MS IntelliMouse Explorer 3.0

今でも人気の有るIE3.0を中古ショップで入手したので再塗装とマイクロスイッチの交換などしてみました。

作業内容はと言うと…

  1. 清掃
  2. ラバーコーティングと塗装の除去
  3. マイクロスイッチとケーブル交換
  4. ガワの再塗装
  5. 仕上げ

塗装や半田処理など素人作業なのでつっこみはご容赦を…

ie3re 01
近所のハードオフで捕獲しました。シリアルナンバーなど消えてしまってます、内部の基盤を見てもいつのころのロットなのか私には解りません。

とりあえず通電させたところ問題なく動作しました。

ie3re 05
オリジナルはラバーコーティングにシルバーの塗装だったと思うのですが、塗装は殆ど剥がれてますね。

ie3re 02
サイド面とホイール周りのラバーコーティングがかなり劣化していたので除去作業を行います。(作業しながら画像を撮るのも大変で時系列的におかしなところがあるかもしれません)

ie3re 03
最近購入した外車の内装パーツのラバー落とし剤?中々優れものですが完全に劣化してベトベトのラバーじゃないと効果は半減してしまうようです(劣化の少ないラバーにはあまり効果を感じられませんでした)

製品名は「N: Remover」で2,000円位です。

ie3re 04
N: Remover」塗布して数分放置した後布切れなどで擦ります。ティッシュなどはカスが出るので布系が良いですね。

ie3re 06
左右ボタンのパーツはシルバー塗装がかなり残ってます、グレー系で再塗装時に影響が出るのでなるべく落とした方がいいかなぁ。ホイール周りの土手部分のラバーコーティング除去が難しい…

ie3re 07
これから数時間ラバーと塗装落としの作業…

ie3re 08
底面ですがシリアルナンバーが掠れて見えません。ラバーと塗装落としのために分解することにしました。

ie3re 09
ネジ穴は4ヵ所、ソールは再利用しないで汎用品を使います。

ie3re 10
MS製なので工作精度と剛性は高めですね、でもサイドボタンはかなりへたってる。

ie3re 11
マイクロスイッチはオムロン製。基板上の文字を見ても何のことやらさっぱり解りませぬ。

ie3re 12
全部で4つのパーツで構成されてるようです。

ie3re 13
値札を取るのも一苦労…埃もこびりついててかび臭いです。

ie3re 14
まずは無水エタノールで消毒。溝部分も綿棒などで丁寧に…

ie3re 15
基盤側のパーツも取り外します。オリジナルのケーブルはビニールタイプで無水エタノールで綺麗になりましたが深圳系メーカーの汎用メッシュケーブルと交換します。

ie3re 16
交換用のケーブルとマイクロスイッチ。マイクロスイッチは左右とも松下製を使う予定でしたが、松下Zippyを使うことにしました。

ie3re 17
フラットケーブルは半田処理だったので外しませんでした。外した方がマイクロスイッチ交換はやりやすいかも。

ie3re 18
パラレルに作業してます。トップ面のパーツは線傷が多いのでかなり研磨が必要ですね、パテなどで埋めちゃうのもいいのかもしれませんが私にはそこまでの技量がありません、なので研磨と塗装でごまかします。

ie3re 19
ラバーと塗装は落ちてきましたが下地の塗装とかが残ってるのでいつものごとく無水エタノールを使います。

ie3re 20
ラバーコーティングは完全に除去できました。一度仮組して塗装処理を考えます。

ie3re 21
サイド面はガンメタル系、トップ面はポリッシュドメタルで仕上げることにしました。

ie3re 22
左右ボタンのシルバー塗装を落とさないとグレー系の塗装でにじみが出てしまいそうなので磨きます。

ie3re 30
磨くのは左右ボタンパーツとトップ面。所々シルバー塗装が残ってます。

ie3re 31
その手のプロの人はもっと良い方法で作業するのかもしれませんが…私はスクラッチ除去を兼ねてドイツ製の傷修復剤?Quixxを使います。「スクラッチリムーバー」と言われる製品ですね。

ie3re 32
新品時の塗装は落とせないかもしれないけど、劣化した表面なら落とせそうです。

ie3re 33
Quixxです。

ie3re 34
良い感じで剥がれていきます。

この後はひたすらつまらなく疲れる作業なので、画像は無し…最終的に下地のみになります。

ie3re 23
場面が飛んでしまいましたがマイクロスイッチの交換作業です。

ie3re 24
MS製なので半田の工作精度は良さげで簡単に取り外せました。オリジナルはオムロンD2FC-F-7F(MS)です。

ie3re 25
左が交換用の松下Zippyのマイクロスイッチ。右は取り外したオムロンスイッチ。

ie3re 26
こんな感じで左ボタンはZippyで右ボタンは松下にしました。

ie3re 35
またまた場面が飛びますが…これは左右ボタンパーツの塗装画面。このパーツには下地処理として
サーフェス剤を塗布してあります。

ie3re 36
記憶も飛んできました…これはおそらく研磨後の画像でこれからポリッシュドメタルの塗装に入る前かなぁ?

ie3re 37
塗装中。これらの作業は数週間かけて行ってます。塗装も重ね塗りのために期間を開けてます。

ie3re 38
何回目の塗装か覚えてません。

ie3re 39
この画像では綺麗に仕上がってますが、途中でゴミが右ボタン側に乗っかり、それを取り除くために凹みができてしまいました…

ie3re 40
サイド面はガンメタル系塗装。

参考までに使用した塗料の製品名を書いておきます。

  • トップ面=Holts H-64 ホンダ車用ポリッシュドメタルM
  • サイド面=CAROM SHOT 「THE BLACK STEEL」
  • 左右ボタン部には下塗りで=TAMIYA SURFACE PRIMER(L)
  • トップ面の仕上げと保護で=Holts クリアペイント

ie3re 41
何度か重ね塗りをして2日ほど放置しました。

ie3re 42
塗装はこれで終わりです。Holts H-64 ホンダ車用ポリッシュドメタルMは良い感じで仕上がりますね、軽い梨地風に仕上がり適度なザラつきが有ります。

ie3re 43
こちらも適度なザラつき。

ie3re 44
サイドは艶消しです。磨くと艶あり仕様になるそうですがこのままにしておきます。

ie3re 45
マイクロスイッチとケーブルを交換済みの本体と合体!

ie3re 46
サイドボタンとホイールも加工したかったなぁ。

ie3re 47
組み立て方を忘れてたので時間がかかりましたww。

ie3re 48
オリジナルのソールは破棄したのでAirpad Soleを使います。

ie3re 49
ちょっと小さいけど厚みが有るのが良いね。

ie3re 50
製品シールはちょっと汚い見た目…実は大陸業者でこれらのシール販売してるところがありますww。機会がれば購入して貼りなおすかなww。

ie3re 51
完成です!

ie3re 52
左右で押下感が異なるのが良い感じ。左ボタンはやや硬めで右ボタンはオムロンより若干柔らかい感覚かなぁ?

ie3re 53
左右ボタンパーツはSURFACE PRIMERを使ったのでトップ面と少し色合いが異なるかなぁ。塗装に詳しくないけど下地処理で色合いが変わるのが解りました。

ie3re 54

本来ならLEDの上あたりにMSのロゴがあったはず。寂しいので後でシールを張り付けます。

ie3re 55
右サイド。サイドボタンも塗装すればよかったかな…グレー系のスプレー塗料買っておこう。

ie3re 56
明るい配色にしたい気もする。

ie3re 57
まぁ素人にしては良い出来栄えと自画自賛。

ie3re 58
サイドボタンの下の方だけど…ちょっと色が付いちゃった。

ie3re 59
接合部も綺麗に仕上がりました。

ie3re 60
微妙に色合いが異なるのが解りますか?

ie3re 61
ケーブルは交換して正解!大陸ショップだと国内の3分の1くらいの価格で良質なものが手に入ります。柔らかくて取り回しが良い!

ie3re 62
大陸ショップに貰ったメタル製ステッカーを貼り付けます。初音ミクにしたかったけど曲面でどんな影響が有るのか解らないのでこのアンブレラステッカーにしてみました。

ie3re 64
こんな感じ。

ie3re 65
小さいシールというかステッカー?だけど工作精度は高めで良い製品です。

ie3re 66
光の反射で見た目が変わりますが現物はシルバーです。

ie3re 67
まぁ良いアクセントになりました。

ie3re 69
疲れたし時間もかかったけど完成品を見るとやって良かったと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

広告