BIOSTAR Last gasp-2014 Essential Ergonomic Gaming Mouse

ちょっとレアなマウスです、自作派にはお馴染みのBIOSTARは台湾メーカーですがこれは同社の大陸支店?オリジナルです、ゲーミングブランドとしてマウス、キーボードなどを発売しているようですが知名度は低いかもね、、ガワはおそらくOEM品で最近購入したSADES製のマウスと同じようです、、Last gasp-2014なんて変な名前付いてますね、、

  • Mouse Size: 120.8*65.8*38.5mm
  • Net Weight: 142g±5g
  • Mouse Type: 6D
  • Main Ingredient: ABS
  • Mouse Type: Optical
  • System interface: USB2.0
  • Resolution: 500/1000/2000/2500DPI
  • Scanning Frequency: 4500fps
  • Cable: 1.8M
  • Foot Pads: Teflon
  • Sensor: AVAGO A5050
  • Switch Life: 8,000,000

SADESのマウスにはソフトウェアがあるのですがこのLast gasp-2014に専用ソフトウェア無いようです、、もっともSADESの設定ソフトウェアはバグがあるのか?マウスを認識できません、、初期不良の個体に当たったのかな?とも思いましたが色違いの同型マウスでも認識できなかったのでソフト側の問題だと思いますが、、修正版は出そうにないですね、あちらのポータルサイトの掲示板で同様な事が書かれていましたが解決策はまだないようです、、

gasp 01_compressed
BIOSTAR GROUPとか書いてありますね、、私も自作PCをそこそこ組むのですがBIOSTAR製のマザーボードは使った事がありません、、まぁどーでもいいことかww

gasp 02_compressed
マザーボードで有名なメーカーなのでこんなパッケージなのかな?なんかグラフィックボードみたいな梱包です、、

gasp 03_compressed
添付品は無しで合格証みたいのが入ってるだけです、、

gasp 04_compressed
マジックバンド付のケーブルです、、ビニールタイプでちょっと太目、、巻癖とかは少な目でほぐせば真っ直ぐになります、、

gasp 05_compressed
はい!もろにsteelseriesの影響と言うか某マウスにそっくりなデザインです、、カラーは白色だけだったかな?もしかしたら色違いがあるかもしれません、、SADES版ではカラーが数種類ありましたね、、しかしこのデザイン最近の大陸マウスに多いね、、もちろん独創的な製品もたくさん出てますが、、

gasp 06_compressed
トップ面はクリアな白色塗装かな?綺麗な仕上げです、、最近ラバーコーティングに拒絶反応があるのでなるべくラバーコーティング処理のマウスは購入しないようにしてます、、

gasp 07_compressed
後でSADESのマウスと比較していきますが、、そっくりなので見分けがつかないかもね、、サイドボタンの押下時の音がやや甲高い以外は概ね良質な操作感とクリック感です、、

gasp 08_compressed
サイド面の表面処理もSADESと全く同じタイプで硬質な感じのラバー素材かな?過去の記事とかはあまり気にしてないのでSADESの紹介文を書いた時と異なる感想とかになってるかもww

gasp 09_compressed
左右ボタン以外にサイド2つ、DPI切り替えで2つ、、LEDはホイール部、DPI値、ロゴ部に使われてます、DPI値判別用のLEDはカラーが変化しますね、、

gasp 10_compressed
見事な曲線美、、背が低めなので手首の負担が少しあるかな、、

gasp 11_compressed
ホイールは適度なノッチ感、、毎回この表現ばっかで参考になりませんね、、音は静かです、、

gasp 12_compressed
「カチッ」って言う音が少し気になるけどクリック感は良好です、、親指をサイド面から離さなくても軽く上にずらせばクリックできるようになってるのかな?

gasp 13_compressed
それではSADES製マウスとの比較です、、左がLast gasp-2014です、、

gasp 14_compressed
この角度だとケーブルくらいしか違いが解らないね、、

gasp 15_compressed
トップ面の塗装処理は全く同じなようです、、これはSADES製ですがDPI切り替えボタンがトップ面と同じ塗装処理でツルツルしています、、

gasp 16_compressed
こちらはLast gasp-2014でDPI切り替えボタンはサイド面と同じくラバー製です、、DPI判別のインジケーターは同じかな、、

gasp 17_compressed
ロゴが異なるのは当たり前か、、SADESのは狼みたいな顔ですね

gasp 18_compressed
こちらはLast gasp-2014、、この十字はBIOSTARのゲーミングブランド用のロゴなのかな?

gasp 19_compressed
ケーブルは材質からして異なりますね、SADESはメッシュタイプ、Last gasp-2014はビニールタイプ、、ただ安っぽい感じではなく巻癖も控えめです、、

gasp 20_compressed
底面はほぼ同じ、、ソールの形状も素材もテフロンです、センサー周りの丸い部品はLast gasp-2014の方が良さげかな、金属片のような感じです、、

gasp 21_compressed
金属片の円周に『4G INFRARED SENSOR』『PRECISION 2500 DPI』と記載されています

gasp 22_compressed
こちらはSADESです、底面のパーツと同じ色なので見立ちませんね、、

gasp 23_compressed
SADESの方はちょっと問題があってサイド面と底面の境界あたりに赤いシミのようなものが付着しています、、最初はなんだかわからなかったんだけど、、

gasp 24_compressed
USBプラグにも赤いのが付着してます、、

gasp 25_compressed
原因はこのプラ製台座でした、、擦れてマウス側に付着したようです、、なんとか落とそうとしたのですが染み込んでるようで完全には落とせませんでした、、、

まだまだ探せばこのガワを使ったマウスがあるかもしれませんね、、

PRO/CONは特になし、、BIOSTARのゲーミングマウスはまだ2種類くらいあるようなので機会があれば入手したいと思ってますが、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告