AZIO MGK1 Backlit Mechanical Gaming Keyboard

AZIOはアメリカのメーカーのようです各種デバイスやガジェット系の製品を多数発売しててあちらではメジャーなメーカーなのかもしれません、、過去にゲーミングデバイスは色々発売していたようですがどれも既視感のあるものばかりだったのでそれほど気にしているメーカーでは無かったのですが最近オリジナルっぽいメカニカルキーボードとマウスを発売したのと見た感じ好みだったので購入してみましたマウスの方は機会をみて記事にしてみますがまずはキーボードから紹介してみます、、製品名はMGK1でバックライト搭載、Kailh Blue軸搭載でカラーとか軸のバリエーションは無いです、、個人的に青軸はうるさくて嫌いなのですが、、低価格なのと筺体トップ面がアルミ製と言うことで気に入ってしまいました、、、

  • Mechanical Key Switches (Kailh Blue)
  • Gunmetal Grey Anodized Aluminum Face Plate
  • White LED Backlight w/ Adjustable Brightness
  • Easy-Access shortcut Keys & Volume Wheel
  • Full NKRO over USB
  • Windows Key Lock

mgk1 01_compressed
2重の梱包です、外箱はちょっと薄い紙質、、

mgk1 02_compressed
ソフトウェアは無いのでマクロ割り当てとかは出来ません、マニュアルも無いかわりに裏面に各種設定なんかの説明があります、、

mgk1 03_compressed
カードと引抜き工具がありました、、予備のキーキャップが添付されてるわけでもないんだけどね、、一応このキーボードに使うダブルショットのキーキャップを発注しましたので到着次第交換する予定です、、文字透過タイプでキーキャップ側のカラーを透過発光させる珍しい構造なので到着が楽しみです、、、

mgk1 05_compressed
内箱は厚みがあり黒地にAZIOの新ロゴ?もしくはこの新しいゲーミングブランド専用のロゴなのかな?

mgk1 06_compressed
USBケーブルは1本だけです、Hub機能とかはありません、、

mgk1 07_compressed
太目のケーブルですが驚くほど柔らかい、、巻癖など皆無でストレスがありません、これだけ柔らかいケーブルは珍しいかな、、

mgk1 08_compressed
取り外し可能なアームレストが付属しています、、

mgk1 09_compressed
全体像を撮影できないので分割します、、US配列で余分な割り当て用のキーとかはありません、、アームレストの凹部が適度な滑り止めになります、、

mgk1 10_compressed
余計なキーは無いけど『Fn』キーとの組み合わせでマルチメディア制御やLEDの発光設定、『Win』キーロックなどができます、、

mgk1 11_compressed
『6KRO』『NKRO』にも対応してます、、

mgk1 12_compressed
明るい場所での撮影なので目立たないのですが発光色は白色です、肉眼で見ると明るい部屋でも視認できます、、4段階くらいに輝度調整ができたかな、、

mgk1 13_compressed
特殊な発光モードとして押したキーのみ数秒点灯させることができます、、

mgk1 14_compressed
この辺がLED設定キーになります、、低価格なメカニカルキーボードなので最新のRGBとかは無いけど品質、剛性、工作精度など問題ありません、、特に工作精度などは同価格帯の大陸メーカー製品に比べると2ランク上かなと思います、、

mgk1 15_compressed
特にこのアルミ製天板の出来がイイですね、、美しいヘアラインでガンメタル色です、、

mgk1 16_compressed
何気に『電卓』のショートカットキーが便利です、、

mgk1 17_compressed
この辺は基本かな、、メディアプレーヤーとかで役に立ちます、、

mgk1 18_compressed
ボリュームコントローラーですが、、これが素晴らしい出来具合、、かなり細かいノッチのダイヤル方式?音量操作が楽です、、『CapsLock』なんかのインジケーターも視認性がイイです、、

mgk1 19_compressed
アームレストはプラ製で艶消し塗装のようです、、中々イイ曲線構造なのでタイピングが楽になります、、

mgk1 20_compressed
側面から底面にかけてプラ製で赤い塗装がいいアクセントになってます、、

mgk1 21_compressed
アームレストとの接続部も良くできてます、、

mgk1 22_compressed
ステップスカルプチャーになってますね、、

mgk1 23_compressed
チルトスタンドはちょっと心配かな、、あまり強度があるような造形に見えません、、

mgk1 24_compressed
ケーブルは中央部から、、接続部はしっかりした作りになってます、、

mgk1 25_compressed
アームレストの脱着はちょっとコツがいるかも、、アームレスト側の中央部に接続用の突起部があります、、裏返しにしないとはめ込むのはむずかしいかな、、

mgk1 26_compressed
そこそこ丈夫なので脱着を繰り返しても爪とかが折れることは無さそうです、、

mgk1 27_compressed
肉抜き要素は無い底面、、

mgk1 28_compressed
滑り止めは標準的な作りかな、、

mgk1 29_compressed
もう少し高さが欲しかったチルトスタンド、、軸部分が細いので強度が心配、、

mgk1 30_compressed
製品シールです、、

mgk1 31_compressed
スペースバーにはスタビライザーが付いてるようです、、

mgk1 32_compressed
『Shift』とか『Enter』キーにもスタビライザーが付いてるようです、、

mgk1 33_compressed
Kailh Blue』軸です、、キーキャップは白色のキーに吹きつけ塗装したタイプ、、

mgk1 34_compressed
Kailh Blue』軸は初めてなんですが、、やはり煩いですね、、

PROS

  • 低価格だが工作精度、剛性などが良い
  • アルミ素材が美しい
  • ケーブルが柔らかく取り回しが良い
  • ボリュームコントローラーが秀逸

CONS

  • 価格からして仕方がないけどLEDの発光ギミックが少ない
  • やや裏面がチープな雰囲気(特にチルトスタンド)

 

 

 

 

 

広告