Armaggeddon Aquila X5 Gaming Mouse

シンガポールのメーカーArmaggeddonAquila X5です、、このマウスの形状は大陸メーカーがオリジナルなのかよく見かけます、、鋭角的でデザイン重視のような気もしますが意外にホールド感は悪くないです、、性能的にも大陸製の物と同じようなスペックでそこそこ上位機種のような気もします、、ソフトウェア制御で最大4000DPIだったかな、、ただ今回私のWindows8環境ではデバイスマネージャー上で”このデバイスを開始できません” (コード 10)と表示されカーソルが動きません、、Windows8上でHID準拠マウスのところにエラー表示があります、、ドライバー更新をするとなぜかHIDキーボードデバイスと認識されてしまいました、、専用のソフトウェアをインストールして他のマウスで設定は出来るしLED制御も可能なのですがカーソルはやはり動きません、、Windows7マシンだと問題なく動作するのでマウス本体の故障ではないようです、、まぁパッケージにはWin7までサポートと書いてあるので仕方ないかなぁ、、それとも私の環境でのみの不具合なのか、、

マウスとしては上質で工作精度も高いだけになんとも残念なことです、、

  • 7 Macro-able™ Optical Gaming Mouse with 128KB on-board memory
  • CPI switching on-the-fly [Default]: 500/1000/1500/2000CPI
  • Software CPI setting: as low as 500CPI up to 4000CPI
  • Adjustable polling rate(/second): 125Hz/250Hz/500Hz/1000Hz
  • Frame rate: 6600fps
  • Acceleration: 20G
  • Advanced Optical sensor: A3050
  • Adjustable mouse light effects and up to 4 colour options[Default: Red colour 500CPI] Comet Red
    [Default: Blue colour 1000CPI] Cosmic Blue
    [Default: Green colour 1500CPI] Alien Green
    [Default: Purple colour 2000CPI] Flaming Fuchsia
  • Total 7 Buttons with 2-Way Click scroll [save up to 7 macros in 5 available profile]
  • High performance tracking speed: up to 160 inches per second.
  • Multi-languages specifications
  • Resolution range: 800 ~ 4000CPI
  • 7-button with 2 way click scroll
  • On-board memory: 128KB
  • Cord length: 1.8m
  • Mouse size: Very Large
  • 130(L) X 68.12(W) X 43(H)mm

aquila-x5 01_compressed
Armaggeddonのパッケージは全部角を落としたデザインかな、、英文解説で一応多言語で簡易な解説文が記載されてます、、

aquila-x5 02_compressed
好みの分かれそうな稲妻?血管?模様

aquila-x5 03_compressed
2年保障です、、マウス底面にその旨明記したシールが貼ってあるのが特徴かな、、

aquila-x5 04_compressed
模様のせいで全体像が解りにくいけど意外に大き目なマウスです、、先端部が伸びててケーブル接続部がかなり内側に付いてるので通常のマウスから移行すると少しだけ操作時に違和感があるかも、、ケーブルは比較的柔らかめです、、

aquila-x5 05_compressed
サイドボタンは左側のみ、、シンメトリーな形状かな、、

aquila-x5 06_compressed
CPI(DPI)変更するとLEDが変化します、、この辺ソフトウェアで発光パターンなど調整可能です

aquila-x5 07_compressed
程よい傾斜と面積のある左右クリック部のおかげで操作感は良好です、、工作精度も剛性も問題なし、、

aquila-x5 08_compressed
同じようなガワでコストダウンしたモンキーモデルみたいな大陸系マウスも良く見かけるかな、、

aquila-x5 09_compressed
表面はラバーではないようです、、経年使用で黒地の部分は剥がれそうな気もする、、

aquila-x5 10_compressed
最近多いタイプのLED発光向け?プラ素材を多用してます、、

aquila-x5 11_compressed
サイドボタンのスイッチは不明ですが操作感は良好、、位置的にも私好み、、

aquila-x5 12_compressed
スクロールの軸受け部分はあまり剛性がないかも、、CPI切り替えスイッチはシーソー型

aquila-x5 13_compressed
ケーブル接続部がこんな感じ、、かなり奥にあります、、

aquila-x5 14_compressed
底側から見ると形状が良くわかるね、、ソールの形状も独特です、、予備のソールが添付されてるのは親切かな、、

aquila-x5 15_compressed
センサーはAvago3050

aquila-x5 16_compressed
G502との比較、、長さは同じくらいかな、、ケーブル接続部の位置がかなり違うね、、

aquila-x5 17_compressed
価格的にはG502と同程度かな、、スペック的には格差があるけどね、、

aquila-x5 18_compressed
左のがオリジナルと思われる大陸で有名なメーカーLBOTS製です、あちらでも人気機種のようでデザインが異なる物が数種発売されてます、、スペックも同じのようです、、

aquila-x5 19_compressed
添付品はすべてこの紙製ケースに入ってます、、

aquila-x5 20_compressed
基本英語のマニュアル、、この他に予備ソール1組にドライバーCDもあります、、

aquila-x5 22_compressed
今回はカーソルが動かないのG502で操作しました、、英語の設定画面です、、プロファイルは5つ保存できるようです、、

aquila-x5 23_compressed
文字が細かくてちょっと見にくいけど基本は押さえたソフトウェアのようです、、

aquila-x5 24_compressed
ネットで少し(コード 10)のデバイスエラーを調べましたがそれらしい記事は見当たらなかったので私のPC環境のみかもしれません、、

aquila-x5 25_compressed
リセット機能なんかもあります、、

今回はカーソルが動かないので評価なしです、、Win7では問題なく動作するので次回機会があればWin7機で再度検証して追記しようかなと思ってます、、

 

 

 

広告