Apoint Naruto Ranger Gaming Mouse

大陸では中堅メーカーの様な感じのApoint初?ゲーミングマウスNaruto Rangerです。「火影游侠」と言うのが中文製品名なのですが英語圏向けでは「火影」=「NARUTO」となってしまうようですww。英語圏では「NARUTO」って人気のあるアニメらしいからね…

Avago ADNS-3050搭載でメインスイッチはD2FC-F-7N(20M)を使用してるようです、マウスの筐体も3層構造でよくあるチープなマウスでは無いようです。

重量は110g程度でシンメトリーな形状。サイドボタンは有りません…今のところ3種類のカラーバリエーションが有るようです。

apoint 01
最近の大陸系メーカーに多いコンパクトで少し凝ったデザインのパッケージです。

apoint 02
添付品は無く、パッケージ内に解説文が記載されています。

apoint 03
初見で3種類くらいの人気のあるマウスを混ぜたようなデザインだなぁと思いました。ロゴも某有名メーカーを連想させますね。

apoint 04
こんなところに解説文が有ります。中文と英語でですね…英語圏の販売も考えているような気がします。

apoint 05
大陸ではそこそこ人気のあるマウスのようです、USBプラグの形状なんかも個性的ですね。プラグ部は金メッキ処理でフェライトコア付きです、ケーブルはちょっと硬めかな…

apoint 06
クリアな塗装で多層処理のようです、剛性も工作精度も高いです。

apoint 07
LEDはRGB仕様でかなり綺麗。発光部も中途半端な光り方ではなく丁寧に作られているようです。公式サイトにソフトウェアが有るのかもしれませんが…公式サイトは今のところ「危険なサイト」ってことになってます…

apoint 08
分解画像などを載せてるサイトで見たのですがパーツ数も多いようです。手前から見て左右ボタン最奥部の下にスプリングが装着されていてどの部分を押しても均一なクリック感が有るように思えます。

apoint 09
個人的にはサイドボタンが無いことが不満かな…

apoint 10
TTeSports Level 10 M Mouseみたいな四角形のアクセントとJamesDonkey 007に装備されてたインジケーターらしきものが有ります。でもDPI値に連動した機能では無さそうです。

apoint 11
形状的には大陸で人気のLOL系マウスのデザインを使ってるのかな…

apoint 12
DPI切り替えでLEDカラーが変化しますが、数秒後に勝手にカラーが変化してしまいます。パッケージをよく見たら諸元が書いてありました…あるサイトでは重量は110g程度って書いてあったけど、パッケージには140gとか書いてあるなぁ。

  • Mouse Size: L13.1×W68×H41(mm)
  • Mouse Weight: 140g
  • Cable Length: 2m
  • Resolution: 500/1000/1500/2000/3000/4000 DPI
  • L/R button life: Over 20 million times
  • Refresh rate: 125Hz
  • Buttons Dynamics: 70g
  • Acceleration: 15G

apoint 13
トップ面は鏡面仕上げですが、サイド面は両サイドともラバー装備。3mm厚程のラバーシートみたいのが接着されてるようです。

apoint 14
わずかに突起しています。Rivalのサイド面の突起に似てますが、こちらの方がサイズ的に大きいかな。滑り止めの効果はかなり高いですね。

apoint 15
お尻の部分も発光します。

apoint 16
この「Control」と「Max」ですが…何を表しているのか解らないです…「Size」と言う表記が有るのですが…DPI変更で変化することも無く、今のところ説明できません。

apoint 17
某メーカーのロゴに似てますが…個人的には「蝸牛」に見えるww。

apoint 18
DPI切り替えボタンとホイールですが、しっかりした操作感です。DPI切り替えボタンにはタクトスイッチが使われてるのかな?ホイールの軸も太めでしっかり固定されてます。

apoint 19
ホイール操作が心地よいラバー製の表面構造。適度なノッチ間で操作音も静か。

apoint 20
底面は好みがはっきりと分かれちゃうかな…ソールも含めて金属製です。剛性的には良いと思いますが金属製のソールが使いやすいかどうかは個人差が出そうかな。

apoint 21
金属製ソールですが保護テープが付いてます。あと気に入った点でケーブル接続部の造形が見事ですね。ケーブルが直線的になるような工夫がナイス。

apoint 22
保護テープを剥がして布製パッドで少し操作してみましたが、意外に操作性が良い感じ。プラ製や金属製パッドでは使えそうにないけどね。

apoint 23
中々美しい底面です。

apoint 24
Rivalと並べてみました。

 

低価格ながら工作精度や剛性も有り、細かいところにもこだわった良いマウスだと思いますが…これだけの物を作ることができるのにデザイン的なオリジナリティーが無いのが残念ですね。今後に期待のメーカーです。

同社製のマウスパッドも購入したのですが…こちらはかなりチープな作りで(´・ω・`)ガッカリ…

 

 

 

 

 

 

広告