キーキャップ交換

チェリー互換軸の交換用キーキャップは多数所持してるのですがUS配列向けの物が多いので交換するにも制限が有りますね…JIS配列向けの場合エンターキーやバックスペース、スペースキーなんかでサイズが合わないのが悩みどころ、まぁ探せば有るんだけどね。

gray 01
台湾の老舗メーカーTAIWAN TAI-HAOから多数のダブルショットキーキャップが発売されてます。今回はDolch Colorsを入手したので交換してみます。黒と茶みがかった灰色の2色カラーです。

gray 02
交換するのはi-rocksK10台湾配列です。でもよく見たらエンターとバックスペースが合わない(交換してるときは気が付かなかったww)

gray 03
オリジナルのキーは台湾式ひらがなともいえる注音符号?付きで入力時に見づらいこともあって大陸製の安物キーキャップと交換していました。

gray 04
K10はチェリー軸もどきの軸ですがチェリー軸のキーキャップが使えます。

gray 05
右のキーキャップがオリジナルです。「*」「8」「Y」と有りますが「Y」が注音符号らしいですが詳しいことは解りません。

gray 06
こちらは$10位だったのでシール式です。かなり剥がれにくい素材のようですが見栄えが悪いですね。

gray 07
真ん中のキーキャップがTAIWAN TAI-HAO製です。2色成型なので印字が消えることはまず無いです、視覚的にも美しいかな。

gray 08
最近は簡単にダブルショットが入手できるようになりました。国内でも少し流通してますね。

gray 09
これは安物キーキャップのパッケージで昔よく見かけた…今でも売ってるのかな?

gray 10
キーキャップを引っこ抜く作業ですが…かなりめんどくさいです。

gray 11
この時点でサイズが合わないことに気付いたけどw

gray 12
K10にはスタビライザーを固定するフックの様な物が出っ張ってることにも気が付きました。

gray 13
フック部がキーキャップ側に干渉します。突起がないタイプでもスタビライザー付きのキーボードでは交換が難しいかもしれませんね。

gray 14
まぁせっかくなので取り付けてみます。

gray 15
このキーが合いません。

gray 16
見た感じ良い配色です。

gray 17
スタビライザーのあるキー部分は少し浮いてしまいます。

この後全部外して元に戻しました…機会があれば別のUS配列キーボードに取り付けてみますwww。

 

 

 

広告