

mx780 38
言語設定。残念ながら日本語は有りません。

 

 

 

広告