Qpad HeatoN XL Gaming Mouse Pad

XL(43.5 X 36.5センチ)サイズのハードタイプなマウスパッドQpad HeatoN XLです。あまりに大きすぎて私の机では使用できませんでしたので使う機会が有りませんでした…

海外では評価の高いマウスパッドでしたがやはりサイズに問題が有ったようでミドルサイズの物も発売されていました、3層構成でプラ素材のほかに布系パッドの滑り止め素材なども組合わせてあります、ハードタイプですがプラパッドとしては柔らかく端っこを持つとかなり撓ります。一体成型のプラパッドとは、ちょっと雰囲気が違いますね。

  • Item Weight: 880g
  • Product Dimensions: 45.2 x 38.8 x 1.2 cm

heatn l 01
パッケージは過去の製品でよくある薄めのダンボールとプラ製のブリスターパックの組み合わせです、添付品として汎用タイプのマウスソール「Glidz」が付属していましたが、別のところ保管したの見当たりませんでした。

heatn l 02
ロジクールのG700Sを乗せてみましたが、大きさが解ると思います。

heatn l 03
Qpad 5Kと一緒に購入した記憶が有ります。

heatn l 04
多言語での解説文で日本語はちょっとだけ。

heatn l 05
HeatoNさんのイラスト付き。

heatn l 06
横から見たパッケージ。

heatn l 07
ボール紙のパッケージとブリスターパック。サイズが大きいので保管場所に困りますね…

heatn l 08
机の上に置けなかったので、床上での撮影です。左下にQpadのロゴ、右上にHeatoNロゴ?中央部にイニシャルがデザインされています。

heatn l 09
こんな感じで机の上は無理っぽい…小さめのモニターとキーボードを配置すれば何とかなりそうな気もしますが…

heatn l 10
ロゴなどは塗装タイプではなく印字されてるのかな?

heatn l 11
ロゴと滑走面のコントラストがセンサーに影響しそうだけどこの位置にマウスが来ることはまず無いでしょう。

heatn l 12
他社製スモールサイズの布製パッドを乗せてみました。

heatn l 13
Rivalで少し試してみましたが、滑走音は以外に控えめです。なんとなく柔らかい感触の操作感ですがやはりプラパッドなのでソールやパッド表面の磨耗は感じ取れます。

heatn l 14
ほんの少しだけクッション感があるのは多層構成のおかげですね。

heatn l 15
表面をアップにしてみました。おそらく表面には何かしらコーティング剤が塗布してあるように思えます。滑りの感触とか止めの動作感ですが個人差があるし評価は難しいですね。何か滑りの感覚を数値化してくれるようなソフトウェアがあると比較などできて面白そうです。

heatn l 16
エッジ部は少し粗い処理です。手首などが当たっている状態で不意に動かすと怪我などするかもしれません。

heatn l 17
見た感じ3層になってますね。クッション性を感じるのは最下層の素材が一番厚いからでしょうか?

heatn l 18
底面の滑り止め、よくあるタイプですね。多層構成なのでそれぞれの面を接着剤で固定してると思いますが少し石油系の溶剤のような臭いが有ります。

 

 

広告