Rantopad H1X Fashion Gaming Mousepad/M

マウスパッド専門だったRantopadですが怒涛の如く新製品を発売してます、、キーボード、マウスの新ブランド?『Fashion Gaming』シリーズからもマウスパッドが各種発売されてて選ぶのに悩むほどです、、布系だけでなくアルミ素材のもやハイブリッド系、、さらにサイズ違いとカラーバリエーションが多岐にわたり全部購入というわけにもいかず、取り敢えずお試しでバリュータイプらしき製品のH1X edging Seriesでミドルサイズの物を選んでみました、、カラーは最近購入した同社のマウスに合わせて蛍光色の黄色です、、この他にも蛍光色のオレンジ、ブラックなどあるようです、、

  • H1X S:280*220*3mm
  • H1X M:350*240*3mm
  • H1X L:420*280*4mm

ミドルサイズと言うことでしたが意外に縦が短いね、、次回はLサイズにしようかな、、

h1x 01_compressed
しっかりしたパッケージで中の生地表面を触れるように穴が開いてます、、

h1x 02_compressed
サイズ違いの解説文があります、、Lサイズだけ厚みが4mmあるようですね、、

h1x 03_compressed
派手な色合いです、、好みが分かれそうかな、、画像を撮り忘れたのですが生地別に数値で特性を表している表がパッケージに記載されていました、、コントロールとスピードという分類ではなくパッドの素材で好みを選択するっていう感じなのかな?

  • Aluminum/Compatibility 8/Controlled 10/Smoothness 10/Precision 10/Durability 9/
  • Carbon/Compatibility 10/Controlled 10/Smoothness 9.5/Precision 9/Durability 8/
  • Coated Fabric/Compatibility 8/Controlled 9/Smoothness 9/Precision 9/Durability 8/
  • Fabric/Compatibility 7/Controlled 8/Smoothness 8/Precision 8/Durability 10/

こんな表記でした、、なので今回入手した物はコントロール向け?って感じなのかな、、

h1x 04_compressed
メーカーロゴと製品名ですが熱転写のシールのような感じです、、かなりしっかりした処理がされてるようで簡単に剥がれてしまうということは無さそうです、、

h1x 05_compressed
新ブランドのロゴ?水牛かな?こちらも熱転写っぽい処理です、、

h1x 06_compressed
ステッチはかなり上質な作りで隙間など皆無です、流石はマウスパッド専門メーカーならではの工作精度です、、

h1x 07_compressed
色がアレなので生地表面が上手く撮影できませんが、、よくあるコントロールタイプとは異なる感じで凸凹してるわけでもなくあまり見たことが無いような表面処理です、、

h1x 08_compressed
ちょっアップにしてみました、、軽くマウスで試してみましたが明らかに今までのパッドと操作感が異なります、、滑りは重い感じで吸い付く様な感覚なのかな?コントロール重視の人には使いやすいかもしれない、、

h1x 09_compressed
Qck miniとの比較ですが、、Qck miniより更に抵抗感を感じるかな?

h1x 10_compressed
サイズが変則的ですね、、次回はLサイズにしよう、、

h1x 11_compressed
滑り止めも文句なし、丸めて収納されていましたが巻癖などほとんどないので即使えますね、、丸めたりしてみましたが感覚的にARTISAN 飛燕 VEが柔らかくなったようなって感じかなぁ、、

これは全種類揃えてみたくなるマウスパッドですね、、ただアルミ系とかカーボン系はかなりお高い価格でしたので、、そろえるのは難しいかなぁ、、

PRO/CONはもう少し使い込んでからかなぁ、、縦サイズが短いって言うのが気になる程度で文句のつけようがないんだけどね、、

広告