Data911 Mds2000 Mobile Data System Keyboard

Deck KeyboardsTG3 Electronicsのどっちかがオリジナルだと思われるData911 Mds2000 Mobile Data System Keyboardです。中古でお手頃価格なので購入してみました。

mds2000 01
エッジ部はかなり傷ついてシボが取れちゃってます。この製品本来は自動車搭載パソコンかなんかで使われてたようです。

mds2000 02
分解して清掃。基盤の画像を撮り忘れましたが2002年製だったかな…

mds2000 03
幾つかのLEDが弱くなってるけど全点灯します。

mds2000 04
キーキャップは独特なダブルショット、これだけでも価値が有りそう。

mds2000 05
機種によってはこの上に防水層となるようなラバーシートが付いてるようです。

mds2000 06
綿棒で汚れを落とします。

mds2000 07
まぁ綺麗になったかな…

mds2000 08
ABS製なのかな?とんでもなく剛性の有る筐体ですが表面が少し白化してます。塗装するか?磨くか?悩みます。

mds2000 09
とりあえず分解して埃を除去してキーキャップも洗浄してみました。

mds2000 10
撮影画像だと綺麗に見えますが、見る角度で色々気になる部分が有る…

mds2000 11
所々LEDが薄いキーが有りますね。

mds2000 13
エッジ部の傷は落としきれませんでした。

mds2000 14
タッチパッドと左右のボタンも問題なく動作してます。

mds2000 15
憶測ですが立作業で操作するような環境に最適化されたようなキーボードのようです。胡坐をかいて座卓で操作することが多い私には使いにくかなww。

mds2000 16
ただ今まで使用したチェリー黒軸とは明らかに異なる打鍵感、筐体の剛性からなのか安定感のある押し心地がかなり好み。

mds2000 17
ダブルショットの作りも厚みが有るので劣化したLEDが透過しにくくなってるようです。

mds2000 18
「Capsキー」にはグリーンのLEDが付いてます。「~キー」の位置が独特ですが日本語切り替えで「Alt」+「~」の組み合わせを考えると意外に便利な位置かな?

mds2000 19
よくある吹き付け塗装+透過タイプのキーキャップと交換してみます。

mds2000 20
交換したのは「A」ですがオリジナルのキー群より鮮やかに見えます。

mds2000 21
キーがステップスカルプチャーになってないのが残念。

mds2000 22
ケーブルは左右のどちらかから出すことができます。でも底面のネジを全部外すのでめんどくさいかな。

mds2000 23
排出用の穴。

mds2000 24
ケーブルは頑丈なのかな?途中がスパイラルになってるのでやはり卓上での操作ではなく携帯しての操作用キーボードなのかな?

mds2000 26
チェリー黒軸です。

mds2000 27
アップ画像。

mds2000 28
シールを張り付けたようなキートップですが、2つのパーツを合体させてるようです。

mds2000 29
裏側はこんな感じ。

mds2000 30
滑り止めのゴムは無いです。なにかしら固定するようなネジ穴が有ります。車両内のどこかに固定されていたのでしょうか?

mds2000 32
Made in USA.

mds2000 33
インターフェースはPS2ですが変換アダプターでUSB仕様にしました。Win10パソコンで問題なく動作します。

mds2000 34
USB仕様のロットも有るようです。

mds2000 35
シールの跡です。金属製の銘板風なものが張り付いていましたが1部破損してるし錆も浮いてたので剥がしました。

mds2000 36
クリーニング作業だけでは見栄えが悪いし白化も何とかしたかったので、最終的にガラスコーティングにしました。右側がコーティングしたキーキャップです。

mds2000 37
コーティング前の画像です。

mds2000 38
はっきりと差が出ますね。

mds2000 39
右半分はコーティング済み。

mds2000 41
この後パームレストもコーティングします。

mds2000 42
完成!

mds2000 43
なんか寂しいのでステッカーを貼り付けます。

mds2000 45
色々用意したけどどれも大きすぎ。

mds2000 44
何とか使えそうなのはこれかなぁ。

mds2000 46
UMBRELLAキーボードになりましたww。

mds2000 47
ちょっと高いけどパームレスト無し版の新品が欲しくなりました。

 

広告