Razer Megasoma Professional Gaming Mouse Mat

えー古いマウスパッドで尚且つRazerの失敗作と言われるMegasoma Professional Gaming Mouse Matです、、シリコン系マウスパッドの元祖?かもしれないけど最近のシリコンを使ったマウスパッドは底面にシリコンを使って表面はファブリック系を乗せる二層構造のがメインですね、、Razerはこのマウスパッドが売れると思ってたのでしょうか?過剰なパッケージと夜光塗料でロゴマークが淡く浮かび上がるというギミックなんですが、、現在では多層構成で意味のないギミックを廃したMegasoma2が発売されてますが公式サイト限定発売なので入手はちょっと手間がかかりますね、、

megasoma 01_compressed
黒い厚紙系のケースに入ってて、さらにアクリルケースに収納されてるという豪華さ、、

  • Exclusive ambient glow
  • Optimal performance for both laser and optical mice
  • Silicon Mouse Mat for pinpoint precise tracking and optimal grip
  • Extra large mouse mat suited for most gaming environments: 350 X 230 X 2 mm

なにやら良さげな事が書いてありますが、、サイズ的にはミドルサイズのパッドでしょうか、、

megasoma 02_compressed
このケースだけで価格の半分は取られてるのではないかなぁ?

megasoma 03_compressed
こんなところにロゴが、、

megasoma 04_compressed
四角には磁石が付いててくぱぁパカッと開きます、、

megasoma 05_compressed
多分シリコンのみの構造で裏面はツルツル、表面に少しざらついたブラスト処理みたいな感触です
白色なので経年で黄ばみも出そうですが、、購入時の発色を憶えてないのでどーなんだろ?

megasoma 06_compressed
布よりは硬いので浮きがあります、、多分数時間放置すれば浮きは凹むと思います、、

megasoma 07_compressed
操作感は、、かなりうるさいです、、プラほどではないけど滑走音が不快ですね、、実はこのマウスパッドG502が乗ってるあたりにRazerの蛇マークが暗闇で発光するギミックがあるのです、、恐らく夜光塗料みたいのが塗ってあって蛍光灯なんかで集光してほんわかと光ります、、部屋を暗くしないとわからないし大した光量でもないので、、で、、、このギミックのために表面が平坦ではなく塗料が乗った分微妙に段差になっているためにソールがこの部分に乗った時に明らかに感触が変わり安定した操作感が得られないというよくわからないマウスパッドなのです、、

megasoma 08_compressed
ロゴ、、メガソマって言うのかな?クワガタみたいなイラストが文字になってるね、、

megasoma 09_compressed
ツルツルな底面、、一応滑り止め効果はあるかな、、あと独特な匂いがします、、

megasoma 10_compressed
あいぽんカメラだとこれが限界、、かなりざらついた表面です、、

megasoma 11_compressed
なかなかイイ画像が撮れなかったけど、、こんな感じで光ります、、

megasoma 12_compressed
お馴染みのこの蛇マークが浮き上がるというギミックです、、

PROS

  • 豪華なケース

CONS

  • 高価
  • 夜光塗料?のせいで不安定な挙動が起こる、、
  • 滑走音が不快

 

 

広告