Reicat RM3 Professional Gaming Mouse

Avago A3050を搭載したReicatのマウスです、今回入手できたのはRM3ですがRM3miniと言う少しサイズを切り詰めたモデルも存在するようです、、

特徴としては『Diamond cutting technology』で加工した金属パーツをトップ面に使用してることでしょうか、、ザラザラしたトップ面と重量感のある(170gもある)マウスです、、

  • DPI: 1000/1800/2600/3400/4000
  • Size: 127.9×68.1×38.9mm
  • Weight: 170±5g

Reicatにしては高性能なパーツを使用してますね、デザインもsteelseries系そのものです、最近の大陸系マウスはこのデザインが多いのはなぜなんだろう?

rm3 01_compressed
今までのReicat製品とはちょっとデザインが異なるパッケージです、以前は青を基調としたデザインが多かったけど、、なんとなくTeam Scorpion風な感じです、、まぁメタル素材に合わせてデザインしたんだろうね、、

rm3 02_compressed
上蓋以外はプラスチック製です、台座は黒いプラ、収納箱?はクリアなプラ製、、この2つのパーツは4隅にある突起で固定されてたようなんだけど、、4本の突起物は折れてました、、

rm3 03_compressed
分厚い台座部、、

rm3 04_compressed
USBプラグは金メッキ処理となってます、、

rm3 05_compressed
ケーブルはビニールタイプでかなり硬め、、取り回しは良くないね、、

rm3 06_compressed
中々重厚感のあるマウスですね、、サイド面から底面にかけては通常のプラ製です、、トップ面が重いのでちょっと違和感を感じるかな、、

rm3 07_compressed
ホイールとサイド面がLEDでカラフルに発行します、デフォルトではカラーが勝手に変化していきます、、一応専用のソフトウェアがあるのでこの辺はいじれるのかもしれません、、、

rm3 08_compressed
暗い部屋だと怪しく光りますね、、LEDも中途半端な光り方ではいようです、、

rm3 09_compressed
マニュアルが入っていなかったのですが、、公式サイトの解説文によるとトップ面は交換前提で設計されているようでSkin交換といった要素があるようなのですが、、交換用のパーツは添付されてません、今後発売されるのかなぁ?同社製のReicat S560+ STALKではトップ面の1部が交換可能だったのでこのマウスも予備パーツが発売される可能性はあるね、、

rm3 10_compressed
どこかのサイトで分解画像を見たけどマイクロスイッチはメインの左右ボタンがオムロン製でサイドボタンはHUANO製でした、、

rm3 11_compressed
中々美しいデザインですが、、steelseriesのパクリと言われても仕方ない形状かな、、

rm3 12_compressed
サイド面はラバー製のようですが滑り止め効果はあまり感じられないかな、、サラサラした感じです、、SSKanaに近い形状?

rm3 13_compressed
ロゴは部分は鏡面仕上げ、、

rm3 14_compressed
ホイールとDPI切り替えボタンも金属製です、、ホイールは金属製なので重い感じですね、ノッチ感もかなりあるかな、、

rm3 15_compressed
ホイールは金属なんだけど外周部だけで内側はプラ製のようです、、軸も細目のプラ素材のようなので耐久力が心配です、金属部は壊れないだろうと思うけど、、それを支えるパーツが細目のプラ素材となると、、

rm3 16_compressed
美しいLED、、デフォルトでは呼吸タイプの発光です、、ソフトウェアは公式サイトにありましてインストールしてみましたがReicatオリジナルのソフトウェアではなく大陸系でよくある汎用ソフトウェアをReicat風にカスタマイズしたような感じでした、、

rm3 17_compressed
HUANO製スイッチと言うことで、、クリック感は硬めです、、

rm3 18_compressed
中文を理解できてないのでよく解らないのですがこのマウスはもう一つ特徴があります、、ソールの形状が面白いのですがこれ取り外しが出来ます、、分解しやすくするのが目的なのか?それともソールも予備パーツをはめ込むって事なのか?

rm3 19_compressed
ソールを剥がすのではなくソールの台座?ごと外せるようになってますね、さらにその下にネジ穴があるので分解は簡単な気がします、、もしかしたらトップ面の交換を容易にするための機能なのかもしれません、、

rm3 20_compressed
4カ所にネジ穴があるようです、、分解したいのですがちょっと時間の余裕がないので、、いずれ追記記事にでも、、

rm3 21_compressed
テフロンのようですね、、どうせなら予備のソールも欲しかった、、

rm3 22_compressed
金属製で重量があるマウスなので硬めのケーブルなのかな?

rm3 23_compressed
ソフトウェアです、、英語があるのが嬉しいかな、、

rm3 24_compressed
『Gaming 500 Mouse』とか表示されてますね、、

rm3 25_compressed
見覚えのあるGUIですね、、基本操作は押さえてあるようです、、

rm3 26_compressed
簡易なマクロ設定もできそうです、、

PROS

  • 美しい金属製筺体とLED発光
  • Skin対応?トップ面
  • 分解しやすい?

CONS

  • トップヘビーによるマウス操作時の違和感(慣れれば問題ないんだろうけど)
  • 剛性は使用期間が短いのでなんとも言えないけど金属パーツに対して耐久力が怪しそう

ちょっとこのマウスの特殊な機能を理解できてないので、、評価は難しいかなぁ、、

 

広告