Logicool G310 “ATLAS DAWN” Compact Mechanical Gaming Keyboard

”Romer-G”なる独自スイッチを搭載したLogicoolのメカニカルキーボードG310です。当初はG310のRGB版G410だったかな?のUS配列版を購入する予定だったのですが国内Amazonでのセール価格に釣られて購入してしまいました…¥8,000台で購入できたのでお買い得だったような気がします。ただ国内版の「バックスペースキー」が気に入りませんww…個人的に「バックスペースキー」はUS配列の横長タイプになれちゃっているので「Jis配列」の正方形タイプはかなりストレスがあります、まぁこれはミスタイプの多い私が「バックスペースキー」を多用するってのが原因なんですけどね。

人気機種なキーボードなのでネット上に素晴らしいレビュー記事がたくさんあります、なので私の記事では簡単な紹介程度です。

g310 01jpg
コンパクトキーボードなのでパッケージも手頃なサイズです。同社の「G」シリーズカラーとも言えるターコイス色が綺麗です。余談ですがロジクールのキーボードは初めてです。チェリー軸しか無かった以前に比べて最近は互換軸やメーカー独自の軸を搭載した製品が多数発売されていて目移りしてしまいます。次はsteelseriesAPEX M800なんかが欲しいところです。

g310 02
スマートフォント連携ができるのも面白いですね、キーボード内に無線ユニットか接続用のコネクターでも搭載してるのかと思ったのですが自宅の無線ルーター経由でLGS(Logicool Gaming Software)と接続というタイプですね。

g310 03
余白が無くキーボードのサイズぎりぎりのパッケージ。ちょっと紙質が弱いかな。

g310 04
添付品はマニュアルと保障書。ビニール袋に入ってますが袋のほうがパッケージに糊付けされてるので取り出すのが難しい。

g310 05
ケーブルの梱包材にロゴマークがある…

g310 06
上位版のG910に比べて細身のケーブルです。USBプラグは金メッキ仕様じゃないのが残念。

g310 07

  • 本体重量:765 g
  • 奥行:185.2 mm
  • 幅:390.5 mm
  • 高さ:35.5 mm
  • ケーブル:180 cm

最近流行の金属パーツ等は使用してないようで軽量ですね。でもG910と比べて極端に小さくなってるわけでもないような…スペースバーが短いのは仕方ないけど日本語配列にありがちなキーピッチが狭まったキーが無いのは良いね。Apex [Raw]と交代する予定ですがApexの日本語配列版は1部のキーピッチが狭すぎて使いにくかったです。

g310 08
持ち運びがしやすいように取っ手が付いてます。指は通らないけど便利な機能なのかなぁ?

g310 09
ケーブル接続部は柔軟な作り。断線対策は上質ですね。

g310 10
LEDはターコイス色のみで「WASD」と「矢印キー」が目立つような工夫が有りますね。

g310 11
G310のロゴが埋め込まれているパームレスト。G910ではこの部分が発光してたかな?。パームレストについては個人的には使いやすい!絶妙な傾斜でFPSプレイ時の「WASD」操作が快適になりそうな予感。

g310 12
スペースバーは短めだけど親指での操作に不便さは感じないかな…表面は適度な梨地仕上げです。「変換」「カタカナ・ひらがな」キー等に傾斜が付いてるので指先での判別が容易に出来ます。

g310 13
操作感の良い左側に比べて右側のパームレストはちょっと邪魔かな?中途半端に浮いてるので右手の親指付け根辺りにエッジ部分がぶつかってしまいます。

g310 14
キーボード筐体表面処理は3パターンかな?傾斜部が梨地処理、トップ面はサラサラ、その他はクリアな表面です。見た目の高級感は人それぞれ思うところが有るんだろうけど、個人的にはチープな雰囲気かなぁ…キーキャップが艶消しでラバーコーティング風な塗装なのでキーに関しては上質な雰囲気があるんだけどね。あと「G」キーのみフォントが異なりロゴマークと同じデザインになってます。(拡大画像取り忘れた)

g310 15
スマートフォンを立てかける”ARX DOCK”です。正直これに立てかけなくても機能は使えるので特に必要性を感じません。接続用の端子があるなら意味もあるんだろうけど…

g310 16
引っ張り出してみました。

g310 17
底面には滑り止めのゴムが付いてます。必ずこのドックに乗せないといけないというわけでもなく机の上にスマートフォンを置いても問題ないです、要は無線でG310が接続されてるPCとつながればいいわけですから。

g310 18
インジケーターは同じカラーではなく赤とか緑のほうが判別しやすいかな?右のボタンはプロファイルボタンで、ゲームモードとかで任意のキーを無効化できます。

g310 19
LEDの輝度調整ボタンです。4段階で明るさが変化します、もちろんライトオフもできます。ただライトオフにしちゃうとキーの文字が青系の暗色なので見えにくいですね。

g310 20
最初なにかのボタンだと思ってた。

g310 21
ところどころに「G」シリーズで多用されてる幾何模様があります。

g310 22
筐体下半分はターコイス色。なんか大陸系キーボードを連想させるなぁ。剛性感は問題なさそうです、パームレストやエッジ部分に力をかけても軋むような音やゆがみは感じられませんでした。

g310 23
肝心な「Romer-G」の打鍵感ですが購入前にイメージしてた感触とは異なってました…軸は独特な形状でチェリー軸とはまったく異なるのですが、個人的には赤軸っぽい感覚ですね。底打ちしないでも入力されるという高速反応?は気に入りました。(個人の感想なので、興味のある人は現物を打鍵してみたほうが良いかもね)

g310 24
工作精度は高めです、隙間等はありません。

g310 25
ケーブルも柔らかめで取り回しの不便さは有りません。

g310 26
底面です、大き目のゴム製滑り止めが付いてます。水抜きの穴は有りませんので防水仕様では無いようです。

g310 27
製品シール。

g310 28
チルトスタンドも装備されています、高さは適度かな。かなり硬めでしっかりしています。

g310 29
閉じたところ。

g310 30
”Facet Keycap”という名称のキーキャップです、キーキャップの端からゆるい傾斜が中央に向かって有ります。これは以外に良いアイデアですね誤入力の多い私には大変便利な機能です。

g310 31
「Alt」「無変換」「スペースキー」「変換」「カタカナ・ひらがな」の各キーのみ手前側に傾斜が有ります。

g310 32
明らかにチェリー軸とは異なる造形の”Romer-G”

g310 33
メカニカルというよりメンブレン式のような雰囲気が有りますね。

g310 34
キーキャップはダブルショットでは無いようです。ターコイス色のプラ素材にブラックの吹きつけ塗装のような気がします。指先での感触でラバーコーティングされてるようような感じです。なので経年劣化が心配ですね。

g310 35
耐久性が不安です。互換性のあるキーキャップは今のところ発売されてないですからねぇ。まぁそのうち大陸系ショップで発売されそうな気もしますが…

g310 36
ソフトウェアのキャプチャー画像を撮ったつもりでしたが数枚しか保存されていませんでした…詳しい解説は公式サイトにPDFファイルとして置いてあるので興味がある人は覗いてみてください。

g310 37
”Arx Control”はiOSでもアンドロイドでも使えるようです。

打鍵感に関しては購入前のイメージとは異なっていましたが結果的には気に入りました。特に”Facet Keycap”が秀逸ですね。


2016年1月9日追記

どうやらG310の「Fnキー」は「右Altキー」として動作しているようです。OS側の問題ではなくG310の問題のようですね。ロジクールのカスタマーサービスで確認してもらいました。


2016年3月13日追記

2月にファームウェア94.1.22版がアナウンスされてまして、ソフトウェア上から適用できます。適用後は「Fnキー」として認識されメディアコントロールも可能になりました。

 

 

 

 

広告