Hades-Gaming Cratos H4 Optical Gaming Mouse

現在活動してるのかどうか不明なHades-GamingH4 Cratosです。MSIMOとかIMEの影響が大きそうなマウスですが、このメーカー独自のソフトウェアやテストツールなどが利用できるのが特徴かな…ツール類は使いこなせば面白そうだけどこのマウス自体が2010年頃の製品なのでWindows10環境では設定ソフトなど画面がおかしいところもあるようです。

  • Wheel Mode: 24 segment wheel
  • Product size: 125 × 66.5 × 41.3 mm
  • Product Weight: 108 g (including wire rod) ± 2%
  • Cable length: 1.8 meters
  • Wire Specifications: full-speed USB gaming grade braided line
  • USB connector: USB type A male connector gold-plated
  • Mouse Mouse Feet: Ultra Sleek white Teflon mouse feet

Avago ADN5050搭載でメインボタンはオムロンスイッチです。サイドボタンはTTC系な感じ、ちょっと緩めなのでホイールエンコーダーと一緒に交換など考えてます。

「Counter Strike Online」バージョンとかもパッケージ違いで存在したようですが今では入手困難ですね。

h4 01
シンプルなパッケージで添付品は有りません。公式サイトにPDFのマニュアル等置いてあります。

h4 02
中文のみの解説文。

h4 03
ケーブルはメッシュタイプで太め。ちょっと硬めなのが残念。

h4 04
ちょっと凝った作りのUSBプラグ部。ハデス神?のロゴ付きでプラグは金メッキです。

h4 05
マウス全体がピアノブラック仕上げで色々写り込んでしまい撮影角度が難しいww。形状はシンメトリーで両サイドにシングルで大きめのボタンが有ります。

h4 06
工作精度ど剛性はちょっと心配。本家に比べると弱々しいく感じます。ホイールも細身で操作性は悪くないのですが…機会があればMad Catz系の金属ホイールと交換してみたいですね。

h4 07
サイドボタンですがかなり大きい。LEDの光量不足で明るい場所ではカラーがはっきり見えませんね。

h4 08
サイド面も鏡面仕上なので滑り止めのシールとか貼り付けるのも良いかもしれない。サイドボタンはデフォルト設定では…

  1. 赤LED=左ボタンがブラウザーなどの「進む」右ボタンは「戻る」
  2. 青LED=左ボタンが「Ctrl」右ボタンは「K」ホイールボタンが「R」

これらは設定ソフトを導入してプロファイル管理できます。底面にプロファイル切り替えボタンが有りますが、DPI値などは設定ソフトからしか切り替えられないような…

h4 09
メインボタンはチャイナオムロンのようです。これも日本製D2F-01Fに交換したいかな…

h4 10
実はオリジナルMS製マウスを所持してません…比較用に幾つか購入しないとなぁ。

h4 11
LEDはこんな感じで発光してます。常時点灯でソフトウェア上で滅火させることもできるようです。

h4 12
実質2つのプロファイルを切り替えることができるようです。

h4 13
ロゴは白い塗装処理。これは経年使用で消えちゃうかも。

h4 14
ホイール動作は個人的に好きになれないかな…TTCかアルプスに変更したいです。(交換用のマイクロスイッチとかホイールエンコーダー、ケーブルなど大陸から色々仕入れましたww)

h4 15
交換したいけけど隙間があまりないので金属系のホイールと交換するのは難しいかなぁ…中の基盤が少し見えますね、分解は簡単にできそうな感じ。

h4 16
断線防止の構造は無いようです。根本付近で固定されてるのかな?

h4 17
ソールはテフロン製で米粒タイプ。汎用の交換用ソールが使えそうです。おそらくこの下にネジ穴があるはず。いつかパーツ交換する予定です。

h4 18
製品シール。

h4 19
ちっちゃいプロファイル変更用のボタン。

h4 20
公式サイトに色々なツールが置いてあります。

h4 21
他社製のマウスでも使えるのか試すの忘れた…

h4 22
設定用ソフトウェアですが英語と中文を選択できるようです。Win10では表示が正しくないですね、ところどころカーソルを持って行くと見えなかった設定項目などが見え隠れします。

h4 23
OSの互換モードで古い世代のOSにすればちゃんと表示できるかもね。

 

 

広告

Hades-Gaming Cratos H4 Optical Gaming Mouse」への2件のフィードバック

  1. 全身ピッカピカな鼠:)
    フォルムはIMOそっくりですけど、サイドボタンはDeathAdderのような形状なのですね…

    Hades-Gamingのマウスは決してハイクオリティって感じではないですが
    独自のガワ&ソフトウェアが魅力的で私的には好きです。
    マウスのネーミングセンスもカッコいいですし:)
    私はAres H1 Plusが欲しいのですけど、日本に送ってくれるsellerが見つかりません:(

    しかしWheelEncoderまで仕入れているとは流石sivaさんです。
    スイッチ交換よりハンダ処理の敷居は高くなりますし
    エンコーダーの場合は高さなど規格に種類が多いですから
    合うものを選定するのに注意が要りそうですね。

    いいね

    • 実はRaptor Gaming M3マウスのホイールエンコーダーを交換しようと思いまして、
      ろくに調べもせずアルプス製エンコーダーを発注してみましたがサイズが合いませんでした。
      規格として基盤からの高さで9mm、11mm、12.6mmと規格があるようです。
      めんどくさいので全種類発注してしまいました…
      大陸セラーでも面白い商品を発売してるところが幾つかありRazerやSSのガワのみ
      発売などコーティング落としの手間が省けそうな買い物ができそうです。

      Hades-Gamingについては新作もないようでショップ在庫のみのような気がします…
      Ares H1 Plusも面白そうなマウスなので探してみます。

      もうご存知の事かもしれませんがrafaさんに関係のあるマウスを入手したので後ほど
      メールでお知らせいたします。

      いいね

コメントは受け付けていません。