Reicat K2 TKL Gaming Keyboard

最近は国内Amazonで大陸系メカニカルキーボードが簡単に入手できるようになりましたが製品の表記名とかがセラー名義の会社名とかでオリジナルメーカーの表記をわざと?隠すような販売形態が多いようです。今回購入したのはsk74氏お気に入りのReicat製の低価格なメカニカルキーボードK2です。中文名も有りますが読めません…こちらも国内Amazonでセラー名義の製品として発売されてます(国内でも簡単にReicat製品が入手できるようになるとは思わなかった…)

タイプは2種類あるようで青軸/黒軸、筐体のカラーが白色/黒色です。白色版はトップ面がゴールド色で大陸の人が好みそうな配色ですね。ちょっと使用してみましたが青軸独特の感触と音が有ります、チェリー互換軸仕様で軸は「Switch Master」製です。工作精度はまぁ中程度ですが価格的にはお手頃すぎます。天板部が金属製なので剛性感もそこそこ感じられます、底面のチルトスタンドなんかもしっかりした作りになってますが…ケーブル排出用の溝とキーキャップの固定が少し甘い感じです。キーキャップは個体差かもしれませんが緩くて簡単に外れてしまうキーがいくつか存在します。

LEDは淡いブルーでとても綺麗、発光パターンも幾つかあって「呼吸タイプ」とか上下から流れるような発光とかが有ります。輝度も4段階くらい変更できたかな…

  • Size: 355*135*38mm
  • Weight:  765g

k2 01
グローバル向けなパッケージかもしれません、シンプルにロゴのみ。裏面には中文での解説文が有ります。Reicat製品は同一製品でパッケージが異なるものが多いので大陸向けのパッケージも存在するかもしれません。このパッケージにもドイツ向けの製品シールが貼ってありましたが剥がしちゃいました。配列はASCIです。

k2 02
ほぼ中文表記ですね。添付品は入ってませんでした…大陸向けには合格証とか付いてるのかも。

k2 03
なんて読むのか解りません。

k2 04
諸元はこんな感じ。

k2 05
薄めの黄金色と白いキーキャップに光る淡い青色が綺麗です。

k2 06
黒軸版は筐体が黒色だったかな?

k2 07
この手のキーボードにしては珍しくキーキャップ上にマルチメディア系のショートカットキー表記が有りません。まぁ無い方がすっきりして美しいんだけどね。「Winキー無効化」は装備されてます。

k2 08
プラ製の筐体に金属製の天板と言った組み合わせ。接合部に隙間や歪みなどは有りませんでした。

k2 09
Reicatのメカニカルキーボードとしては最も安価なようです。「WASD」の交換用キーとかは有りませんでした。

k2 10
「Fn」表記のみでシンプル。キーキャップ自体は簡易なダブルショット仕様です。

k2 11
インジケーターは左が「Caps」右は「Winキー無効」です。

k2 12
ちょっと眩しい。色は変えて欲しかったかな。

k2 13
メーカーロゴとK2の印字。

k2 14
スペースバーは両端に固定軸?内蔵型スタビライザーかな?

k2 15
フレーム側面ですが無塗装でちょっとチープな感じ。右端にケーブルマネージメントの溝が見えます。

k2 16
この溝は左右と中央に有りますが、ちょっと緩いです。キーボードを持ち上げた程度で外れちゃいそうな感じ。

k2 17
背面中央部の溝。

k2 18
こんな感じです。ケーブルはグレー色でかなり柔らかく取り回しが良いですね。

k2 19
輝度調節。

k2 20
一番輝度が低いのが良い感じかな。

k2 21
LEDオフです。半透明な素材で文字部分に流し込むタイプのダブルショットです。経年使用で文字が掠れることは無いですね。LEDオフでも見やすいです。

k2 22
キーキャップ表面はサラサラした感じ。バリも目立たない程度です。

k2 23
半透明素材を接着剤で固定してる感じ。軸受部分の耐久性はどうなんでしょうね?

k2 24
おそらくバリュー価格の互換軸で「Switch Master」製です。

k2 25
個人的な感想ですがチェリー互換青軸の中では軽めなクリック感が有ります。

k2 26
底面です。高級感は無いけどまぁしっかり作られてます。

k2 27
製品シール。

k2 28
ケーブルは内部でしっかり固定されてるようで、ぐらつき等有りません。左右からのケーブル排出も無理なカーブがかからないようになってます。

k2 29
チルトスタンドは良くできてます、分厚い滑り止め用のゴムが先端に取り付けて有ります。

k2 30
スタンドオフでも4つあるゴム製のストッパーが、しっかり固定してくれます。

k2 31
バリュー価格でこの品質なら満足できそうです、気になったのは筐体の剛性がちょっとだけ弱いかな?と記事作成中に思いました、筐体への捻じれとかの耐性が弱いかなぁ…

 

 

 

 

 

 

 

広告