Team Wolf ZHUQUE⁺ Mechanical Keyboard

深圳系でグローバルな展開もしてるTeam Wolfからチェリー互換軸を全キーカスタマイズ可能というキーボードが発売されました。発売直後に入手していたのですが紹介が遅れてしまいました…

  • Color: Tyrant gold
  • Weight: 756 grams
  • Size: 350X117X34mm
  • Recommended users: home office game

OUTEMU軸搭載でフレームレス。剛性感と美しい表面処理の金属製筐体が素晴らしい製品です。

zhuque 01
ちょっと薄めの紙製パッケージなので輸送途中にダメージを受けてますが中身は問題なし…

zhuque 02
グローバルな展開を狙ってるようでパッケージ内も丁寧な作りとデザインです。

zhuque 03
添付品として、英文/中文のマニュアルとキーキャップ引き抜き工具に軸専用の引き抜き工具。サンプルの軸セット(黒、青、茶、紅)

zhuque 04
このZHUQUE⁺、LEDの発光パターンが豊富です。動画で説明した方が解りやすいけどネットで検索すれば色々あるので興味のある人は探してみてください。すべての機能を試してませんが詳しい解説文で解りやすいです。「CM1」~「CM3」のキーに色々パターンを登録して呼び出せるようになってます。機能が多すぎるので今回紹介しきれません…

zhuque 05
サンプル品で4個セット。ちなみに今回購入したのは黒軸版です。

zhuque 06
OUTEMU軸です。チェリー互換軸なら他のメーカーのものでも使えるようですがクリアパーツの軸でないとLEDの発光が遮られちゃうかも。

zhuque 07
左がキーキャップ用の引き抜き工具ですが少し爪が甘いのでうまく引き抜けません…右は軸専用です。

zhuque 08
こんな感じで使います。

zhuque 09
実際に基盤から引き抜くところを撮影したかったのですが…慎重にやらないと天板側を傷つけてしまうので…

zhuque 10
サンプル品では寂しいので交換用に紅軸と茶軸セットも購入して有ります。

zhuque 11
青軸は購入しませんでした。

zhuque 12
金属製のプレートに固定されています。

zhuque 13
ピンが折れないように保管できます。

zhuque 14
TKLタイプです。LEDカラーはグループ分けタイプで、中々美しい配色で気に入ってます。今後RGB版も登場するようです。

zhuque 15
輝度調節もできるし、ライトオフもできます。

zhuque 16
発光パターンは沢山あるけど動画じゃないと解りにくいので…これは押したキーだけ発光するタイプ。

zhuque 17
こちらは押したところだけ滅灯するタイプ。

zhuque 18
美しさに見惚れてしまいます…

zhuque 19
筐体は梨地仕上げで薄い金色です。エッジ部分は鏡面仕上げだけど多少粗目なところもあるかな…

zhuque 20
文字はやや大きめで独特なフォントです。「Wキー」と「矢印キー」の入れ替えもできます。「Wキー」+「Fnキー」で切り替えることができます。

zhuque 21
US配列です。各機能は「Fnキー」と各種キーの組み合わせが多すぎて覚えきれないですね…

zhuque 22
「ScreenLock」などの有効/無効はLEDのオン/オフで判別するタイプでインジケーターは有りません。

zhuque 23
こんな感じで有効時に点灯します。

zhuque 24
ZHUQUE⁺の刻印。筐体を削って浮き上がらせてるのかな?これも美しい仕上がりです。ZHUQUE⁺っていうのは日本語にすると「朱雀」と言うらしいですね。

zhuque 25
星形のネジ。分解は簡単にできそうです。軸が基盤に半田付けされていないので仮にチャタリングなど起きても軸を簡単に交換できるって言う画期的な製品だと思ってます。個人的には有名メーカー品より大陸系の個性的なメーカー製品の方が所有欲を掻き立てます、キーキャップなんかは大陸系の方が耐久性も品質も各上に感じることが多くなりました。

zhuque 26
筐体の工作精度がかなり良いですね。

zhuque 27
最近EpicGearからも軸交換できるキーボードが発売されてます。すでに入手済みですがそちらは軸交換時に引き抜き工具で天板表面を傷付けないように保護のための専用シールが別売されてます。機会があれば記事にしたいと思ってます。

zhuque 28
ケーブル接続部。金属パーツでしっかり固定されてます。

zhuque 29
底面です、一体成型の筐体ですね。

zhuque 30
チルトスタンドは背が高いです。

zhuque 31
おそらくこの部分とゴム製滑り止めの下にネジ穴が有ると思われます。

zhuque 32
シリコンみたいな滑り止め。ちょっと滑り止め効果が低めかな…

zhuque 33
この辺は各種ショートカット機能とか。LED発光パターンで「FPS向け」とか「RTS向け」さらには「オフィス向け」なんてのも有ります。「Fn1」~「Fn4」はポーリングレートの切り替え用かな。

N-Key RolloverやAnti-Ghost機能も有ります、これらも「Fnキー」との組み合わせで有効化できるようです。

zhuque 36
参考までに…「オフィスモード」

zhuque 37
これは任意のキーのみ発光させるモードです。3パターン記憶させることができるようです。

zhuque 38
それでは軸の交換作業に移ります。

zhuque 39
まずは、「WASDキー」を紅軸と交換します。

zhuque 40
本来なら交換対象周りのキーキャップを外した方がいいかもね。さらに交換軸周りの天板部にテープなどで保護した方が安心かも。

zhuque 41
こんな感じですが、結構力が必要です。丁寧に作業しないと天板に傷が入りそうです。

zhuque 42
全キー交換とかやったら1時間以上かかりそうです。

zhuque 43
基盤部見えますね。

zhuque 44
ピンは簡単に曲がってしまいそうなのではめ込むときも慎重に…この点EpicGear軸はピンが短くなってて曲げちゃうことは無さそうです。

zhuque 45
軸の押下圧などはチェリー軸と同じような感触です。

zhuque 46
特に問題なく装着できました。

zhuque 47
せっかくなのでサンプルの青軸を「Escキー」に、あとは「Tabキー」とか「Shiftキー」を茶軸にしてみます。

zhuque 48
交換後もちゃんとLEDが点灯してますww。

zhuque 49
今回は記事用にカスタマイズしてみました、まだ全部の機能を試していないので機会が有れば追記など考えてます。

最後にケーブルですが柔らかめで取り回しが良いです、フェライトコア?らしき物が付いてますね。

zhuque 50
プラグ部は金メッキ処理でTeam Wolfの刻印も有ります。

 

 

 

 

 

 

 

広告