Armaggeddon Kalashinikov AK-700 Gaming Keyboard

最近メンブレンキーボードを紹介してなかったので…シンガポールのメーカーArmaggeddonのバリュータイプなメンブレンキーボードAK-700です。ガワに関して、デザイン的にはOEM品でいろんなメーカーで使われてるキーボードです。上位版はキーがLEDで発光したりしますね。まぁ価格も$20程度なので特筆するところも無いんだけど…

  • Back-light Logo with pulsating & 3 color options
  • 6 available function buttons on keyboard
  • High-profile, ultra-durable and silent keys
  • Lifespan up to 100 million keystrokes
  • Anti-ghost gaming clusters(WASD and Arrow keys)

AK700 01
今までスクエアで画像撮影をしてたので全体像が収まりきらなかった…今後キーボードなんかは横長サイズで撮影して掲載することにしました。ほんとは画像の解像度をもっと上げたいんだけど、圧縮しないとブログの容量があっという間になくなってしまいます。そろそろWordpressから引っ越しするかレンタルサーバー使わないとなぁ…

余計な前置きになりましたがパッケージです。このメーカーのパッケージってなんか新品って感じじゃなく所々汚れたりつぶれたりしてるんだよなぁ…

AK700 02
各国語での解説文が記載されてます。このメーカーの製品は何故か各国の兵器とかの名前が使われてます。マウスだと航空機系でキーボードは銃器系ですね。

AK700 03
添付品はショートカットキーの説明が書いてある解説書?のみ。保証書は製品シールに記載するタイプで2年有効かな。

AK700 04
「Fnキー」との組み合わせ機能のマニュアル。キーボード左端にも押しにくい形状のボタンが幾つか有ります。最初飾りかと思ってたけど単独機能のキー群になってました。

AK700 05
変形タイプでパームレストと一体型です。

AK700 06
上位機種のAK-770iだとキーの文字も発光しますが、このキーボードはパームレストのロゴが点灯するだけ…カラーは3種類から選べます。

AK700 07
まぁ飾りですね。パームレストは梨地処理で適度な傾斜が有るので打鍵が楽かな。

AK700 08
LEDオフ。

AK700 09
その他のカラーとしてオレンジ色。

AK700 10
黄色。これはArmaggeddonメーカーカラーかな。

AK700 11
キーはメンブレン標準的な感じ。一応サイレント仕様とかパッケージに書いてありました。

AK700 12
単独機能のボタン群。ロゴのLEDオフとかカラー変更など…形状で解ると思うけど押しにくいです。

AK700 13
梨地処理が良い感じで価格の割に上質な見栄え。

AK700 14
この辺はマルチメディアキー。

AK700 15
メーカーカラーの黄色が映えるかな。

AK700 16
インジケーター。「Winキー無効化」も有ります。

AK700 17
メーカーロゴ。良い感じのアクセントになってます。

AK700 18
パームレスト。強度的には不安が有るけどまぁ使いやすいかな。

AK700 19
側面。錘は内蔵されていないようなので、軽量です。

AK700 20
気になったのはケーブルですね…細身で柔らかいのは良いんだけど…強度は無いですね、簡単に断線とかしちゃいそうです。

AK700 21
一応生活防水仕様?水抜きの穴がいくつか開いてます。

AK700 22
ネジ穴、水抜き穴と滑り止めのゴム。

AK700 23
Armaggeddon製品はこの製品シールが保証書になるようです。

AK700 24
軸は硬めだけど、耐久性に乏しそうな作りのスタンドです。

AK700 25
スタンド格納。

AK700 26
ラバードーム?なんか位置がずれてるような…

AK700 27
ほかのキーもずれてるなぁ。

AK700 28
キーキャップはメンブレン標準かな。印字はシルク印刷かな?

AK700 29
頼りなげなケーブルですがプラグは金メッキ処理。

まぁあまり売れそうにないキーボードです、最近は大陸系メーカーからチェリー互換軸用キーキャップが使える疑似メカニカル風なキーボードが発売されるようになってきたようで、今後はこの手のメンブレンキーボードが主流になりつつあるような気がします。

 

 

広告