Qisan Magicforce 「Hキー」不具合

省スペースで中々美しいデザインのキーボードMagicforceですが…文字入力中にひらがなの「は」が打ち込めず「あ」だけしか表示されません…たまに入力されることもあるんだけど、英文字入力の「H」も押しっぱなしでも反応しないことがあり、思い切り叩くと表示されこともあるけどなんかおかしい…「H」を押しっぱなしで連続して表示されることもあるけどまったく反応しないときもある。

これは初めての症状です、チャタリングは何度も体験してるんだけど特定のキーだけ反応しないのは軸側の問題のような気が…

そんなわけでせっかくの休日ですが修理作業となりました。

最悪「黒軸」は大陸からチェリー軸を何かあったときのために取り寄せていたので軸交換になるのかと思っていたのですが…

handa 01
とりあえず「コンタクトスプレー」を軸部分に微量流し込んでみましたが、まったく変化がありません。軸はKailh黒軸です。

となると軸自体の不良か?もしくは基盤の半田クラック?

メカニカル軸の修理経験がないので切り分けしないと解らん…

handa 02
軸交換だとLEDと軸の計4か所も半田作業が…(やったことないので激しく不安)

handa 03
まずは分解しないと始まらないのでネジ穴を探します。製造年シールを触ると穴の感触!あとは上の方に目隠しの丸いパーツのところ。それから滑り止めゴム4か所の下に有りました。

handa 04
滑り止めゴムは再利用するので全部剥がしませんでした。

handa 05
ネジを全部外すと簡単に開きました。あとはこのケーブルのプラグを外すだけなのですが…硬くてなかなか外せません。

handa 06
医療用の特殊なピンセットを使って外しました。指で引っ掛けるところがないので指先では取れないかも。

handa 07
ケーブルを外して基盤を見てみます。

handa 08
問題の「H」部分ですが基板上に表記があるので解りやすいですね。上2か所がLEDで下2つが黒軸を固定してる半田ですね。見た感じ半田不足とか工作不良には見えません…となる軸側の問題?

handa 09
チェリー黒軸を用意しました。

handa 10
素人ではないけどこんなに細かいのは作業するのが怖いです…半田除去が大変そうなので取りあえず少し吸い取って半田を付け直してみることにしました。

handa 11
手がプルプル震えますww。

handa 12
てんこ盛りにしました(作業的に正しいのかは解りません、マネしない方がいいかも)

handa 13
この状態でケーブルを接続してちょっと打鍵してみたところ「は」も「H」も問題なく打ち込めました!

さっきまでの不具合が嘘のように解消されました~。

handa 14
交換しないで済んでよかった…(たぶん軸交換は失敗してたと思う…)半田除去で基盤とかに損傷を与えてLEDが付かなくなるとか考えると恐ろしい…

handa 15
そんなわけで作業終了。ネジをはめていきます。

handa 16
滑り止めゴムも綺麗に戻せました。

handa 17
隠し穴。

handa 18
元に戻して全キーの入力確認をしましたが問題なかったようです。「H」キーも確実に入力されてました。

 

 

広告