Qisan Magicforce SMART 68Keys Mini Mechanical Keyboard

以前紹介したA-jazz Geeks AK33 82 Keyより更にコンパクトなMagicforce SMARTです「Fnキー列」を廃してその分縦方向に詰めた感じです、軸はKailhの黒軸です。本体のカラーは黒版/白版が有り軸も幾つかあったように思います。

mfoece 01_compressed
Apexも写ってるけど下の茶色いパッケージがMagicforce SMART

mfoece 02_compressed
QRコードのシールが付いてるだけで製品名もメーカー名も記載されていません。この辺はロットとかで変わってくるかもね。

mfoece 03_compressed
丁寧に保護されてます。

mfoece 04_compressed
中文のマニュアル、着脱式のUSBケーブルと引抜き工具が付いてます。交換用のキーキャップが無いのが残念。

mfoece 05_compressed
ケーブルはビニールタイプでまぁよくある感じ、プラグ部は金メッキ処理です。

mfoece 06_compressed
マニュアルは中文ですがイラスト入りでなんとなく理解できそうです、主に「Fn」キーでの組み合わせによる機能解説と底面のディップスイッチによる各種キーの設定とか無効化とかかな。

mfoece 07_compressed
ケーブルが取り外せるのは便利ですね。A-jazz Geeks AK33ではキーボード筺体全面に接続端子が付いてますがこちらは筺体底面で溝に這わせるタイプなので不用意に動かしてケーブルが外れるなんてことは無さそうです。

mfoece 08_compressed
白版の方が見た目は美しくLEDの光も映えるのですが…悩んだ末に黒版購入となりました。

mfoece 09_compressed
折角なのでA-jazz Geeks AK33と並べてみました。横幅は同じくらいで縦幅が異なりますね。

mfoece 10_compressed
左がA-jazz Geeks AK33、右がMagicforce SMARTです。どちらもフレームレスの金属製(アルミ素材?)ですが個人的にはMagicforce SMARTの方が表面仕上げが丁寧に思えます。

mfoece 11_compressed
LEDのカラーはターコイスとオレンジです。発光方式で呼吸タイプにできる以外はとくにギミックなし。

mfoece 12_compressed
キーキャップのフォントは最近の大陸系キーボードでよく見かけるタイプ。「Fnキー」と組み合わせて使うキーには白文字の印字があります。

mfoece 13_compressed
スペースバーにもLEDが配置されてます。マルチメディア制御のキーが下段に配置されてるのは珍しいかなぁ。

mfoece 14_compressed
右上に4つ並んだキーが面白い感じ。「矢印キー」と「Fnキー」との組み合わせでLEDの発光パターンと輝度調節ができます。

mfoece 15_compressed
筺体のエッジ部分。Magicforce SMARTはマットなブラスト処理風でA-jazz Geeks AK33は金属素材がむき出しって感じ。エッジ部はどちらも角を落としてあるので怪我をしちゃうとかは無さそうです。

mfoece 16_compressed
アップにしてみました。エッジ部の鏡面仕上げはMagicforce SMARTの方が綺麗かな。

mfoece 17_compressed
配列や見た目の雰囲気で即気に入りました。海外でも人気があるようです。

mfoece 18_compressed
金属製筺体にロゴが彫りこんであります。彫りこみのロゴがある製品は珍しいかな。

mfoece 19_compressed
「WASD」と「矢印キー」の入れ替えは出来ないようです。

mfoece 20_compressed
キーキャップは文字部分に半透明なプラ素材を流し込んだタイプのダブルショットですのでLEDをオフにしても視認性が良さげ。

mfoece 21_compressed
部屋の照明を落としてみました。白版だともう少し光が筺体に反射して明るくなります。

mfoece 22_compressed
軸はフロートタイプですね。

mfoece 23_compressed
ステップスカルプチャーになってます。筺体の剛性も十分で工作精度も極上。

mfoece 24_compressed
ケーブルの排出部は1か所だけです。

mfoece 25_compressed
底面は梨地仕上げのプラ素材。そこそこ重厚感があります。

mfoece 26_compressed
チルトスタンドですが滑り止めのゴムが肉厚ですね。チルトスタンドを閉じても横に滑り止めが有るので不用意に動いちゃうことは無さそうです。

mfoece 27_compressed
チルトスタンドの軸も太目なので耐久性は良さそう。

mfoece 28_compressed
倒すとこんな感じ。

mfoece 29_compressed
製品シール。

mfoece 30_compressed
ケーブル接続と排出用の溝。好みは分かれるだろうけど筺体側面に接続部が有るタイプの方が抜き差しは簡単だけど外部からの衝撃等での破損の可能性があるかも、それに比べるとこの方式は抜き差しは面倒だけど断線や衝撃には耐久性があるかなぁ。

mfoece 31_compressed
しっかり固定されています。

mfoece 32_compressed
これはディップスイッチです。「Winキー」とか左右の「Ctrlキー」とかの配列を入れ替えたり無効化したりできます。

mfoece 33_compressed
「Kailh黒軸」ですね。横にネジのようなものがありますが筺体と基盤の固定用だと思います、ドライバーとかで回せないようになってますが…どうやって外すんだろう?

mfoece 34_compressed
拡大してみました…何か特殊な工具が必要かもしれません。

mfoece 35_compressed
キーキャップは前述したけどダブルショットです。この手のタイプのダブルショットの中では上質そうな作りです。

mfoece 36_compressed
右がA-jazz Geeks AK33用のキーキャップですが吹き付け塗装のようですね。

mfoece 37_compressed
左がMagicforce SMARTのダブルショットです。樹脂のようなものをフォントに合わせて成型してますね。

簡単ですがMagicforce SMARTの紹介でした。

 

 

 

広告