Speedlink Prime Z-DW Optical Gaming Mouse

  • Gaming mouse
  • Maximum precision 3,200dpi optical sensor
  • Excellent in ergonomics
  • Eight programmable buttons, second, fully configurable scroll wheel plus profile switch
  • Software offers extensive configuration and customization options
  • Internal memory for profiles and macros
  • Zero-response-time buttons for lag-free operation
  • 64 colours for experience-enhancing scroll wheel illumination
  • Flexible, sheathed 1.8m USB cable
  • Two mouse wheels
  • Dimensions: 120mm x 76mm
  • System Requirements: Windows 8, 7, Vista, XP, CD-Rom Drive, USB Port

Speedlinkはドイツのメーカーのようです、ガジェット類やゲーミングデバイスも多数発売してるようですが国内ではあまり馴染みが無いようですね、、EU圏では中々評判の良いメーカーのようです、今回入手したのは以前から気になっていたPrime Z-DWというマウスで特徴としてホイールが2つあるというところです、デフォルト設定ではこの2つ目のホイールはボリュームの増減に割り当てられていますが専用ソフトウェアで他の機能や任意のマクロなど割り付け可能なようです、、まだ少ししかいじってないのですがこの専用ソフトウェアが中々強力なツールのようで設定のしやすさ、マクロ設定ツールなどいじりがいのあるソフトウェアのようです、、このマウス発売年は2014年くらいかな?マウス本体のデザインと細かいパーツ、、例えばサイドボタンやサイドのラバーなど、ある国内メーカー製のマウスと似ている気がしました、、記事後半で画像を交えてこの辺簡単に触れてみます、、

primezw 01_compressed
パッケージはラミネート加工されたような上質な物です、、

primezw 02_compressed
EU圏の言語で簡単な紹介文が書かれてます、、

primezw 03_compressed
多言語のマニュアルとドライバーCD、、

primezw 04_compressed
ヘッドセットやキーボードなんかも発売してるようです、、同時に購入し忘れたマウスパッドがあるんだけどそれはリバーシブルタイプの物でこのPrime Z-DWと使うのが良さげ、、

primezw 05_compressed
カラーは赤のみのようでこの色がSpeedlinkのメーカーカラーのようです、ゲーミングマウスもたくさん発売してますがほとんどこの色が使われてるようです、、この角度ではまだ違和感あるけどある向きから見るとNova GamingSliderなんかを思い出します、、今でもマウスパッドは入手可能なようですがゲーミング向けの部門は休止?してるようで寂しい限りです、、

primezw 06_compressed
大き目な感じもしますがえぐれた部分が多いので握った感じは小ぶりなマウスかな、、この形状なのでホールド感は抜群です、、

primezw 07_compressed
直列に並んだホイール、手前の通常ホイールと後ろのホイールでノッチ感とかスクロール動作の抵抗感が異なります、後者の方が重めの動作感になってるので指先の操作ですぐに判別できます、、この画像で左スイッチ部のボタンとサイドボタンの形状なんかであのマウスを連想する人はいるかなぁ?

primezw 08_compressed
左サイド、、サイドボタン2つと下部にプロファイル変更専用ボタンがあります、このプロファイル用ボタンはソフトウェアでも変更出来ないのでこの点ちょっとマイナス評価かな、、

primezw 09_compressed
この角度だともろにSlider X!!

primezw 10_compressed
右サイドは殆どがラバーコーティング処理、小指までしっかり乗っかります、ラバーコーティングは薄目でサラサラ感が強いです、、サラサラすぎてグリップ感は弱いかな、、

primezw 11_compressed
右サイドにDPIのインジケーターが付いてます、意外とこの機能は便利かな、、LEDはこのインジケーターと通常ホイールの中央部のみですね、ソフトウェアでカラーは変更できますしデフォルトでプロファイル変更時にカラー変化するようです、、

primezw 12_compressed
サイド面とトップ面の境にクリアタイプのプラ素材がありますが結構細かい傷が付いてますね、、トップ面の赤もメタリックな感じでしっとりした表面処理?サイドのラバーよりこっちの方が滑り止め効果が高いような感触です、、

primezw 13_compressed
アクセントのデザイン?発光とかはしません、、

primezw 14_compressed
左右スイッチはオムロン系でしょうか?ホイールはラバー製で操作感も良好、、

primezw 15_compressed
このようにカラーでプロファイルを視認できます、、

primezw 16_compressed
DPI変更ボタンはちょっと小さ目で押しにくいけど頻繁に使うことも無いので問題ないかな、、連動してインジケーターのLEDが増減します、、隙間から少し中身が見えてるね、工作程度はいまいちかなぁ、、かなり軽めのマウスなのでちょつと剛性感に不安、、

primezw 17_compressed
サイドボタンとトップ面のボタンの形状、、斜めになってるね、あのマスが先なのかこっちが先なのか?

primezw 18_compressed
押しにくい場所にあるので誤爆は無さそうだけど異様に軽い押下感のプロファイル変更ボタン、、

primezw 19_compressed
DPIは4段階で選択可能、、

primezw 20_compressed
ソールはテフロン製です、ケーブルがかなり硬めで癖があるのもマイナスポイント、、丈夫で接続部もしっかりしてるんだけどね、、やはりケーブルは柔らかいのが好きです、、

primezw 21_compressed
ぱっと見た感じ「似てねーよ」とか言われそうだけど私には右のEX-GPrime Z-DWが兄弟マウスに見えてしまいます、、この画像では何とも言えないけどボタンの形状、位置、ソールの形状、スカートの長さは違うけど左右のくびれの雰囲気などがなんとなく似通いってると思うのです、、どっちのマウスが先か後か解りませんが制作時に参考にしてるのではないかなぁ、、、

primezw 22_compressed
右サイドから、、

primezw 23_compressed
正面から、、

primezw 24_compressed
あ、左サイドからの画像撮り忘れた、、

primezw 25_compressed
底面、、ソールの形状と位置がなぁ、、センサーの位置は全然違うけどね、、

primezw 26_compressed
ケーブルです、、フェライトコア付きでUSBプラグ部は金メッキ処理されています、、

primezw 27_compressed
ソフトウェアです、『Simpli Check』なる怪しいソフトウェア?なんかシステムチェックなんたら書いてあったので外部のアドウェアかもしれません、、

primezw 28_compressed
英語かドイツ語が選択できます、、

primezw 29_compressed
なんかファイアーウォールで警告でてる、、外部と通信なのかsvchostとかやり取りするのかな?

primezw 30_compressed
設定画面は解りやすいね、カーソルを合わせるとハイライト表示される、、

primezw 31_compressed
DPI設定、、

primezw 32_compressed
マクロエディターみたいのもあります、、

primezw 33_compressed
ポーリングレートとかOS側のマウス設定項目とか、、

primezw 34_compressed
ボタン割り付けで色々設定項目がある、、

primezw 35_compressed
キーボード関連の設定、、このソフト常駐させるとタスクバー上にキーボードのアイコンが出てきます、、確かEX-Gのソフトでも同じアイコンが表示されてたから、、やはり関連性があるマウスなのだろうか?

primezw 36_compressed
ちょっといじっただけなので詳しいことはよくわからない、、そのうち追記記事で、、

PROS

  • 2つのホイール(使い方によってはアナログ操作的なこともできそう)
  • ホールド感の良い形状
  • 軽量
  • 使いやすい強力なソフトウェア(まだ使い込んでいないので未知数だけど)
  • トップ面のしっとりした表面処理

CONS

  • 使いやすそうだけど怪しいソフトww
  • ケーブルが硬い
  • 工作精度がやや低めというか柔な感じ、、

 

 

 

広告