Anker 8200 DPI High Precision Laser Gaming Mouse

少し前に発売されたコストパフォーマンスに優れた?Ankerのマウスです、このメーカーGoogle関連の人たちが作った会社とか公式さいとに書いてあったかな、最初はドイツのメーカーかな?と思ってましたが似たような感じのPerixxがドイツでAnkerはアメリカにオフィスがあるのかなぁ?公式サイトでは英語、ドイツ語、日本語が選択出来て日本国内にもオフィスがあるようです、、

  • Number of Buttons 9
  • Optical Resolution 1000 / 2000 / 4000 / 8200
  • Product Dimensions 127 x 79 x 43 mm / 5.0 x 3.1 x 1.7in
  • Product Weight 140-160g / 4.9-5.6oz
  • Compatible System Windows XP / Vista / 7 / 8

Avago ADNS-9800を搭載してスイッチ類はオムロンのようです、、

anker 01_compressed
Perixxのパッケージはもろにドイツって感じだったけどこちらはよくあるタイプです、、

anker 02_compressed
英語、ドイツ語、日本語の解説文って言うのが珍しい、、グローバルな展開をしてるメーカーなので地域によってこの辺変わるのかなぁ?保証が18か月って言うのも珍しいね、、

anker 03_compressed
こんな感じで収納されてます、、

anker 04_compressed
添付品、、錘のケースがありますね、あとはサポート情報とか、、マニュアルは英文ですが公式サイトに日本語で解説文があります、、公式サイトにはユーザーのレビューとかが沢山記載されてるので面白いね、、ネガティブなレビューも載ってます、、

anker 05_compressed
小さくて英文のみだけど解りやすいマニュアルです、公式サイトに日本語のPDFマニュアルも置いてあります、、

anker 06_compressed
錘はちっこくて軽いのが沢山あるね、、

anker 07_compressed
USBプラグは金メッキです、、

anker 08_compressed
フェライトコア付きのメッシュケーブルですがこれが素晴らしく柔らかくて巻癖やヨリが無く取り回しがイイです、、

anker 09_compressed
このガワはいろんなメーカーで使ってるのでオリジナリティーは無いね、、

anker 10_compressed
当時サイドボタンが3つと言うのは珍しかったかな、、意外に大き目なマウスです、、サイドボタン以外にもトップ面に3つボタンがあります、、

anker 11_compressed
ホイールの前に大きなボタンがあります、デフォルトの設定ではマクロの開始機能だったかな?もちろんソフトウェアで変更可能です、ただこの位置は操作が難しいかもね、、

anker 12_compressed
大き目なケーブル接続部、、丈夫そうに見えますが触るとグラつきます、、まぁ断線とかは無いと思うけど、、

anker 13_compressed
特徴のあるサイドボタンですね、かなり肉厚な作りです、真ん中のボタンには細かい突起があるので判別が容易ですね、、

anker 14_compressed
トップ面はサラサラタイプのラバーコーティング?サイド部はプラで黒く塗装してあるようですが高級感はありません、、

anker 15_compressed
左サイドにはゴム製の滑り止めが付いてます、効果的だけど汚れが付きやすくゴムも劣化しそうですね、、

anker 16_compressed
横とか上から見るとそれ程複雑な形状に見えませんが底面から見るとかなりねじれた形状なのが解ります、、トップ面左上にDPIのインジケーターがありLED発光が増減します、、

anker 17_compressed
なんとなくTyonに似てるかな?まぁTyonの独創性の高いボタン類には比べるのはアレなんだけど、、

anker 18_compressed
サイズ的にはTyonと同じくらいかな?高さも似たような感じです、、ホイールの位置も同じくらい

anker 19_compressed
Tyonが価格的に高すぎるのか?Ankerが安すぎるのか?

anker 20_compressed
ボタンもすべて形状が異なるので判別しやすいです、、

anker 21_compressed
LEDはDPI毎に変化するわけではないようです、プロファイルが何故か2個までしか保存できないのはなんでだろ?この手のタイプなら余裕で5個くらい保存できてDPI毎にカラーとかも変更できそうなんだけどなぁ、、

anker 22_compressed
サイドボタンのアップです、デフォルト設定では「進む」「戻る」とかではなくキーボードの「Alt」とか[Shift」が割り当てされてるようです、、

anker 23_compressed
ちょっとゴミが詰まってますww

anker 24_compressed
見た目より華奢な感じのケーブル接続部、、

anker 25_compressed
上から見た感じとかなり違うよね?よじれた感じですがホールド感は良好です、、丸いところが錘の収納場所です、、

anker 26_compressed
開けにくい蓋です、、ソールは白色のテフロンですね、、

anker 27_compressed
こんな感じで錘を沢山装着できます、、

anker 28_compressed
蓋の裏にはクッション材が付いてます、、

anker 29_compressed
ソフトウェアは公式サイトでダウンロードできますが何故か『8000DPI』『8200DPI』の2種類のファイルがありました、、この辺のことはよく解りません、、

anker 30_compressed
『8200DPI』版をインストールしました、基本は押さえた解りやすい感じですね、、

anker 31_compressed
言語は4種類選べるようです、、

anker 32_compressed
変更の適用も素早く反映されます、、プロファイルが2つまでなのが惜しいかな、、

anker 33_compressed
ロゴとホイールのカラー設定ができます、、

anker 34_compressed
サポート情報、、

とにかく低価格で性能も良いしホールド感も良し、、ただセンサーがAvago ADNS-9800なので敬遠する人もいるかもね、、

PROS

  • 低価格で高性能
  • 柔らかく取り回しのよいケーブル
  • 判別しやすいボタン
  • 国内サポートがある

CONS

  • プロファイルが2つしか保存できない
  • LEDカラーもDPI等に連動していない
広告