GAME MADMAN Black Halberd Plus Gaming Mouse Pad

マイナーメーカーなイメージだけどラインアップは豊富なGAME MADMANのマウスパッドです。どんな基準でマウスパッドを発売してるのかは解らないけどパッケージも金属製の物があったり、簡易な紙パックに入ってたりと統一性の無いところが私好みです。製品名は「Black Halberd Plus」なんて書いたけど中文の製品名を機械翻訳しただけなので正しいかは不明…「黒い戟」で合ってるのかな?

  • Size: 300 * 250 * 3mm (contour, maximum length / width dimensions)
  • Material: random pattern cloth; green rubber foam base
  • Features: beautiful shape; professional gaming cloth

上の諸元も機械翻訳です。

madman 01
そこそこ丈夫なフイルムみたいなパッケージです。

madman 02
チャックが付いてるので使い捨てでは無いようです。丸めないで保管できるのは安心感が有るかな…

madman 03
英語での解説文が有ります。

madman 04
ミドルサイズで変形タイプです、ロゴとタグが有りますが邪魔にならないですね。

madman 05
伸ばした状態でパッケージされてるので浮きや巻き癖は皆無です。

madman 06
ロゴは印刷ではなく熱転写みたいな感じ、ここにソールが乗るとちょっと問題ありそう。

madman 07
マウスパッド専門メーカーなので作りは上質ですね、ステッチも生地面とほぼ同じ高さなのでソールが乗っかっても引っかかりは感じません。

madman 08
タグの裁縫処理?これも同社の面白い中文ロゴを正確に表現してます。

madman 09
滑走感ですが、画像で解ると思いますが熱処理でかなり固めて有るような感じです。一応布系のパッドなのですが持ち上げても曲がりにくいような素材…になってます。なので滑り重視の布系パッドと言えるのかなぁ…ソールに対してもプラ製パッドとは比べ物にならないけど、そこそこ硬質な感触があります。滑走音も布系としては音が出ちゃう感じかな。

madman 10
生地面のアップ。

madman 11
引っかかりは殆ど無し。

madman 12
裏面は天然ラバーのようです、ただ効果はいまいち効きが悪いようです、マウスを載せた状態ならまぁ許容できる範囲なのですが…ちょっと動いちゃいます。

madman 13
こんな感じで持ちあげると滑り止め効果は無し…簡単に動いてしまいます。

madman 14
下が標準的な布系生地です、生地面の処理がかなり違いますね。

海外のオンラインショップでよく見かけるので入手は簡単だと思います。このメーカーは生地面やサイズ、形状にパッケージングなど色々面白いので興味がある人は探してみてね。

 

 

 

広告